リール購入


思い立ったが吉日という言葉がある。

前回のログを書いた後、先ずはどこから手を付けようかと。

色んなファクターを一気に変えると ネタ切れになる セッティングが突き詰められないので、先ずは根本からいこうかと。

そこで白羽の矢を立てたのが、「リール」。

スピニングでは、ことヘチ釣りにおいてはやれる事が限られてしまうのを痛感。

こういう釣りにおいては、ベイトリールの方が有利なのは明らかなので、先ずは手持ちのベイトで試す事に。

そこで、夜中に家近くでブルジョアスピニングロッド+安ベイトリールという無茶苦茶な組み合わせで試してみると…


無理


もうね、色んな意味で。

先ず、スピニングのシートって円柱型なので、ベイト乗せると厚みが出てしまいパーミングがキツイ。

また、バッドガイドが大きい+脚が長いので、ラインのバランスが悪い。

そして一番の問題が、ラインの出方。

ラインを上に向ければ軽いガン玉でも落ちてはいくが、パーミングの問題が出てくるしファイト時には多分ガイドが仕事しない。

横に向けると、スプールがボディとの接触抵抗で軽いガン玉だとラインが出ない。

今回はあくまでテストなのでワームすら付けてないが、多少重量が上がったところで浮力もあるし関係ないかなと。

釣りの全てにおいて快適性を優先する私的には、却下!
(当然、ベイトロッドを使うならばこの限りでは無いですが、ジギングロッドだとパワーあり過ぎてつまらん)


という事で、リールの購入を決定し、機種選定に入る。

候補になったのは、この2機種


プロマリン・バトルフィールド黒鯛

同じくプロマリン・海将黒鯛
(共にメーカーHPより拝借)

候補になった理由は単純。


安い!(爆)


それを基準にするならば、軽さも相まってバトルフィールド一択なのだが、ここで少し冷静になった。

両者の図面も見て検討すると、幾つか気になる点が。

先ずはスプール。

前者は波打っており、後者は真円。

どーせ自分の事だから、平気であちこちにぶつけるだろう。

となると、材質はアルミなので簡単にバリになる→この形だと鋸みたいになるんじゃね? と。

また、指の引っ掛かりがあった方がコントロールはしやすいかと思うが、問題は厚み。

前者の方が薄いので、慣れてくれば平気だろうが、当初は魚止める際に必要以上にガッツリ握って歪むんじゃね? と。

もう一つがスプールキャップ。

前者はオス(ネジ)で本体の外に出ている上に、両側共ネジ止め型になっているので、水が掛かればベアリングに浸水するよね…

しかも、緩みに気付かなきゃネジ・スプールの脱落もあり得る。

後者はメス(キャップ)でスプール内に入っている上に、片側のみの構造となっている。

しかもキャップ部にOリングまで入ってるので、浸水防止に加え脱落防止にもなっている。

多少重量は嵩むけど、実売価格は前者が約4000円・後者が約7000円。

約2倍っちゃ2倍だけど、元値が安いんで3000円の価格差の価値を考えると…



こっちでしょ!






買っちゃった♪
(ギラギラなリールはちょっとな…と思ったのはナイショw)

早速回してみると、同じ両軸リールとは言えどもベイトリールとは全く別物。

軽く回すだけで延々と回り続けてる。

当然「バックラッシュ」を防ぐ意味でベイトリールは慣性を抑える方向になってるが、コイツは慣性を使って糸を出す構造みたい。

やっぱり専用道具は、ちゃんと考えられてるのよね…

となると、竿も気になっては来るが、まあそれはある程度釣ってから考えようかと。


って事で、もしこれからヘチ釣りを始めようとする方のリール購入の参考になれば幸いです。

コメントを見る

rattleheadさんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

10月27日釣行。
6 時間前
BlueTrainさん

はじめてのボートシーバス
1 日前
ワカメマニアさん

気になるアイツ!〝SLX DC〟を…
2 日前
ねこヒゲさん

アカメ遠征 後編
2 日前
登石 直路(nao)さん

人の初物に立ち会える幸せ
3 日前
ひびき さん

【理想的なシンペンに出会えた…
4 日前
ケンスケさん

二人目のテスター誕生♪
4 日前
rattleheadさん

一覧へ