漂流ゴミという宝箱

梅雨に入り、時折大雨も降る事もあり釣りに行きにくい日々が続いております。



ですが



バチ馬鹿は(流石に大雨の時は行きませんが)、「それでも釣りに行く!」

ポイントにほど近いというメリットを最大に生かし、雨の止み間にもポイントへ通っております。

人も全く居ませんしね(笑)


ただ、そんな状況下なので、雨以外に頭を痛める要因があります。

それは


漂流ゴミ


浮き草・枯れ葉・ペットボトル・ビニール袋、はてまたコ〇ドー〇とか(爆)

そんなゴミの間からライズが出るもんだから、馬鹿はこんな事を思う訳です。


「それでも絶対沈めねぇ」


となると、結果は目に見えてますね。


10投9ゴミ(泣)


そして、その残り1投で魚を釣る、と。

というより、着水即バイトを出せなきゃ、ゴミが引っかかるって言った方が正しいか。

こうなってくると、ゴミが流れきるのが先か、忍耐力が切れるのが先か。

ゴミが見えるなら、その間に落とせば良いのだが、夜闇に紛れ込んで釣りしてる状況では見える訳がない。

なのでそんなチキンレースを続けるのですが、極まれにこんな事も。


とある日、これまたゴミの間を縫って通していくと「ガボッ」と。

まあ普通にヒットしたのですが、音からして40ちょい位かな、と。

んでロッド立てて速攻巻き上げてくるのですが、直ぐに違和感が。


「40台にしては(動きも引きも)重すぎる」


しかしながら、捕食音で大体のサイズは当てられるはずなので、「コイツぁゴン太か?」と。

当然ゴミが絡んだ事は想定したのだが、暴れてる魚を見てるとゴミは見えない。

ちょいと興味が湧いたので、無理矢理バラす事なく慎重に寄せて一気に抜き上げると



「あれ?俺シンキングミノーなんて使ってたっけか?」


魚は予測通り40台。流石俺。

重さの原因は、単にリーダーに藻が絡んでただけなのだが、それにオマケが一つ。

藻の浮力にも驚かされたが、どうやったらこんな形でロストするのか…

アイにはスナップもリーダーも付いてなかったが、本体には傷一つなく、フックもそれ程腐食してない。

藻に絡む程度なら、普通のセッティングなら外せるよな…と。

まあ、そんないきさつはどうでもよく(笑)、結果として約2000円程のルアーを1つ、労せずゲット♪


神様からのプレゼントや~


という事で、ゴミだらけだからと釣りを諦めなければ、良い事もある(かもね)という話でした。



コメントを見る

rattleheadさんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

市内クリーク 穴(笑)
39 分前
西村さん

厄介なものを味方に
7 時間前
渡邉 雄太さん

マゴチだらけでした。
13 時間前
BlueTrainさん

釣らない釣り
18 時間前
有頂天@さん

アカメ遠征される方へ
1 日前
ひびき さん

夏干潟ナイト
1 日前
タケさん

教えることの難しさ、伝える事…
3 日前
ねこヒゲさん

カタボシイワシパターンのスズ…
4 日前
平田孝仁さん

紀伊半島 アマゴ&オオモンハタ
5 日前
登石 直路(nao)さん

一覧へ