プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:345
  • 昨日のアクセス:369
  • 総アクセス数:3761743

QRコード

小潮 最終日

晴れ
無風
月齢22.9
気温24℃
水温21℃

仕事を定時で上がり川へ向かう。
久しぶりにデイゲーム。

夏パターンに移行するタイミングを計るために中流域から上流域のベイトの分布やシーバスの入りを調査する。
トップ一本で手返し良く撃ってまわる。

強い泥濁りの水中を観察してみると、テトラ際の稚鮎やシャローのオボコが非常に多い印象。
雨さえ降らなければしっかりシーバスが河川内に定着するはず。

梅雨前のこの時期ぐらいからセイゴ~フッコクラスが上流域に差しはじめて、梅雨明けの本格的な夏を迎えると大鱸も中流域以上で見かけられるようになる。
まぁ、中流域以上でデカいのを出すのはまだ無理そう。

今日は中流域でセイゴ~フッコクラスの群れを見つけた。
流れ下るオボコの群れを下から沸かしていたのでプガチョフがドハマり。
e77awmawdyjatefyxcps_920_690-4cb91150.jpg

7jxnk2fmp63nzp9j4tvc_920_690-2680a53c.jpg

可愛い子達が今年も川に沢山入ってきていた!

暫くはオープンエリアでオボコ付きのトップゲームが楽しめるんだろうが、もちろんおれはそっちは追わない。


中流域以上の、着くべきピンにしっかり大鱸が着くのを虎視眈々と待とうか。


また河口エリアのボラ付き鱸は今が旬の釣りなので、凄腕の入れ替えフィッシュを明日からまたナイトゲームで追い掛ける。
近々また雨が降る予報なので、なんとか増水する前に結果をだしたいなぁ。

なんか爆発力に欠ける今年の肝属だけど、そろそろ一山ありそうな予感(笑)

気合い入れていこう!




Android携帯からの投稿

コメントを見る

上宮則幸さんのあわせて読みたい関連釣りログ