プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:44
  • 昨日のアクセス:643
  • 総アクセス数:3760469

QRコード

今年の肝属

まず、釣り師が少ないw
理由はものすごく簡単で、釣れないから。
個人的には、常連さんばかりの川でのんびり浸かれるのは非常に気分がよろしいような。​
釣れないから釣りに行かない、なんて人は・・・そうですねえ、自宅で釣り動画見ながらのんびりしてくだっさいwww

スネコンでやっちゃってます。
なんかおれがここで書いてるスネコンの使用法がまるでファンタジーみたいだなあと気づいて、ほんじゃー実際にやってることを見てもらうのが手っ取り早いよなあと思った次第です。
​撮影してくださったKさんありがとうございました!
スマホじゃちょっと暗いのでPCで再生してみてください。
​際どい場所で掛けた瞬間からのゴリ巻きでVENDAVALのパワーが思いっきり発揮されてます。



tcyd94zjt2ia85vdmh9v_480_480-4e094d79.jpg




やっぱり現場で釣況をみていると、通ってるひとと通ってない人の浸かる位置、キャストする位置が全然ちがいます。

一つだけ私なりに気づいたことを書くとすれば・・・
浅いところにベイトも鱸もいるぞ!ということです。
また、沖でベイトがまったりしていても、鱸が食うタイミングになると沖からベイトがどんどん追われてシャローにたまりはじめます。
自分の立ち位置がフィーディングゾーンになってしまいます。
それじゃさすがに釣れません。
ちなみに、先日の114㎝の魚も陸からの魚だと思います。

本当はこういう核心的なことを書くのは大嫌なのですが、これから川に人が増えてくると、肝属ローカルではない人とのトラブルがあっても嫌だなあと思いあえて書いてみました。

ただ状況は刻々と冬に向かっています。
ベイトのポジションも変わります。
たまにはこういうざっくりとした状況も書いていきます。

まあ、好き勝手やりゃーいいじゃねーか、おれは人がいねー場所でしかやらねーからカンケーねーからよ!というのがわたしの本心ではありますがwww​
せっかく同じ川に浸かるもの同士、不愉快な思いをすることなく、釣れても釣れなくても楽しい釣りができたらいいなあ。

真っ暗な川で、どこのだれかもわからない者が集うわけですが、無視されても挨拶くらいはちゃんとしようと改めて思っています。


ちょっと今夜からはホゲ覚悟で面白いルアーで臨みます。
強烈なバキュームサウンドを響かせようと今からワクワクでーす!​​​​



 

コメントを見る