プロフィール

ティー

栃木県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:74
  • 昨日のアクセス:380
  • 総アクセス数:160242

検索

:

QRコード

新潟 糸魚川遠征

kshcw4bgnbk3ngpocz8c_480_480-56059827.jpg
現在、2か月ホゲ中!
那珂川河口周辺で、シーバスが見つからない状態です
今回は、私の釣りの師匠に連れられて新潟県の『糸魚川市』へ
師匠が好きだという、『早川』の河口で釣りをすることに

(・”・ 今は雪代で濁ってるけど、他の時期は透明な川でね
     近くの山も綺麗で、海のロケーションも――
(==; あの……師匠までホゲに巻きこみそうで恐いのですが
(・”・ 釣れなくたって、景色が楽しめればいいじゃないか









gsf239mmftxp6a2rrhfz_480_480-caec0f72.jpg
昼間、あれこれ投げてるとフグがよく引っかかってきます
(これで……ホゲじゃなくなりましたって言えないかな……)
ホゲすぎて、もう頭がおかしくなってきています






hwrmc4n656z9utb8m2h9_480_480-a7c802c7.jpg
そのうちに日が暮れました
ここからが本番だ、と息巻いたのですが、
いっこうにアタリもありません







wxatoaxhnj96kofp2fss_480_480-66e8c8ae.jpg
師匠は「シーバスはいないかな?」とアジングに切り替え、
アジを釣り上げはじめました

(°Д°; なんでそんな簡単に釣れるの!?
(・”・ 君もアジング、やってみる?
(><  やだ! シーバス釣りたい!
(・”・ なら、時合は下げる深夜2時くらいかな


このことで、シーバスのベイトはアジに違いないと思いました
アジに見えそうなプラグを選び、アジが泳いでいそうな
中層~ボトムを探ってみましたが、反応などありません








tdafthznckonmp3x9ddz_480_480-45a18969.jpg
夜になると山から海へ風が吹き、冬かという体感気温
師匠はテントで就寝
私は『深夜2時頃が時合かも』という師匠の言葉を支えに釣り続行









749wpe3m6bsa3x444igk_480_480-337f779f.jpg
深夜1時、遠くに投げてみよう、ただそれだけで投げてみた
リップを削って泳層を浅くしたサイレントアサシン140Fに、
なんかの稚魚?がスレ掛かり

(・・; ……キビナゴ? (多分、稚鮎 by 師匠)








9t59pn9pnf5jwt24evif-399449c5.png
私が昼間に感じていた流れは上の図みたいなものです
稚魚が掛かってきたコースは、岸沿いの流れの中……

(・・; もしかして、アジじゃなくてこれがベイト?

祈る思いで、ルアーを細身のタイドミノースリム120F、
それも稚魚っぽいかなとクリアカラーのものを選びました。
そして岸際の流れの、浅いところを弱々しく引いてみることに

そして少しして、深夜1時半ころ、”グン!”という手応え。

(==; ああ、またフグ……

”ググッ……ギュュウンッ!!”
ロッドが引きこまれ―― 

(°Д°; ッ!? 死ねぇぇぇええええ!!

リールをガン巻きし、針先がガツッと貫通する感触。
しかしその代償に、PE1号が高いテンションに悲鳴を上げます
ラインにかかるテンションを下げようとドラグを緩めはじめ、
それが限度近くまで締まっていることに気づきました。
根掛かりを強引にとったあと、ドラグを戻していなかったのです

俺のアホ! と必死にドラグを緩めまくるうち、やっと少しづつ
ラインが引きずり出されはじめて、そのテンションが下がり―ー
と、いきなり魚の引きが弱まりました

(・・ えっ、もう抵抗終わり!? いや、緩めすぎたかな?

いそいでドラグを締めなおしたその直後、
ジジジジジーーーーッ!
見越したかのような、強烈な引き
慌ててドラグを緩めると、すぐにまた、引きが弱まります
波の寄せ引きで、テンションが激変することにやっと気づき、

(°Д°; 川なら強まるか弱まるか、どっちかだけなのに!

引き波+暴れ走りに”ブヅン” と針先が一つむしり取られた感触
やばいやばい、とドラグを狂ったように調整しまくりながら、

(>< ししょおー! ししょおー! 起きてー!

叫んでも、いっこうに起きてこない我が師匠
この人にずり上げでいいからと言われ、タモもないのです

師匠は諦め、テンション調整の戦いに集中することに。
波を味方に複雑に暴れる魚に、またフックが外れる感触。
もうバテろ、どうかバテてくれと祈るなか――

スッ……

塩が溶けるようにラインテンションが消えました
またすぐに引くのだろうと思いましたが、引きは来ません。
崩れ落ちそうになりながら、ラインの先に目をやると、
波打ち際になにか白い物が見えました。駆け寄ると―ー






















 czrmkut55wv7isf2phoo_480_480-f0155755.jpg
「やあ、こんばんわ。ところで、ここはどこかな?」














6i7k3go7t2wpirt5tvjt_480_480-73307c1a.jpg
 約78cm  自己新記録

ホゲが、こんな形で止まるなんて思ってもいませんでした
キープか少し迷いましたが、(やっと起きてきた)師匠の
「そうだね、これは食べ……いや……逃がしてやろうか?」
の一言で、リリース
しかし、ほんとうにランカーは遠いです。










4kh9gnt2k5jx4ozmsfy2_480_480-8ea65e20.jpg
朝方、師匠が「俺もマネしてみよっと」と、同じく、
タイドミノースリム120のクリアで河口付近のヨレを狙い、
フッコをあっさり。しかし連発はせず

師匠によると、冷たい雪代にジャマされて遡上できない稚鮎が
河口に溜まっているのかもしれない――
でも、ここらのシーバスは群れを作るという印象がないし、
動きもよく分からなくて、単発が多い感じだなあ、とのこと。

師匠は別の浜辺の景色も好きだそうで、
また違う場所でも釣りをすることに






bckdzezcdr734n6g4mmg_480_480-e01478c8.jpg
車の中で寝てしまっていたので、ここはどこなのか……?
私がボロボロだったので、夕方から短時間釣りすることに








h4pmw8iyfkbb97cm6cfz_480_480-cb3f0dee.jpg
前日の影の立役者、リップ削りサイレントアサシン140Fを
テトラの脇に投げていたらヒラメが釣れました。
師匠にキープか聞くと、

(・”・ これは刺身
(・・;  おおっ

ここで撤退。糸魚川の海は素晴らしい思い出をくれました!
あと、高速道路から見た長野県の山々も絶景でした

コメントを見る

ティーさんのあわせて読みたい関連釣りログ

同じ種類の記事一覧を見る