プロフィール

ヤブキ ナオヒロ

東京都

プロフィール詳細





カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:560
  • 昨日のアクセス:100
  • 総アクセス数:455109

検索

:

QRコード

コノシロつきのシーバスをポジドラルアーで攻略!!

ポジドライブも大型ルアーが揃ってきたのでコノシロパターンが更に面白かった今年の初冬
今回はルアー紹介しながらも釣行記を書いていきます。


 
◆オーバージョー150F◆


湾奥コノシロパターン攻略はやっぱりポジドラ秋の新作!!!オーバージョー150F
こいつでイカちぃーやつを釣りたいわけですよ



 
zxjgiuzywke5wuufbihc-ee257e5f.png
 
■□■□■□■□ 【SPEC】 ■□■□■□■□
Model:OVERJAW150F 「オーバージョー150F」
■size:150mm/43g(本体のみ)
■type:floating 
■Hook:#1×2
■ring:#5
■range:20-60cm



とにかく流れに同調させるぐらいでスローに巻いてみてください❗️
キモほスロー。もしくはスラック回収ぐらいかな。
超高活性時はしっかり巻いても良いかと思います。

そうすればでっかい僕がバッキバキの個体寄せるッス
なんて、冗談は抜きで魚を上まで引き寄せる力はかなり強いルアーです



w72kovaafrdjgt25u3v3_480_480-5490b563.jpg


to8apbd446dm84rhm68p_480_480-383d01bb.jpg
ルアー:オーバージョー150F マットチャートギザード

く〜見た目も男前過ぎやろって感じです!
顎が特徴なんだけど、初見は削りたてのプロトがカッコ良すぎで男心くすぐられまくりの造形美。



49y5rdzi4mr69eswp8nx_480_480-f6e7d51a.jpg


8nf2n48niuzt5w898fmt_480_480-5ab2ae54.jpg
ルアー:オーバージョー150F マットチャートギザード


フックを最近発売されたfimoフック(MHRB)の細軸タイプにしたりして色々試しております。
やっぱり細軸の方が大型ルアーのフッキング率は上がる気がしますね


 
2ke7zhjab7txxio4xkju_480_480-80d9ace3.jpg


使い分けとしてはポジだとスパンクウォーカー133Fかとは思うのですがサイズ、アクションの強さや質、レンジなど全く変わってくるのでどちらも大型ベイト捕食時は忍ばせておいてください

 
◆ジグザグベイト120シリーズ◆


オススメ第二段はジグザグベイト120S

 
3u873xznni5597hskzjf_480_480-b6e39e4f.jpg
 

■□■□■□■□ 【SPEC】 ■□■□■□■□
■Model:ZIGZAG BAIT 120S「ジグザグベイト120S」
■size:120mm/43g
■type:shinking 
■Hook:#1×2
■ring:#5
■range:5-120cm



◆オープンシャローエリアのコノシロつき

この日はランカーサイズ含め連発
ジグザグベイト120サイズはフローティングもありますがシンキングの方を僕は多用する場面が多いです。

というのも僕が釣りに行く日は水面荒れてるような日が何故か多いっていうのと(新くんから貰ったキーホルダーをカギにつけてるからか?)、コノシロの群れよりなるべく下を通して狙うのが好きだからという理由からです。


 
kne6fsg7pfyk3nxzb32w_480_480-38edabe6.jpg
 
ghdxvm2h4pkbny6mabbh_480_480-dcbe1601.jpg
ルアー:ジグザグベイト120S ボラ


しかしシンキングだとボトムを擦ってしまうシャローでは、もちろんフローティングが圧倒的に有利です。


fimoさんのオリカラ、シエナも使ってみました
このカラーいいなあ


 
xbiu6ogagijhyb6vcwtf_480_480-367c449f.jpg
ルアー:ジグザグベイト120S fimoオリカラ シエナ


数秒カウント入れ、沈めたらスローに引き抵抗を感じるスピードでリトリーブ。特別沈みまくるルアーではないのでドシャロー以外はボトム擦らず河川や干潟ブレイク先のミドル辺りの美味しいレンジをトレースできます

 
pfmuge9tgi3rxkib6k4k_480_480-3affdd65.jpg
 
49tkuvass5ah2h2tf9vg_480_480-9c6fc39a.jpg
 ルアー:ジグザグベイト120S レッドヘッド


こいつは寄せては走られを繰り返した超ナイスなファイターでバッキバキ個体!!
陸まで上がりちゃんと計測
もう少し長いかと思ったんだけどな~
サンキュ〜!また会おうぜ



◆荒川のコノシロつきシーバス


やはりコノシロの群れがゴッソリいる時間帯はジグザグベイト120Sをコノシロに当てながらのスローリトリーブにバイトが1番多くでた。

早速、ジグザグベイト120Sを引ったくっていき、姿を現したのはランカーあるなしのバッキバキ個体


 
7xcapx36sa4tdepwzuio_480_480-d16af8f9.jpg
ルアー:ジグザグベイト120S CHモヒート


この後はコノシロが消え、レンジもぐんと下がってしまったので違う狙い方をしていく事に。

是非コノシロつきの魚にジグザグベイト120シリーズお試し下さい
フローティングとシンキングをポイントと状況に合わせ使い分けてみてください。


もちろんサッパやイナッコパターンで定評のジグザグベイト60,80のローテにも

 
◆フィンバックミノー75S◆


ベイトがコノシロでも、いわゆる小型プラグのフインバックミノー75Sで攻略です!!

レンジが下がった時や、特にピンを狙うのに使えるのがこれ。


 
spcyry9pi8ucm6k88zxa-40f2fc3e.png


■□■□■□■□ 【SPEC】 ■□■□■□■□
■Model:FINBACK MINNOW 75 S
■size:75mm/16g
■type:sinking 
■Hook:#6×2
■ring:#3
■range:60-100cm



クリスタルサリー60Sがコノシロ喰いに有効な事は最近のブログでも紹介しておりますが、サリーのリアクションを入れる前にフィンバックミノーを試して欲しいのです。

明暗やヨレなどのピンを狙うようなのコノシロパターンで場をあまり荒らすことができない状況で

ベイトと同じサイズ感のルアーじゃなくても全然釣れるんです。

ただ小型なら何でも良いわけではなく、泳がせながら常に変わるヒットレンジへのアジャストが簡単に出来、尚且つアクションはウォブリング系のしっかり波動が出せるもの。

長年ブログ書いときながら、中々感覚を文にするのは難しいのだけど..

この日はコノシロのレンジが一気に下がり、群れの数も一気に減ったので、コノシロ意識の魚をミドルレンジで狙う展開へ。
ミドルレンジのコノシロにあて、抜けたところをただ巻きで引いていると

強いバイトと共にイカちぃーやつをが登場だ


 
hzkkyx7ii6rb28t79d8b_480_480-d425f7f6.jpg
ルアー:フィンバックミノー75S モスバックチャート


続けて。
案外これが大きなルアーだと食わない事も経験だと多々。
これもコンディションいい♪


 
56v77p9jodfvcak98e2i_480_480-45dbe9bd.jpg
ルアー:フィンバックミノー75S モスバックチャート


サッパも混じってきたのでレンジをリトリーブしながら合わせてやる。
このサイズが故、簡単に小型ベイトへもアジャストできます


 
45pt68dvxpno2pexce26_480_480-7eac222d.jpg
ルアー:フィンバックミノー75S モスバックチャート


フィンバックミノーはバイブレーションの特性とミノーがフュージョンし良い点を持ち合わせているのでミノー特有のリトリーブだけでなく、速やかに浮かしたり沈めるができる為コノシロパターンに限らずレンジ調整がバイブのように出来るミノーとして使い、マイクロベイトから大型ベイトにまで幅広く活用いただけます

久々にルアーの紹介も加えた内容でしたが、是非試していただきたい湾奥コノシロパターン攻略の1部ルアー紹介&釣行記でした

ではまた


 
◆使用ライン◆
PE:GOSEN ROOTS PEx8 1.2号
リーダー:GOSEN ROOTS FCリーダー25ポンド
6u8eeb6dbvurp6rrxn2e_480_480-d625e1cb.jpg
 


2td3zuhoogeboh9bao2i_480_480-51bdb98f.jpg
個人SNSも随時更新中です。
こちらもよろしくお願い致します。
twitter

instagram

youtube
 

コメントを見る