人生初のロッドビルド

という事で始まった、超手探りロッドビルド。

「何がだ?」と思われる方に簡単に書くと、自分に合う竿が無いから作っちまえって話。

今回 面白かったら 上手くいけば、今後も作るかも知れん。

なので忘れない様に、先ずは手順から書いていこうかと。(順番間違えたら、その時点で即終了なので)

①ロッドの方向出し
②各パーツの位置出し(仮)
③各パーツの仮組み
④グリップ・シート取付
⑤チタンティップ換装
⑥ガイドセッティング出し
⑦ガイド取付(スレッド巻き含む)
⑧スレッド部コーティングで終了♪


こうやって整理してみると、⑤~⑦以外は大した作業じゃない事が判る。

これなら何とかなりそうじゃね?(希望的楽観w)

という事で、解説(?)も併せながら作業を始めていきます。



先ずはロッドの「スパイン」の位置を見つけて、それに合わせてガイドの向きを決める作業(①)

ロッドという物は、カーボンを巻いて作られている。

その為、最後の部分は必ず重なる事となり、その部分が最も強くなる。

スピニング(やヘチ)の様にガイドを下向きに使うロッドの場合、それを背にすると強度を出せるという事。

但し、ロッドは円錐形=斜めに巻かれてる?=ロッドと並行にスパインがある訳じゃなく、斜めに入っている可能性がある。

という事で、「最も強度を出したい部分」に合わせる必要がある。

って事で、先ずはロッドを曲げてターゲットポイントを見つけるのだが、何せただの真っ黒な棒、戻した瞬間に場所が判らなくなる(爆)

なので、先にガイドの仮セッティングをマークする事に(②)

今回のブランクは7.6ftと、偶然ブルジョアロッドと同じ長さ。

なので、先ずはそれを丸パクリして仮セッティングにする。

当然ブランク特性が違うので、実際に取り付けるガイド位置は変わる。

また、ガイドが付く部分は硬くなるので、ガイド位置によりテーパー特性も変わるはず。

が、それをやっていたらキリが無いので、ブランクに合わせる事にする。

って事でマスキングテープをガイド位置に貼り、ブランク単体で曲げると



場所が特定し易いので、その位置で決める。(ティップだけガイド仮付け)

スパイン出しのやり方は、ググると判り易い動画があるので見て下さい(丸投げw)。

スパインが出たら、その真逆の位置にマークをして、ガイドの向きは確定。

それに合わせて仮組みをしていくが、ガイド並びがガタガタでは落ちるモンも落ちん。

なので直線を出す為に先ず墨付けをしたのだが、何せただの真っ黒な棒(二度目w)、何も見えん(爆)

仕方ないので、先ずは脚を削ったガイドに使い古しのラインを通した物をブランクに貼り付けてセンターを出し…


(見難いけどラインが一直線に通ってます)

マスキングテープでガイドをガッチリ仮止めすれば…



③まで完了♪


って事で、次に組立に入る。

先に④をやる理由は、このパーツには加工が必要だから。

というのも、ブランク径はそれこそコンマミリ単位で存在する物であり、それに合った径の商品は少ない。

なので穴が小さければ鑢・ドリルを、穴が大きい物は補強テープを使い、ノギスをフル稼働してサイズを合わせる。

先ずは仮組みし、自分の体型に合った位置にミリ単位で調整。

納得いく位置が決まったら、それらをさっさと接着する。



そして接着剤が硬化したら、一度ラインを通して曲げてみると…



このロッドの真の姿が見えてくる。

この状態にすれば、ガイドの位置調整はマスキングテープの貼り剥がしだけで済むので非常に効率的。

本来のロッドであれば、「投げる」際の曲げ具合も考えながら、ファイト時の曲がりをセッティングする必要がある。

が、今回は「投げない」ロッドなので、曲がりだけ見れば良い



のだが(笑)



悪い癖が出てしまった…

本来ならばチタンティップに換装する予定だったのだが、曲げてる内に「これ、バチに良くね?」と。

ULという事もあるが、しなやかなティップにセンター近くで曲がるブランク。

それにチタンティップを取り付けるという事は、ティップをカットする=復帰は不可能。

勿論バチ用にはブルジョアロッドがあるし、ラブラックスもあるので予備は要らん。

が、やっぱ一度は試してみたいじゃん…それに、ある事に気付いちゃったし…

ならば、先ずはこのまま使って、竿先折ったらティップ交換+ガイドセッティング見直しすれば良いかなと。

という事で、当面はこのブランクのままで行く事に決め、(⑤)を省略する事に。

そうなると曲げを考えて…となるが、どーせ1~2度使ったらチヌ専用機になる運命。

なので、あくまで曲がりだけ考えてセッティングを出す。

んで、それが決まったらその位置にスレッド巻いて固定して(先に脚を削るのは、スレッドの段差を減らす為)その部分にエポキシ塗れば…




完成♪

肝心の重量だが…





73.8g。狙い通り!


多少手間は食うけど、結構簡単に作れました。

正直私のログなんかより、富士工業のHPやネット上で幾らでも 正しい 良い情報が入手出来ます。

が、それらって殆どが「ビルドをやった事ある人目線」なのかなと。

なので、真のド素人でも簡単に作れる証明にはなったかと。

事実、①~⑥迄は2時間掛からず出来ちゃったし。

一番大変だったのはガイドの仮止めで、ガイド自体が斜めになったり位置がずれたり。

まあ、軽さ追求のマイクロガイド付けた私が悪いんですが(爆)

それ以外は、正直な話中学生の工作レベルで充分です。

なんだかんだで、トータル4時間程度で完成するので。




私の様に、「合うロッドが無い」でも「コストを落としたい」でも、理由は何であれ「世界に1本だけのロッド」。

もし自分で作ってみようと思った方の参考になれば幸いです。

あ、そーいやSHOさんに名前付けろって言われてたわ…

今回はパクりではないので、何時もの無理矢理ネタネームは不要。

今後も作る事考えれば、統一性持たせた方が良いだろう。

確かこのブランクの型番がLST762UL。

ティムコで私のオリカラ作って貰った際はラトピンクになったから、頭にHNを付ければいいか…













決定!


RATTLST762UL

それっぽいから、これでいいやw









ただね…さっき気付いちゃった事…


柔らか過ぎて、チヌの口にフッキング出来ないかも(爆)


30cm未満の魚を相手にするには、すっげ―面白そうだけどw

前ログで、ヒプノシスさんから新たなブランクメーカーを教えて貰ったのですが、そこにはチヌ用のもあって、スペック的にはかなり良さそうだった。

先に「竿を作る」までで止めておいて、ブランクメーカーを教えて貰う方向にしておけば、こんな事にはならなかった…(後悔)

まあ、どんな物を選んでどんな形にすれば良いのか解っただけでも、今回作った価値はあったかなと。



さ、2本目作るか(泣)

コメントを見る