プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:71
  • 昨日のアクセス:340
  • 総アクセス数:3744326

QRコード

Fishman Sign イブニングイエロー


今年から徳島の進栄眼鏡店さんのサポートでナイトゲームでは夜用レンズアウルイエローを利用させていただいていて、それが非常に戦力になっている。

そしたらやっぱり味をしめるじゃない(笑)
視界の違いで、ゲームへの集中って
全然変わってくるし、そもそも裸眼で見えないものが見えてくると、よりギリギリのキャストや攻めのトレースラインに踏み込める。

昼用にも夏にFishman Signのコパーブラウンを導入。

the29kxdockvgn7ytdf5_920_690-cc6b26a3.jpg

カンカン照りのデイゲームで非常に重宝しとるわけですが、やはりコパーブラウンじゃマヅメ時にはちょっと暗いわけだ。

贅沢かなぁ…と思いながらも、今回はFishman Signのイブニングイエローを追加してみた。

gz4dyk9ey5otoubr6ih4_920_518-0efd3b3f.jpg

うーむ、良い!

9irie94ad5s2u23jsiwg_920_518-71d66c10.jpg

まだ薄暗い時間にも明るく見え、対岸の際のラインがクッキリ見える。
マヅメ時は結構明るくなってきても、真っ先に陽を受ける土手の上は問題なく見えるが、影になってる水面付近の際どいところは見え難かったりするもんだが、その微妙な境界線が見えるので、不安なく際々に撃ち込める。
そして陽が昇り水面の照り返しが気になり始める時間にも、イブニングイエローは偏光度も76%のため、ギラギラが気にならない。

4kt4y6j42pmpfo6iw3dx_920_518-3f2aa7b0.jpg

そして意外に心強く感じるのが、薄暗い中での藪漕ぎの時。
今までは明るくなるまではコパーブラウンを帽子のツバのとこに着け、裸眼(コンタクト着用だけど)で藪に突入してたんだが、枯れススキの折れた茎が顔に当たる事が多々あり、怖かったんだよね。
眼の保護って意味でも、昼夜を問わずこう言うギアは着けてて安心だなと、改めて思ったわけだ。

ちなみに、Fishman Signはそろそろ在庫が無くなっちまうようなので、気になってる方はお急ぎいただきたいです。

なるべくなら、状況に合わせたレンズのものを数種類持っているのが理想なんだろうけど、アイプロテクションって意味だけならば、偏光ではないけどサバイバルゲーム用のギアならもう少し安価なものもあるし、裸眼で魚釣りをする人も、そう言うギアを導入してもいいと思うな。
ボサん中に突っ込んだルアーを回収するのに、ロッドを煽ったら抜けたルアーがぶっ飛んで来て…
おれは顔面を庇った手にルアーをぶら下げて病院に行った事が何回あるやら。
それが目ん玉にブッ刺さってしまったらと思うと、ちょっと鳥肌立ったわ。




Android携帯からの投稿

コメントを見る

上宮則幸さんのあわせて読みたい関連釣りログ