プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:407
  • 昨日のアクセス:369
  • 総アクセス数:3761805

QRコード

待ちぼうけ

今夜は河口域の釣り。
ただし、コノシロがらみではない。
タイミングは干潮から上げ3分まで。
期待するベイトはイナッコ。

干潮潮止まりから入水しました。
期待のイナッコは・・・いました!
サイズは15センチほどの食いごろ。
まばらに広く分布していて密度が高くないことから、大型の鱸がストークしていないことが見て取れました。

ただ、今から始まる込み潮にデカいのが乗ってきそうな気がしたので中流をスルーしての河口域でした。

開始してしばらくは浅瀬に戯れるイナッコ達のたてる音を聞きながら、時折きらめき落ちる流れ星に願掛けをして竿を振りました。
バイトも取れず水は弛みきっていましたが、気分はのんびり落ち着いて悪くない心持で振れました。

結局、釣れようが釣れまいが、この遊びは最高に楽しいんだ・・・

しばらく流すとリップレスミノーの前面に受ける水の圧が変わってきました。
込む前の一瞬の下げです。
この流れに馴染むルアーは、今日の手持ちではこれしかありませんでした。


この色違いで怒涛の連発でした。
サイズが出ないのが残念ですが、ぜいたくは言うまい。

ちょっと前まで気配のあったランカークラスの反応は皆無でした。

でもまあ、釣れるだけましか・・・



ついにこのエリアにイナッコが群れ始めました。
稚鮎につられてセイゴ、フッコの川への侵入が順調に始まってます。
いい兆候は確かにある。
デカイのが着きそうなピンは地形と相まって起こる流れも加味して選定した。
迎撃態勢完了。


戻り鱸の候 権現山に山桜の咲く 初春の陣
開幕



 

コメントを見る

上宮則幸さんのあわせて読みたい関連釣りログ