プロフィール

梶原利起

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

タグ

アーカイブ

2019年 2月 (1)

2019年 1月 (4)

2018年12月 (4)

2018年11月 (1)

2018年10月 (5)

2018年 9月 (1)

2018年 8月 (6)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (3)

2018年 5月 (2)

2018年 4月 (1)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (4)

2018年 1月 (5)

2017年12月 (5)

2017年11月 (4)

2017年10月 (6)

2017年 9月 (2)

2017年 8月 (5)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (5)

2017年 5月 (3)

2017年 4月 (5)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (4)

2016年12月 (4)

2016年11月 (8)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (8)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (9)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (5)

2016年 1月 (7)

2015年12月 (8)

2015年11月 (6)

2015年10月 (6)

2015年 9月 (6)

2015年 8月 (8)

2015年 7月 (8)

2015年 6月 (8)

2015年 5月 (9)

2015年 4月 (12)

2015年 3月 (14)

2015年 2月 (7)

2015年 1月 (9)

2014年12月 (12)

2014年11月 (7)

2014年10月 (14)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (12)

2014年 7月 (11)

2014年 6月 (5)

2014年 5月 (9)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (5)

2014年 1月 (10)

2013年12月 (6)

2013年11月 (6)

2013年10月 (5)

2013年 9月 (3)

2013年 8月 (10)

2013年 7月 (8)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (12)

2013年 4月 (23)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (22)

2013年 1月 (27)

2012年12月 (23)

2012年11月 (24)

2012年10月 (29)

2012年 9月 (34)

2012年 8月 (30)

2012年 7月 (32)

2012年 6月 (33)

2012年 5月 (35)

2012年 4月 (32)

2012年 3月 (32)

2012年 2月 (28)

2012年 1月 (30)

2011年12月 (25)

2011年11月 (19)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (23)

2011年 8月 (17)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (17)

2011年 5月 (5)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (5)

2011年 2月 (4)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (6)

2010年11月 (3)

2010年10月 (6)

2010年 9月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:33
  • 昨日のアクセス:60
  • 総アクセス数:1207071

QRコード

目指せM点超え!

大分Seabass~明暗下流のピンスポット~

涼しくなってきたかと思えば、最近はまた暑さが戻った印象を受けていた大分市内だったが、ニュースによれば先日が今年最後の真夏日だっただろうとの話し。

確かに昨日あたりからだいぶ涼しくなった。

そろそろ秋本番になりそうだと思い、先日ラインも巻き変えた。

cmpezwjaxjri7urwoyyg_920_690-ac36a283.jpg

ienr8rtcjy5p5assfyji_920_690-eb477ac2.jpg


今回は9月後半の話し。
前回の筑後川から帰った後の釣行となる。

この日もナイトゲームで仕事終わりにフィールドへと出た。

今後はオープンエリアで投げる機会が増えてくると思われるが、仕事終わりの短時間で釣果を出したい場合はやはり小場所やピン、明暗絡み等々のポイントが魚を短時間で出しやすいと僕は思っている。

この日は明暗絡みのポイントを2ヶ所やった。
一本目の明暗では表層~ボトムまでオールレンジやったものの全く反応を得られず、時間ばかりとられてしまった。

一本上流の明暗へと移動し、上流側からまずは明暗を叩くがこれまた全く無反応。

下流側に移動し、ここでは明暗と橋脚のヨレ、基礎が重なるピンを狙う。

ここで出なきゃ釣れないだろっていうピンである。

干潮直前の最後の一流れで速い流れを河川は生み出す。

流れが速い為に流れにルアーを馴染ませる為にも、ここは比重のあるシンペンからスタートする。

Little JackのシンペンLIKE BLINKSをつけた。

そのピンまでの距離は約60m程ってとこだ。
なかなか距離があるが、ここは正確なキャストが要求される。

集中力を高めてキャストしていく。

ピンで流れも速い為にルアー着水後すぐが勝負になる。

サミングで極力ラインスラッグを抑えて着水後すぐに泳がせる。

流れが速いってことはすぐにルアーが流される。ルアーがピンにとどまれる時間は極僅か。

だから、ピンに一瞬でも長くとどまれるように比重のあるシンペンを選択した。

本当はこのポイントではピンの先にルアーを撃ち込めれば、引きしろも取れ、ピンの攻略も比較的容易である。

しかし、この日の立ち位置からでは引きしろを取るのは至難である為にダイレクトに撃つことになる。

そこで比重のあるルアーを使うことに加え、ピンにとどまる一瞬でルアーに仕事をしてもらわなければならない。

よって着水後のルアーの立ち上がり、立ち上げが極めて重要だった。

下流側で投げ始めて3投くらいだったと思う、イメージ通りにヒットした。

だが、派手なエラ洗い一発でフックアウト。恐らくアワセが弱くフッキングが甘かった。

フローティングミノー等のルアー以上にフッキングが甘いとこういった比重のあるシンペンやバイブ等々は結構な確率でバラす。
アワセはバラシの有無を左右する大きな要素であるから重要だ。

もう1、2本は着いている筈。
そう思いルアーをすぐにチェンジした。

僕の場合はルアーチェンジが早い。
ヒットルアーでも躊躇なく変える。

ピンの場合だと僕は2~3投程度でチェンジすることが多い。早ければ1投で変えている。

特にこのようなピンでは狭い範囲の為に、ルアーを見られた可能性も高い。
だから、スレ予防、見切り対策にここでも迷うことなく、チェンジした。

僕のルアーBOXを見たことがある方は分かると思うが、BOXが変形する程にルアーを詰め込んでいる。

沢山持っていっても結局決まったルアーしか投げないなんて話しも耳にするが、僕の場合は持ち込んだ大半のルアーを毎回投げている。

勿論、そのルアーだから釣れることもあるし、投げ続けたって釣れることも往々にしてあるから一概には言えないが、基本的には僕はローテーションが早い。

過去に見えシーバスがルアーへスレていくシーンやメバルがルアーへスレていく場面を直接目の当たりにしたことがあった。

それを見た時に自分の想像以上にスレが早かったことが今のローテーションの早さに繋がっている。

状況や個体差、プレッシャーのかかり方にもよると思うが、最初ルアーを活発に追った見えシーバスが3投で見向きもしなくなったことはよく覚えている。

ここではルアーをUNICORN PLATE17gへとチェンジした。

s3vdn3u84oc6uvxz4njz_920_690-32c9709d.jpg

鉄板なのだが、この日のイメージでは比重のあるシンペンのイメージで使う。

狙いは同じピン。
魚ピンにタイトに着いており、外れると喰ってこない。

ほんの僅かな距離だけをルアーを通してはすぐに回収する。

変えて2投目。
思惑通りにまだ着いていた。

着水すぐにヒットした。
今度は強烈にアワセを入れ、ガッチリフッキングしたようだ。

外れる気がしない。
魚は秋に入ってきたからか、夏の引きとは一段上の力強さ。

手前の岩やストラクチャーにやられないようにだけ注意し、寄せてからは強引にズリ上げた。

gn36mytcydcp4v8yz9tv_690_920-23bac7a2.jpg

上がったのは75cm。
サイズの割によく引いてくれたと思う。

6daygdh7vsv7xn3jd3te_920_690-f8a22154.jpg

とりあえず満足したものの、もう一本いないか?とさらにルアーをチェンジし、今度はTRACY15でヨレの中のボトムを狙う。

どこでも大なり小なり橋の下流は地形変化がある。
その地形変化に橋脚のヨレが絡んだ部分を狙う。

ボトムまでフリーでルアーを落として、ロッドアクションを入れ、ルアーをボトムから少し跳ね上げ、テンションフォール。1回の移動距離を短くし、ボトムを細かく探った。

暫くバイトは出なかったが、広範囲を探っていくとこの日最後にヒットしたのはチヌ。

umapviy9nfipdmeie239_920_690-a28bb766.jpg

目測40ちょいってところ。
なかなかの引きで楽しめた。

4xo7fa2sfddnymidsnyg_920_554-56b75c50.jpg

この日は時間も時間となり、これで終了とした。



【Tackle Date】
Rod
TIEMCO Jumping Jack Zele93S

Reel SHIMANO 14STELLA C3000

Line 山豊テグス SWスーパーPE X8 1.5号


Leader 山豊テグス
   フロロショックリーダー30lb.


Hit Lure
Little Jack UNICORN PLATE17g

BlueBlue TRACY15(ピンクキャンディシルバー)


コメントを見る