白衣のKAJIさんソルト日誌 https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) 俺のターニングポイントと釣りと https://www.fimosw.com/u/Dgs1/3lyipwpjbzmfew 2020-08-01T09:00:00+09:00 かなり久々の更新となります。

いつぶりでしょうか?笑

今年は新型コロナの影響で1月下旬から仕事がかなり忙しくなり、2月下旬に異動を言い渡され、約3ヶ月半大分市と国東市の通勤。

6月から引っ越し準備に入り、7月1日に引っ越し。

そして、色々と今後を考えて12年と数ヶ月勤めた今の会社を9月末をもって退職することに。

現在転職活動中の梶原です。

こんな感じで、まだ今年は5ヵ月残っていますが、本当に目まぐるしい変化が起きている一年となっています。

転職については本当に決断まで時間を要しました。
四六時中悩んでましたね。

ただ、今の会社は経営統合が決まっていて、将来性が見えにくくなったこともあり、年齢的にも最初で最後の転職だ!と清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで決断した次第です。

履歴書を書くのはかなり久々。職務経歴書は人生初と苦労しながらやってます笑

本当にどこの企業を受けるか?悩みますね。

そんな中でも気晴らし程度に本当に短時間ですが、フィールドにはちょくちょく出てました。

直近直近2ヶ月程度の釣果の一部を今回は抜粋し、まとめて書いておきます。

直近2ヶ月は梅雨ということもあり、雨絡みで比較的釣りやすい時期だったと思います。

ただ、大雨の影響もあり、2週間程はフィールドに出れない時期もありました。

今年は雨後に流されてきた鮎を発見したことで、例年とは異なり、この鮎を意識しているであろうシーバスに着目し、釣行を重ねました。




鮎を捕食しているだけあり、ボラコンを今年は試してみました。反応はすこぶる良く、特にナイトゲームではルアーローテーションの軸となり、活躍してくれました。

ロッドは遠投の必要性がなく、どちらかと言えばアキュラシー重視のポイントが多かった為、Beams RIPLOUT 7.8MLを今年は多用。

ライトプラグを低弾道でキャストというのがコンセプトとなっているモデルですが、汎用性もあり、ライトプラグは勿論、ボラコンのような2ozのビッグベイト系ルアーもバッドに乗せてあげればキャスト可能。

加えて、雨後は河川の流れも平常時よりも速くなっているケースが多い為、バッドパワーの必要性もあり、RIPLOUT7.8MLをメインで使っていた理由となります。

例年ならば、デイゲームに於いてはリアクションの釣りを多用しているのですが、今年は喰わせに重きを置いて、デイゲームではBlooowin!125F-Slim、Blooowin!165F-Slim、SNECON130S等を中心に釣りを展開。

以下直近2ヶ月程度の釣行から
抜粋した釣果写真となります。















(160mm 50gのペンシルベイトであるフォースガイル160Fにもシーバスが飛び出した)




















今後の迎える夏本番は転職活動を行いながらの釣行となりますのでポイントを絞って、効率重視の釣りで、両立させていければいいなと思っています。


【Tackle Date】


ROD:Fishman 

          Beams RIPLOUT 7.8ML


Reel:SHIMANO 
         アンタレスDC MD
         エクスセンスDC

LINE:山豊テグス 
      レジンシェラー2.5号


Leader:山豊テグス 
フロロショックリーダー 


       
]]>
梶原利起