プロフィール

関根崇暁

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:9
  • 昨日のアクセス:84
  • 総アクセス数:974318

QRコード

BlueBlue.jpg 「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」 ima_banner.gif 株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

続 「あの池にいるらしいぞ」

前回のログを綴っている時から、僕の中でバス釣りがしたい気持ちが高ぶっていた。

それは、ただバスが釣りたいのとはちょっと違う感覚で、野池の空気を感じたいっていう部分が大きい。

バスはターゲットでも敵でも何でも無くて、隣の家の飼い猫みたいな存在。ルアーにじゃれてくるのが楽しくて、僕は時折遊んでもらってる。

最近遊んでないなあと、ふと思って。

池のほとりに立っていた。

b4grbhbd9suybg5ihn3f_480_480-b08d31f1.jpg
僕のバス釣りの原点は小さな灌漑用の溜池。

それは夏の終わりになると帰りたくなる場所。

色々な時代があったけど、バス釣りって何時も身近にあったと思う。

昭和の終わりの時代、バスブームなんて来る前の話し。

今のように害魚呼ばわりされてなくて貴重な魚だった時代。

当時は本当に好きな人達だけがこの釣りを楽しんでいて、極限られた閉鎖水域だけがフィールドだった。

電車や自転車で1時間以上移動時間を掛けて、ワクワクしながら出かける事も、突然の夕立に打たれる事も、自転車がパンクして途方に暮れる事も。

ベイトキャスティングリールでオーバーヘッドキャストを綺麗に決める。
着水寸前にサミングをしてルアーの速度を殺して、ストンとスポットに落とす。

こんな感覚が懐かしく面白い。
awgi8iruuf889yry64ya_480_480-6877cf54.jpg
でも、そうは釣れない。

昔は時代が良かったんだと、諦めかけた頃。

やっと遊んでくれた。
w8xucao8nnmhah8t9pt5_480_480-8b32970a.jpg

釣りってきっとこれで良いんだね。
4c4azvxu4rkpih2t6dx3_480_480-37d934d5.jpg
夏の終わりには、やっぱり、この釣りが良い。

59kndm29yy7avwy6obv5_480_480-0e1a4dd5.jpg
「あの池にいるらしいぞ」

今でも、夏の終わりには、ワクワクしていた自分がいる。

今では、急がずにゆっくりとこの釣りを楽しんで行ける気がする。

今まで、忘れていた感覚。

何時だって釣りを急ぐ事なんか無いんだ。

 

コメントを見る

関根崇暁 さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

シーバスのリカバリーについて…
5 時間前
ねこヒゲさん

ジャーキングロッド探しの旅 …
6 時間前
有頂天@さん

今日の釣行。
1 日前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
1 日前
RIKUさん

鹿島灘サーフヒラメの印象
1 日前
ケンスケさん

まだ柔らかい北西の風
3 日前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
3 日前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
3 日前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
4 日前
ひびき さん

一覧へ