プロフィール

APIA

大阪府

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:69
  • 昨日のアクセス:287
  • 総アクセス数:6531427

APIA Homepage

代替テキストを記述

早春の表層バチに!ハイドロ新作完成  松尾道洋

今日は新製品のお話。
 
HYDROUPPERはRED中村監修の表層攻略シンペン。90Sから派生して今やシリーズになりましたが、この度新たにスリムタイプがラインナップに加わります。

pbnukydizvxnfb4ozjgn_480_480-d88c4967.jpg

年始のバチパターンからテストが始まり、幾度となく試作を重ねて先日ようやく金型へと着工しました。
 
今となってはシリーズの最大の特徴でもある浮上型リップもすっかり認知されましたが、表層攻略が可能なこのシンペンで、RED自身がどうしても欲しかったのがバチパターンに特化したものでした。
HYDRO90Sよりもスリムで、もっとスローに表層を。
いわゆる表層バチに効くものがHYDROシリーズで欲しいなあという事で開発に着手したのが、このHYDROUPPER SLIM100Sです。

ボディレングスは10mm伸びましたが、重量は逆に6gもシェイプ。つまりそれだけスローに表層を「テロテロ」と泳がせられるという事になります。

バチパターンも色々ありますが、今回のHYDROUPPER SLIM100Sが得意とするのは潮の流れが緩い、または川の流れが緩慢なエリア。干潟や港湾、河川河口部といった場所が主戦場になります。
流れが強い場所ではバチが抜けると表層に浮く前に流される為、いわゆる底バチのパターンが強くなってきますが、先に書いたような場所では表層バチが浮きやすく、HYDROUPPER SLIM100Sのサーフェス攻略がドンピシャでハマります。

pkv47ztwirs7p23usnh6_480_480-d850d890.jpg
 細くてシュッとしてて中々カッコイイ。

水面~水面直下10cmをスローアプローチできるシンペンとなれば、春先のバチパターンで一軍投入間違いなし!
という事で、何とかシーズンまでに発売できればと思います。ギリギリかな(*_*)

HP製品ページもまだ出来上がっていませんが、カラーラインナップもバチ向きに取り揃えております。

上の2本は「辛子明太子」と「鼈甲(べっこう)」。他にも沢山新色をラインナップしましたのでお楽しみに☆



 

コメントを見る