プロフィール

APIA

大阪府

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/7 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:181
  • 昨日のアクセス:313
  • 総アクセス数:6288765

APIA Homepage

代替テキストを記述

【シーバスを狂わせる?!】水面炸裂するエルドール115Fジャーキングメソッド【アピア広報室】

広報の中井です!
毎週水曜日に更新しております「アピア広報室CH」
今週はエルドールを使ったジャーキングメソッドをご紹介です!
【シーバスを狂わせる?!】水面炸裂するエルドール115Fジャーキングメソッド
https://www.youtube.com/watch?v=dRSqy3Ibi-Q&t=321s
水面からちょい下のレンジをダートさせることによって、魚…

続きを読む

AILED'RE(エルドール)115Fについて!

APIAスタッフの中井です!
お客様よりエルドールの使い方や使うシチュエーションがよくわからない、、、
なんて質問を最近耳にします。
なので、今回は自分のエルドールを使う場面やシチュエーションを簡単にご紹介したいと思います!
エルドールとはどんなルアーなのか?
ウェーディング専用のシャローミノーとありますが…

続きを読む

対サヨリにパンチラ130 梶谷傳則

皆さんこんにちは。11月も半ばを迎え日に日に寒さもましてきてますね。お身体は体調など崩されてはないでしょうか?くれぐれも体調管理には気をつけたいところですね。
さて、ここ最近の地元シーバス事情と致しましては前回ログで書かせて頂いた落ち鮎シーズンもほぼ終わりを迎え、ここ最近は隣町の松江は大橋川に足を運…

続きを読む

秋刀魚とエルドールの季節  松尾道洋

食材が溢れているこの時期に「こりゃホンマに旨い!」と唸る食べ物がいくつかあります。対象が多い秋に上位に入ってくるワケですから、その実力はホンモノ。もちろん好みもありますが、概ね誰が食っても幸せになれる旨いものというのはあるものです。
皆さん、何が好きですか?
釣り人らしく魚ランキングを付けるならば、1…

続きを読む

【GRANDAGE】シリーズ 私のオススメの1本by高倉祐一

宮崎在住の高倉祐一です
みなさんGWは楽しめましたでしょうか!?
飲食業を営んでいる私にとってはSNSを見るたび『うらやましいなー』とついつい口ずさんでしまった一週間でした(笑)
宮崎も一雨ごとに
南国らしい空気感になっております
気温上昇、水温安定と共に
河川、港湾、外海に
フィッシュイーターの好むそれぞれの…

続きを読む

中平さんとGRANDAGE振ってました♪ by 梶谷傳則

ようやく安定してきた地元シーバス。各エリアでサイズに数と盛り上がってきているようです。個人的にも毎晩のように釣りに行く忙しい時期になりました。ここ最近は地元は外洋サーフから離れ隣町の松江、大橋川に通ってます。
日中の気温も20度を越える暖かい日が続き水温の上昇とともにベイトもサヨリにコノシロ、サッパに…

続きを読む

時節「GRANDAGE」感。 梶谷傳則

 
  
今か今かと本格的な春を待ちわびている桜の蕾も、3月半ばの冷たい長雨により少し先送りになったかのように思われた地元は山陰ですが、それとリンクするかのように地元シーバスも少し遅れを感じています。
早い年ならば3月上旬には中海に足を運びデイゲームを満喫している時期でもあるのかとも思われます。
まあ、自然…

続きを読む

ツンデレ釣行 by 長谷川泰孝

また今週はドエライ寒波が来ておりますが風邪や大流行のインフルエンザなどは皆さん大丈夫でしょうか? 明け過ぎましておめでとうございます大阪の長谷川です。
今回が2018年の初投稿となるのですが早いものでもう23日が過ぎてしまいました、皆さんは年末年始如何お過ごしでしたでしょうか?
オイラはと言うと流行に乗り…

続きを読む

2018年もよろしくお願いいたします!by平林峰彦

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
例年ですと、そろそろアフターシーバスが湾奥に戻ってくる。
まだ、バチ抜けの話は聞いておりませんが、
気になってくるころで、準備を進めている方もいるのでは。
東京湾奥のシーバスは、すっかり抜け、
深場や南方へ移動してしまっている。
シーバスが戻…

続きを読む

今年も残り僅か。 梶谷傳則

皆さんこんにちは。早いもので12月に入り今年も残り僅かとなり寒さも厳しくなりましたが、皆さんお風邪など体調は崩されてはいないでしょうか?
さて、そんな2017年も最後の月を迎えておりますが、地元シーバス事情と致しましては厳しい状況といったところでしょうか。地元はサーフから各河口域での波の中のボラパターン…

続きを読む