プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:187
  • 昨日のアクセス:241
  • 総アクセス数:3498360

QRコード

徘徊再開

2naw84htt2656ne2fbbu_920_690-c9fb547c.jpg

まだ平水ではないものの、徐々に本来の流れを取り戻しつつある肝属。
どれほど長く待たされた事か…

愛車スーパーカブで上流から河口まで隈無く見てまわる。

中流域から上の地形が二年前の夏の台風明けに似てる。

いまはまだ流下して戻ってないが、ボライナハクの溜まるポジションも予想がつく。

更に下る。

今夜、鱸と会えるとすれば河口域。

イナが戻っていさえすれば…

ところが、いない(笑)

沖のブレイクまで狙える位置までせっかく浸かれるのに、残念ながらそこでは鱸を拾えなかった。

踵を返して上流。

カニを食ってる鱸を探す。

岸は護岸され、深みがある場所。

岸に平行に際キワに出来るだけタイトに打ち込んでいく。

岸に意識が行ってる魚はルアーを30cmも岸から離せば見向きもしない。

風が上流から吹く。

スネコンをその風上である上流に向けて撃っては移動を繰り返す。

スネコンってルアーは横風を受けると実に厄介な事に飛行中に起動を大きく逸らし、狙ったピンに入れるのが非常に困難になるが、完全にアゲインストならば、20m以内のショートキャストならば十分通用する。

ぶっちゃけて言えば、他の真っ直ぐ飛んで行くルアーを使えば遥かに快適にキャストできる。

それなのに何故にスネコン?

絶大なメリットを持っているからに決まっている。

スネコンはアピールできるゾーンが他のミノーやシンペンに比べて圧倒的に広い!

スラックジャークで左右に大きく飛ばしつつ、フォールとアップスライドを組み合わせれば広範にアピールを利かせることが出来るわけだ。

ちょいと30cmやそこらキャストが逸れたところで、スラックジャークで30cm飛ばしてアピールすればいいだけの話し。

デメリットを帳消しにして余りある効果。

69heee65f2s63vhp8xdy_920_690-f828e91a.jpg

そうやって見つけた鱸

ujwbrfejjcxp34xi65n2_920_690-9e7624b2.jpg

サイズは75もないか

dfmurpcx7sentncsg47r_920_690-ea0f66a4.jpg

でも、シテヤッタリ!だ(笑)

93xby3zyacufv6zt2pzw_920_690-71b7df0c.jpg








Android携帯からの投稿

コメントを見る

上宮則幸さんのあわせて読みたい関連釣りログ