プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/8 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:243
  • 昨日のアクセス:436
  • 総アクセス数:3138651

QRコード

My Best Game

それを知ってしまったがために自己を否定せざるをえない事がある。
そういう事が今自分にもある。
大げさに言えば、自身の釣りの否定とでも言えるだろうか?
そういう変化の時をむかえているようだ。

このあいだのあの鱸のせいだ・・・

狙ってモンスターを獲る。
それをおれのスタイルにすると、最近、自問自答の末決心した。

ずいぶん前から知っていた。
あそこにとんでもないやつらが着くことを。

直球で勝負もした。
その都度敗れた。

だからあのスタイルを自分なりに磨いてきたのだが、原点回帰。
直球勝負に戻す。


沈みテトラが帯状に沈んでるエリアで、テトラの向こう側でランカーを掛けたことがあれば、その鱸が4㎏そこらでもなかなか獲れるものではないのをご理解いただけると思います。
おれが狙ってるのは7㎏アップ。
なかなか難しいです・・・

タックルの構築から見直しました。
PE#2なんか初めて使います。

ルアーも吊るしではフックがもたないし、テトラへの根掛かりも回避しないと釣りが成立しない。

試行錯誤中ですが・・・

今夜は、現在模索中の新しいスタイルと、自身の構築してきたこれまでのスタイルの折衷案的なセットアップで臨みました。
つまり、ロッドのことですが、最近使い始めたファーストテーパーのガチガチの竿ではなく、慣れ親しんだモデレートスローのウエダを使用しました。
ちょっとしたウエダへのレクイエムのつもりです。



予想の通りその場所で食わせました。
エラ洗いと同時にロッドを限界までしならせてポンピング、リーリング・・・つまりゴリ巻です。
テトラをかわしてから少々てこずりましたが、どうだっただろう、ファイトタイムは2分といったところだったと思います。

慌てず騒がず



大陸鱸 93cm 9.1㎏

ウエイトは自己記録タイです。
達成感と満足度は文句なしに過去最高です。

おそらくあれはあと2日続きます。
人知れず毎年必ず発現して3~5日で何もなかったように静まり返ってしまうでしょう。
それを最大限利用できた自分は幸運でした。

川の神秘に感謝!!!





コメントを見る

上宮則幸さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

新しい道具の感触とバーブレス…
17 時間前
平田孝仁さん

夏にリリースするならば
1 日前
ケンスケさん

ルアーの汎用性とジグザグベイト
3 日前
登石 直路(nao)さん

感覚へと
3 日前
有頂天@さん

市内クリーク 穴(笑)
3 日前
西村さん

厄介なものを味方に
3 日前
渡邉 雄太さん

マゴチだらけでした。
4 日前
BlueTrainさん

アカメ遠征される方へ
5 日前
ひびき さん

夏干潟ナイト
5 日前
タケさん

一覧へ