プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:343
  • 昨日のアクセス:255
  • 総アクセス数:3761372

QRコード

絞り込む

唐突に先ずは告知です!

2dbwfozsru6z5hfphn7b_300_120-b9ac9eda.jpg
http://www.fishingshow.jp/

Fishmanが横浜フィシングショーに出展しますよー!
BeamsやBRISTに興味のある方、実際に手に取ってみてください!
残念ながらわたしは今回参加できませんが、赤塚氏はじめ、テスター陣の生解説あります!
あなたの釣りが変わる一歩になるかも?

よろしくお願いいたします!





先日まで連夜7時間川を上へ下へ徘徊してたわけなのですよ(笑)
ほとんどの時間をベイト探しに費やしていたわけなのですが…

稀にコココンと当たるのでしつこく攻めてみるとクサフグがフックに絡みついてくるのみ。

キビレでもいいやと、中流域を探すと少しだけイナ溜まりがあるが、フィッシュイーターは付いていない。
キビレは河口域でも反応皆無。

プリの魚を追うならば、もちろんベイト不在ではゲームは成立しない。
磯や漁港やサーフに行くのが賢いに決まってるが、そちらは追わないと決めている。
あくまでも川釣り。

そんな中でも少ないチャンスが巡ってくるエリアと時合いの絞り込みのために膨大な時間を割く。

昨夜は厳しい中キャッチはなかったものの、魚をひとつ掛けた。

バイトの感触とタイミングから、小さなニョロニョロがやはり鍵を握るようだ。
クサフグの猛攻もニョロニョロ絡みだと思うんだよね。

生命反応が非常に希薄な時期が続いて釣り師はめっきり姿を見せないが、ただ見えない感じないだけで鱸はちゃんとそこにやってくる。

一本が遠い釣りだけど、やっぱりこの時期の川が一番好きだな…







Android携帯からの投稿

コメントを見る

上宮則幸さんのあわせて読みたい関連釣りログ