プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:331
  • 昨日のアクセス:931
  • 総アクセス数:3759518

QRコード

ランカーキャッチ!!それと超危険な出来事

昨夜(今朝)は超ヘロヘロで写真のみのアップで就寝しました。
でもどうしても書きたい鳥肌ものの出来事があったのであらためてログアップしときます。

昨日はお昼休みの釣行で超マッチョな大陸鱸を獲ったことで、夜への期待をマックスまで高めてのナイトゲームに臨みました。
川はまだ台風の大雨による増水の影響で相当な流速、適度な濁りが残っている最高のコンディション下。
不安材料は掛かった大鱸をストラクチャーから引き剥がして、さらにこの重くて速い流れからぶっこぬく腕を自分が持っているか?と言うことぐらいです。
タックルに抜かりがあろうはずはありません。


舞台のクライマックスはとあるストラクチャーで迎えるつもりですが、読みを外している可能性も否定できないので、保険を掛ける意味合いでもうひとつの取って置きのエリアの下見をおこないました。
川辺から10mほど下がっての第一投を流芯の手前に落としてベールを起こしたまましばらくラインを送り、ヨレに入ったところでラインにテンションをかけると小さなスプラッシュ



60あるかないか・・・

すぐにアングルを変えて同じピンにドリではなくリトリーブで入れるて、もう少し小さい子がもんどりうって出た。
TKRPのシンキング。
ヒットレンジを微妙に変えたはずなのに寛容に反応する。
そのことの意味するところは、その場所には暴君がいないってこと。
はい!保険は担保されませんwww
これだけアグレッシブな若造がいるのに岸際の40cmほどのボラにはプレッシャーが掛かっていないところをみると、わたしが狙ってる大鱸は出そうにない。

自分のゲームプランが少し綻びてきてるのを何となく気にしながら、河口エリアのソル友氏にメールすると、80cmゲットの吉報が返ってきた!

通い詰めてる努力が報われましたね!おめでとうございます!!

こちらも一気に元気になる。
たーんじゅーんwww

少しの間、浅瀬のエビやハゼの観察をして暇を潰してから本命のエリアに向かった。
ガンガンに流れているが潮位は思いのほか引いてる。
もう増水パターンて言えない程度。

さーて・・・ここで頑張らなきゃいけない。

ランカーが着くピンは多分今日は2箇所。
できれば2本といきたいところだけど、獲る鱸は1本でいいやと勝手な事を思いながらオグルを流すがうまくピンを舐めない。
流速が早すぎてオグルのラインとレンジを制御しきれていない。

まったくもって実力不足。
わたしのね!オグルは使うほどに素晴らしい。

仕方なくタイドミノーでレンジを固定した狙いに切り替える。

いいドラッグでミノーがストラクチャーの少し向こう側の乱流をリップで感知した刹那、ロッドをひったくるような衝撃!!
ブランジーノ3000の乾いたドラグ音が数秒間聞こえた後、消えた。
ラインがテンションを失ってキャスバルが弾け上がった。

痛恨・・・

回収したルアーのフックポイントに小さな鱗が1枚。

居たよやっぱり・・・
すぐに夢の再現に期待してさっきと同じ事をやってみる。
ダメ・・・
じゃ、別の手を!
無駄・・・
あー!圧倒的な暴君が居るポイントはこんなもんです。

次のストラクチャーに切り替える。
身体も心も目が覚めたから今度は一発で決める。

決めた



83cm4Kgは充分立派なのだが、ごめんね、今夜の相手は本当はおまえじゃなかったはず。

普通に書いたけど実はこの写真を撮影する前にドラマが!!

ファイトの詰めでこの子から頭突きを食らいました
結果これ



余裕を見せて気を抜いたわたしにムカついたのでしょう。
反省いたしました。
4キロもある魚を足にぶらさげて入水したままのすったもんだはめちゃくちゃ大変でした。
しかし。水深が膝上程度だったことに救われました。
何とか鱸にボガを撃ちフックをはずすこともできましたが、もし水深が腹まであるような状況で同じことが起こってしまったら・・・鳥肌ものです。

重い流れの中での安全確実なランディングは魚が弱るまで自分に近付けないのが基本です。
楽しくこの遊びを続けていくため、自分の装備面、技術面での怠慢を改めて痛感する機会となりました。

その後は別エリアに移動してとある新兵器のテストで

70cmぐらいの元気な子に遊んでもらって、本日は納竿としました。

今日は88,83の2本の80アップをキャッチしたので、今シーズンの80アップのトータルを15本に伸ばせました。
本格的に90アップのみを狙ったボウズ覚悟の釣行に切り替えるターニングポイントになる日でした。


TACKLE DETA

ROD:CASVAL 90ML
    CPS 932FX-Ti

REEL:BRANZINO 3000
     10STELLA 4000XG

LINE:RAPINOVA-X #1.5、0.8

LURE:AIR OGRE85SLM、TKRP SINKING、TYDEMINOW SLYM
            
     140  AndMore 
       

コメントを見る

上宮則幸さんのあわせて読みたい関連釣りログ