2023/6/18(日) 夏!デイゲーム!鉄板グルグル!

こんにちは!JUMPMANです!

夏の東京湾は酸素が薄くなってシーバスは非常に渋いですよね。

地元愛知なら夏はむしろチャンスみたいなところがあったので去年東京湾に来てショックを受けました…

鉄板グルグルで釣れるんじゃなかったの?って。

そんなこともあり凄腕メガバスカップも重なったことから夏に備えてここ1ヶ月くらいチニングばかりしていました。

でもやっぱり好きなのはシーバス。

難しいからこそ攻略したい思いがあります。

この日はその第一弾?として湾奥の港湾部へデイゲームに行ってきました。



5時少し前からスタート。

もうすっかり日が昇っています。

水色は赤茶色っぽい、THE・夏みたいな色。

愛知県の三河湾を思い出す色です。

濁りの中でルアーの存在に気づかせるために軸は鉄板系。

そこにワームやスピンテールを織り交ぜていきます。

しかしまあ渋い。

予想はしてたけど…

開始2時間半くらいシーバスからの反応はなし。




ようやく反応を得られたのは9時頃。

鉄板のボトムからの巻き上げ直後でヒットからのバラしを2連発。

この日みたいに渋いときはこのバラしが後になって悔やまれるんですよねぇ…

まだ下げは続くのでどこかでまた時合いが来るはず。

気を取り直して再びランガン開始。

下げが終盤に入った10時過ぎに海に明確な変化が。

通常の青の海水が赤茶色の水を押しながら流れてきました。

2色の海水の境目がハッキリしておりなんだかチャンスがありそう。

同じことを考えたのかルアーマンの方がその潮目を狙っています。

するとその方にヒット!

鉄板を早巻しているようです。

僕も真似して鉄板早巻です。

その5分後、ビッグバッカー80を青の海水にフルキャストして着底から高速で巻くと『ゴン!』とリールを巻く手を止められるヒット!

鉄板でのたまらない瞬間です。

もうすぐ潮止まりということもありこれがラストチャンスだと思ったのでドラグとレバーを使ってじっくりファイト。

時間をかけてなんとかキャッチ成功。

54㎝とレギュラーサイズでしたが、苦労して取った一本なので満足です!






冒頭にも書いたように夏の東京湾は貧酸素のためシーバスは体力を使い切っていることが予想されます。

そのためサイズを測ったり写真を撮る前に1分ほど水に浸けて酸素を取り込ませました。

貴重な夏のシーバスを死なせたくないですからね。



その後は潮止まりを迎えたためやはりと言うべきか再びアタリがなくなりました。

上げ始めまで少し打ちましたが、朝から夏日の中釣りを続けたので体力が尽きて13時には実釣終了となりました。



今週末以降も夏のシーバスを追いかけるつもりです。

1釣行1匹キャッチしながら夏のパターンを見つけていく、それを目標にフィールドに通い続けようと思います。

もちろん次回凄腕のためにチニングは継続ですし、たまには気分転換のために磯に100gのジグを投げに行こうと思います。

やりたいことが沢山だ。


◯タックルデータ
・ロッド…EXSENCE MB 96ML(shimano)
・リール…16EXSENCE LB C3000MXG(shimano)
・ライン…Seager 完全シーバス 0.8号(クレハ合繊)
・リーダー…Seager premium max 14lb(クレハ合繊)

○コンディション
・時間…5時〜13時
・天気…晴れ
・風…西3〜4m
・水温…23℃
・潮…大潮2日目(満4:08 200㎝ /干 11:12 -2㎝ /満 18:07 185㎝)

各種SNS更新中です。以下リンクからご覧ください↓
Instagram
https://www.instagram.com/jumpman_fishing
Twitter
https://twitter.com/jumpman_fishing

コメントを見る