プロフィール

タケ

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:146
  • 昨日のアクセス:243
  • 総アクセス数:958200

QRコード

サッパ入荷の荒川と相模湾キハダキャスティング

相模湾のキハダキャスティング。







先日はヒットさせて2時間のファイトの末に姿が見えるところまで寄せたもののキャッチできず・・


姿を見た船長曰く40~50kgサイズであったとのこと。





時間をかけすぎたのが原因か?





時間をかけすぎたというよりは・・今の自分の技量・ファイトテクニックに対して相手がでかすぎたという方が正しい気がしますが笑


たらればが通用しないのは分かってますが、あの時こうしてたら・・もっと早く勝負をかけていれば・・


反省は尽きません。



それにしても異常に元気なキハダで、姿が見えるところまで寄せても横を向かず、体を立てた状態のまま縦横無尽に走り回っていました笑









今回キャッチはできなかったものの、PE4号タックルの単独ファイトで良く頑張りました。










しかし今回で得られたものがまた大きいことも事実なので、もし次のチャンスが巡ってきたらそれを最大限に生かして頑張りたいと思っています。




キャッチできたら今までの苦難の道のりをログにします。笑










ということでキハダにいじめられた翌日、腕が盛大な筋肉痛に見舞われました。




この潮回りで荒川の様子を見に行けていないので見に行く予定でしたが、この筋肉痛で竿を振れるのか?




でも今行かないと1週間近く行けない。


ということで無理矢理行って来ました。











荒川に到着してあちこち眺めた末に、満潮から下げで時合が来る橋の明暗へ。









時合がやって来るとサッパが現れ、同時にシーバスがボイル開始!



腕が痛いのを押してこちらもキャスト開始!











まずは近くの流れ緩いゾーンでソラリア85Fを使い、40cm前後を2本。













写真を見るとすごく同じ魚に見えますが、違う魚です。












近くで反応が無くなってからは遠投にシフトし50cm前後を1本。






レスポンダー109Fにて。








ここで、流れの筋がさらに沖へとシフト。



たびたび見られていたシーバスのボイルも沖へとシフトしてしまいました。







もともと痛みでフルキャスト出来ないしキャスト精度もかなり落ちていたので、いつもならフルキャストで撃てる圏内でしたがここで圏外になってしまいました。




そもそもキャスト~フッキング~やり取りの一連の動作で腕が激痛。




状況も分かったことだし、ここでギブアップ。







状況的には普通に2桁キャッチできてもおかしくない状況であったので後ろ髪引かれつつ離脱です。













例年と違うのはサッパのサイズですね。



例年の半分程度の大きさの、小さいサッパが非常に多い気がします。



そのせいかシーバスのアベレージサイズも小さいです。









大きいサッパが入っているエリアを見つけるか、入ってきたタイミングを当てることができれば大型を抜くチャンスもあるかと思います。




様子を見つつ、ボチボチ通いたいと思います!











タックル



ロッド・エクスセンス∞ S906ML

リール・18ステラ3000MHG

ライン・ピットブル12 1号+リーダー16lb

ルアー・ソラリア85F、レスポンダー109F


コメントを見る

タケさんのあわせて読みたい関連釣りログ

第一精工 高速リサイクラー2.0
第一精工 (2013-02-18)

登録ライター

用語説明ページへ

ヴィヨンのソゲ
23 時間前
BlueTrainさん

雨中の寒さ耐久レース
1 日前
渡邉 雄太さん

秋の名港シーバス攻略
1 日前
RIKUさん

視えるからこそ見得るもの
1 日前
rattleheadさん

はじめてのボートシーバス
3 日前
ワカメマニアさん

気になるアイツ!〝SLX DC〟を…
4 日前
ねこヒゲさん

アカメ遠征 後編
4 日前
登石 直路(nao)さん

一覧へ