プロフィール

fimoニュース

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/4 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

ベイトリールの選び方&おすすめは? 専門家に聞く! 異常な釣れ方が面白いシーバスのビッグベイトゲーム

  • ジャンル:日記/一般
  • (特集)

好評頂いている「専門家に聞く! 異常な釣れ方が面白いシーバスのビッグベイトゲーム」シリーズ。



第一弾「ビッグベイトゲームの魅力と醍醐味」
https://www.fimosw.com/u/editor/k3hfe1yi6h6y9s

第二弾「ビッグベイトゲームのロッドの選び方&おすすめは? 」
https://www.fimosw.com/u/editor/k3hfe1yfejoepc



待望の第三弾はビッグベイトゲーム向けのおすすめリールとその選び方についての記事です。


これから始めてみたい人や新たに購入を考えている人にも是非、参考にしてもらえたらと思います。


 

 
fimoニュース編集部ではFishmanのフィールドテスターとしてロッドの開発も行っている山﨑氏に、現場で培った体験や知識を多くの釣り人に共有してもらうべく、記事を作成して貰うことにした。



山﨑氏がFishmanで開発のコモド7.5H
https://www.fish-man.com/bristcomodo75H.html

Fishmanフィールドスタッフ
https://www.fish-man.com/fishmanstaff.html



 



今回はビッグベイトゲームでのオススメなリールについて解説していきたいと思います。


まず最初にビッグベイトゲームに適しているリールを選ぶポイントは以下の3つ。





■ラインキャパ
ビッグベイトの釣りはどうしてと太めのラインを使う事が多い為、糸巻き量が多いモデルを選択するのがいいです。
最低でもナイロン20lbを100mほど巻けるモデルを基準に。





■スプール径
重たいルアーを投げる場合はルアーが引っ張る力が軽いルアーに比べ強いので、投げるルアーが重ければ重いほど、なるべく大きなスプール径を選ぶようにしましょう。

スプール径が大きいと慣性が大きくなり飛距離が出るのと、回転させる初速が必要になるため、重いルアーに適しています。





■ギア比
ここは賛否両論あると思いますが、自身の経験上ではなるべくハイギアをオススメします。


何故ハイギアがオススメなのかと言うとハイギアだとルアーにアクションを加えやすいと言うメリットがあります。
ビッグベイトの釣りでは、ハンドルで素早く巻いて変則的な動きを出してアピールする事が多々あります。


その際にローギアでは上手くアピールする事ができません。すぐラインスラッグを回収でき、ファイト中のあらぬ方向へ走られた時もすぐに対応する事が可能です。




前回のロッド編ではビッグベイトを大きく3つに分けて説明しましたが、今回のリール編は2つに分けてご紹介します。




ストリームデーモン等のビッグミノーと呼ばれる物からジョインテッドクロー230等の30g〜4ozクラスを扱うのに適しているオススメなリールです。




15カルカッタコンクエスト201HG


このリールはまず巻き心地が素晴らしいです。S字系ビッグベイトを扱う際に多用するスローな巻きの釣りをする際に繊細なアプローチをする事が可能。


剛性溢れるそのボディもリールへの負担が強いビッグベイトゲームに必須要素の一つです。


そして40mm径スプールという丁度いい大きさ、これによりビッグベイト等の重たいルアーをその慣性によって遥か遠くへと飛ばしてくれるでしょう。


また40mmなので比較的軽めのルアーもそれなりの飛距離が稼げます。ヘビーバーサタイルリールとしては最高峰の1つだと思います。






アンタレスDCMD


シマノ最高峰のベイトリールのモンスタードライブモデル。38mmとビッグベイトゲーム用リールにしては小さなスプールですが、そこはDCブレーキの凄さかこれまた遥か遠くにまで重たいルアーがかっ飛んでいきます。


特に後半の伸びに関しては目を見張るものがあります。そしてギア比7.3のXGギアで一巻き93cmも巻きとれる所も非常に魅力的です。


DCブレーキの恩恵でこちらも軽めのルアーを気持ち良く投げる事もできバーサタイル性が高いリールだと思います。






ジリオン SV TW
 

 
2020年終わりに発売されたジリオンSV TW。
注目したいのは、XHのハイギアモデルです。


ギア比が8.5で、一巻き90cmになり、アンタレスDCMDと遜色ない設定が魅力的です。


スプール経が34mmでやや小さいですが、今回からSV BOOSTの新機能で軽いルアーから重いルアーまでキャストできるのも魅力です。


アンタレスMDDC同様に、軽めのルアーも気持ち良く投げる事も出来て、バーサタイル性が高いリールだと思います。






次に紹介するのは、尺ワンやラインスルートラウト等のジャイアントベイトと呼ばれる4oz〜2kgクラスを扱うのに適しているオススメなリール。


このクラスになってくると糸の太さもPE10号クラスを使用するようになってきます。そしてリールの重さもキャストする際のバランスを保つ為に重要となってきます。


このクラスのリールになると専門性が高くなってきますが非常にロマンが溢れ、持っているだけでワクワクしてくる事でしょう。






カルカッタコンクエスト300、400
 
 

またもやカルカッタシリーズのご紹介となりますが、先程ご紹介した200番のモデルとは大きく違うリールです。


まずレベルワインド連動システム1kgを超えるルアーとなると、キャスト時の糸を引っ張るパワーも桁違いとなり、放出するラインにレベルワインドが接触するとラインがダメージを負う事があります。


それを回避できる点はジャイアントベイトゲームにとっては利点となります。


そしてその43mmの大径スプールも超重量級ルアーにピッタリ。重いルアーを投げた際の力強いスプールの回転力には目を見張る物があります。


逆転防止ストッパーもこのモデルから採用されており、パワーファイトを求められるジャイアントベイトゲームでも安心して使う事ができます。






21タトゥーラTW300、400
 

剛性のあるハイパーアームドハウジングが採用されており負担が特に強いジャイアントベイトゲームでも安心ができます。


Tウィングシステムも採用されており、これによりキャスト時のラインの接触が激減、飛距離アップとラインの保護に繋がります。
ギア比も高いものが多く、まさにジャイアントベイトゲームにピッタリ。


スプール径も43mmの大口径でジャイアントベイトを遥か遠くまで飛ばす事ができます。


ドラグ力も13kgもありパワーファイトをする上ではこの上なく心強いリールでしょう。


何よりコスパが素晴らしすぎます。実売価格3万円を切るなんてダイワさんもビッグベイト、ジャイアントベイトゲームの本気度を感じます。






21スコーピオン MD
 

 
 
個人的に注目大(笑)
ギア比7.9のXGギアで、一巻き107cm!!も巻きとれる所も非常に魅力的です。


スプール経も43mmの大口径ときた(笑)
ブレーキシステムのSVSブレーキも6本から8本になって、バックラッシュも大幅に軽減されると思います。


パワーファイトを求められるジャイアントベイトゲームでも安心して使う事ができると思う一台です。


5月発売予定との事なので、これは選択肢の一つとして入れていいと思いますよ!!








■最後に


今回はビッグベイトゲーム用、ジャイアントベイトゲーム用のリールについて説明をさせていただきました。


ビッグベイトゲームを快適に行う為にはロッドもですが、それにあったリールを使う事が大切です。ベイトタックルはリール性能により飛距離、使用感が大きく異なってきます。


ですので、主に使うルアーが何になるのかがキモになるので、




自分のスタイルに合うロッド、リールを選び、快適なビッグベイト、ジャイアントベイトゲームを過ごせるようにしましょう。



次回はラインシステム等について解説していこうと思います。
乞うご期待ください!






第一弾「ビッグベイトゲームの魅力と醍醐味」
https://www.fimosw.com/u/editor/k3hfe1yi6h6y9s

第二弾「ビッグベイトゲームのロッドの選び方&おすすめは? 」
https://www.fimosw.com/u/editor/k3hfe1yfejoepc




 

コメントを見る

登録ライター