プロフィール

fimoニュース

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

シーバスにローギアは要らない⁉ シマノ・エクスセンスに見る糸の巻取り量

毎週月曜21時に60分の釣り話ラジオ、今週のSWルアーニュースライブで話題になったテーマを記事で紹介するSWLNログ。
今回は『22イグジストの感想とローギヤリールとダイワとシマノ』という記事を取り上げた120回放送からプレイバック。
紹介した記事
https://www.fimosw.com/u/wnwny/iu5t31mgfdz8hk
120回SWルアーニュース…

続きを読む

下剋上!? 熾烈なダイワ低価格スピニングリール競争

毎週月曜21時に60分の釣り話ラジオ、今週のSWルアーニュースライブで話題になったテーマを記事で紹介するSWLNログ。
今回は『ほんまに一万円そこらのリールはお買い得なのか 23レガリス1000S使ってみた』という記事を取り上げた119回放送からプレイバック。
紹介した記事
https://www.fimosw.com/u/kamomachan/jhsdbzfu746…

続きを読む

シーバスの釣果が劇的に変わった!? ラン&ガンの移動打ち釣り

毎週月曜21時に60分の釣り話ラジオ、今週のSWルアーニュースライブで話題になったテーマを記事で紹介するSWLNログ。
今回は『ひたすら回遊待ちからランガンに変更! 釣果がこれだけ違うとは』という記事を取り上げた118回放送からプレイバック。
紹介した記事
https://www.fimosw.com/u/BRNZINO/d4tjscnkydh5hb
118回 SW…

続きを読む

24ダイワ新製品 ソルト向け製品情報まとめ

2024年釣りフェスティバルが1月19日より開催される。
それに伴う情報解禁により、新製品に関する情報が一斉に発表された。
fimoニュースではダイワ(グローブライド)、ソルト向けの新製品の情報をまとめた。
 
ダイワの2024年向け新製品情報一覧ページ
https://www.daiwa.com/jp/product/newproductlist/
先ず、上記のペ…

続きを読む

24シマノ新製品 ソルト対応リール情報まとめ

2024年釣りフェスティバルが1月19日より開催される。
それに伴う情報解禁により、シマノ新製品に関する情報が一斉に発表された。
fimoニュースではリール製品の情報をまとめた。
 
■ スピニングリール
24 ツインパワー
53,500円~ 56,000円 (税別) 
発売時期未定
製品サイト
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/…

続きを読む

23新モデルは何故セルテートじゃない? SWLNログ072

毎週月曜21時配信ノンストップ60分の釣り話ラジオ、今週のSWルアーニュースライブで話題になったテーマを記事で紹介するSWLNログ。
今週は2023年シマノとダイワの新製品について、冒頭特集として話をしました。
番組では奇しくもか、それとも実は対戦表が決まっているのかは不明としても、同カテゴリーでぶつかり合う展開…

続きを読む

【冬の釣りに最適!?】快適な釣りをサポートする便利アイテムを紹介!!

皆さんは『ヒートベスト』というものをご存じでしょうか?
別名電熱ベストともいわれるこちらのアイテム。
ヒータを内蔵し、電気の力で発熱してくれるという便利アイテムなんです。
冬のアウトドアやスポーツなどに欠かせないアイテムとして、人気急上昇中なんです!
そんなアイテムを釣りで使うとどうなるのか、検証して…

続きを読む

clubhouseの釣り人的使い方とは!?

皆さん、最近SNSで話題となっている『Clubhouse(クラブハウス)』というアプリをご存知でしょうか。
 
 
Clubhouse(クラブハウス)とは音声版Twitterのようなもので、
著名人の配信や対話を聞くことが出来たり、普段話すことが出来ない人とグループ形式で会話ができる機能を持ったアプリです。
今回は、Clubhouse(クラ…

続きを読む

この有事における釣り人の立ち回り

当記事は、fimoニュース編集長コウノスの個人的見解に基づくもので、fimo本部及び、それを運営する株式会社カルモアの見解ではございません。
平時、日常においてすら、その価値が広く浸透してるとは言い難い、趣味としての釣りに対しては、有事になれば「今必要なのか」という視線が、より強いものになるのは想像に難しく…

続きを読む

素晴らしく使いやすく、そして重要なフィッシングギアを発見する【タックルインプレッション】

https://www.businessinsider.jp/post-177973
昨今、釣り場でのポイ捨てだけでなく、マイクロプラスチックごみの問題などもあり、海洋汚染に対する釣り人の意識も大きく変わってきました。
自分が出すゴミは必ず持ち帰ることだけでなく、帰る際に、周囲に落ちている、目につく範囲のゴミ拾いをしている方も居ますね。
しか…

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 次へ