プロフィール

fimoニュース

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

シーバスにローギアは要らない⁉ シマノ・エクスセンスに見る糸の巻取り量

毎週月曜21時に60分の釣り話ラジオ、今週のSWルアーニュースライブで話題になったテーマを記事で紹介するSWLNログ。
今回は『22イグジストの感想とローギヤリールとダイワとシマノ』という記事を取り上げた120回放送からプレイバック。
紹介した記事
https://www.fimosw.com/u/wnwny/iu5t31mgfdz8hk
120回SWルアーニュース…

続きを読む

下剋上!? 熾烈なダイワ低価格スピニングリール競争

毎週月曜21時に60分の釣り話ラジオ、今週のSWルアーニュースライブで話題になったテーマを記事で紹介するSWLNログ。
今回は『ほんまに一万円そこらのリールはお買い得なのか 23レガリス1000S使ってみた』という記事を取り上げた119回放送からプレイバック。
紹介した記事
https://www.fimosw.com/u/kamomachan/jhsdbzfu746…

続きを読む

24ソルト向け新製品情報まとめ 釣りフェスティバル2024

2024年釣りフェスティバルが1月19日より開催。
それに伴う情報解禁により、新製品に関する情報が一斉に発表された。
fimoニュースではソルト向けの新製品の情報をまとめた。
 
■ ダイワ 新製品の追加情報多数
19日を皮切りに特にソルト向けの新製品情報が多く発表されたのがダイワとなる。その一部を紹介する。
2024年向…

続きを読む

シーバスの釣果が劇的に変わった!? ラン&ガンの移動打ち釣り

毎週月曜21時に60分の釣り話ラジオ、今週のSWルアーニュースライブで話題になったテーマを記事で紹介するSWLNログ。
今回は『ひたすら回遊待ちからランガンに変更! 釣果がこれだけ違うとは』という記事を取り上げた118回放送からプレイバック。
紹介した記事
https://www.fimosw.com/u/BRNZINO/d4tjscnkydh5hb
118回 SW…

続きを読む

24ダイワ新製品 ソルト向け製品情報まとめ

2024年釣りフェスティバルが1月19日より開催される。
それに伴う情報解禁により、新製品に関する情報が一斉に発表された。
fimoニュースではダイワ(グローブライド)、ソルト向けの新製品の情報をまとめた。
 
ダイワの2024年向け新製品情報一覧ページ
https://www.daiwa.com/jp/product/newproductlist/
先ず、上記のペ…

続きを読む

24シマノ新製品 ソルト対応リール情報まとめ

2024年釣りフェスティバルが1月19日より開催される。
それに伴う情報解禁により、シマノ新製品に関する情報が一斉に発表された。
fimoニュースではリール製品の情報をまとめた。
 
■ スピニングリール
24 ツインパワー
53,500円~ 56,000円 (税別) 
発売時期未定
製品サイト
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/…

続きを読む

23新モデルは何故セルテートじゃない? SWLNログ072

毎週月曜21時配信ノンストップ60分の釣り話ラジオ、今週のSWルアーニュースライブで話題になったテーマを記事で紹介するSWLNログ。
今週は2023年シマノとダイワの新製品について、冒頭特集として話をしました。
番組では奇しくもか、それとも実は対戦表が決まっているのかは不明としても、同カテゴリーでぶつかり合う展開…

続きを読む

この有事における釣り人の立ち回り

当記事は、fimoニュース編集長コウノスの個人的見解に基づくもので、fimo本部及び、それを運営する株式会社カルモアの見解ではございません。
平時、日常においてすら、その価値が広く浸透してるとは言い難い、趣味としての釣りに対しては、有事になれば「今必要なのか」という視線が、より強いものになるのは想像に難しく…

続きを読む

釣りログをもっと読んで欲しいという気持ちを叶えるには

ブログ、fimoでいうと釣りログ。
これらを書く、投稿する際には制作という意識で行っている人が多いと思うんですね。
そうなると、やはり自分の制作物というのは、これは絵であろうと、音楽であろうと、どのジャンルでも、プロでもアマでも同じだと思うのですが、多くの人に見てもらいたいという気持ちが、そこに生まれる…

続きを読む

シーバスゲームの可能性 東京都 多摩川堰上への挑戦

東京湾シーバスゲームにおける唯一の※清流ゲームにして、忘れられた未開の地、堰を越えた多摩川中流域というフィールドには無限の可能性があった。
※この記事では清流とは一般的な意味ではなく、河川における完全淡水で、夏季に鮎が生息する様な玉石底の流域とする。
昨今、上流域と言うテーマを求めるシーバスアングラー…

続きを読む