プロフィール

網走

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:37
  • 昨日のアクセス:59
  • 総アクセス数:575553

QRコード

地磯 バラフエダイ

1/22
午後から磯へ。
先日頂いた香港リールをデビューさせようかと思ったが、ラインを巻くのが面倒だったのでリールは旧モデルのキャタリナを使用。
これがこのリールの最後のメインでの使用かもしれないかと思うと胸が熱くなるような、ならないような…。

冬季は水深のない場所にあまり魚がいないので、島内の地磯で最も深いポイントに向かう。

ポイントに到着すると予報通りフォローの強風。
ルアーは遥か彼方まで飛んで行く。
使用ルアーは友人作のダイビングペンシル。長さは20cm。

投げ始めて一時間ほど後、何か赤色の小さい魚がチェイス。恐らくチギ(バラハタ)かアカマス(バラフエダイ)。
いずれにせよこの魚種ではあまり嬉しくない。

その後暫く経過すると、足元でベイトが追われた。
水中を凝視すると5キロ未満の小型だがカンパチが興奮した様子でぐるぐると泳ぎ回っている。

チャンスだ!
見えている魚は小さいが、もしかしたら深いところにはデカいのが潜んでいるかもしれない。
沖からルアーを引いてくる。
しかし魚は出て来ない。

もうワンキャスト。
今度は足元で魚がペンシルに食いついてきた!
が、その魚体は赤色。
バラフエダイだ。

魚は2~3度短距離を走ったがすぐに浮いてきた。
ランディングできる足場の低い場所まで持っていきたいが、バラフエダイは根に突っ込んでいく習性のある魚なので、過剰なくらい空気をすわせて、移動中に反撃されないように弱らせる。

機を見て移動。
やはり魚はもう抵抗しない。

なかなか大きいバラフエダイなので、取り込みは寄せ波を利用して徐々に磯の高い位置まで魚を持ってきて、最後は顎にギャフを引っかけ、安全な場所まで持っていき勝負あり。

今年の磯での初釣果は90センチ、10キロくらいのバラフエダイだった。

その後、サワラか何かにリーダーを噛みきられ友人の渾身の作品であるハハジマメグロペンシルを失ってしまったので終了。
釣果はバラフエダイだったが、1月は一年で最も魚が出にくい月なので魚が見られただけでラッキーといったところだろうか。




コメントを見る

網走さんのあわせて読みたい関連釣りログ