プロフィール

関根崇暁

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:30
  • 昨日のアクセス:57
  • 総アクセス数:971743

QRコード

BlueBlue.jpg 「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」 ima_banner.gif 株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

晩秋のクリークへ (たなご)

晩秋のたなご釣りシーズンということで。

fimo内、コミュ二ティ「■江戸風情 たなご倶楽部」のメンバーさんと、佐賀県のクリークにて釣行会を行うことに。

気温の上がる午後へ向けてゆっくり家を出る。
x3hyrkt6enidf677xhh9_480_480-e05ab769.jpg
街路樹もすっかり秋色、昼間の時間に筑後川下流域へ行くときに通る何時もの道も、違った景色に見える。
ewmwdbu6keoh8w3fmsaj_480_480-91181f06.jpg
途中、立ち寄った筑後川支流、澄んだ冬の水色をしている。
ix684yzdcpmzmd4ewpao_480_480-c9d81c98.jpg
見えるのは大型のボラばかり。
ehpb6g9kz35jdi9g2dyc_480_480-6680952b.jpg
蟹篭を仕掛けるご老人、篭の中にはフナの切り身。狙うはモズクガニである。この地方では「ヤマタロウガニ」と呼ばれる。
j5bdhxmsg9i3pwrej9nz_480_480-8b1458bf.jpg
さて、目的地の佐賀平野が見えてきた。

暫く走ると今回の釣場へ到着

静かな街にひっそりと流れるクリーク。

このクリークがたなごのフィールドであり、多彩な魚種が楽しめる。
vw2vgge5y5vjiw3cjz92_480_480-bfc852e0.jpg
街の中が今回の釣場。
8fzitfr9ygnyrvmx7yfx_480_480-f3ede3e1.jpg
今回の相方は、VANZさん。
お互い小さな子供を持つ父親なので、夕方子供を保育園に迎えに行くまでの時間を存分に楽しむ。早速、良い型のヤリタナゴ。
5ubxtuhxdoommz89k5rw_480_480-ad1c2495.jpg
 黄身練りでアブラボテ、澄んだ流れでは、サイトフィッシングになる。
3~4尺の竿に、0.4号程度の細糸、小さな浮き、そしてたなご針。
シンプルな仕掛けを、上手く流れに乗せるとタナゴが釣れる。
これも、流れの釣りなのである。
y943z6ffo5sgydyjdbhh_480_480-6a7337c8.jpg
これはカネヒラ、この時期の雄の美しさは素晴らしい。
9eerhv7b35ddst4w8hzs_480_480-cb965af9.jpg
これはヤリタナゴ。大型になると引きも強く楽しめる。
uxyk4v5v7kimu2hjtrob_480_480-362dfb60.jpg
カネヒラは動物性の餌(紅サシ)にも反応が良く、黄身練りには、希少なカゼトゲタナゴが。二人で飽きない程度に釣って行く。
kwjmx4jpcy4f4foy3vcx_480_480-8d762165.jpg
僕も黄身練りで人生初、カゼトゲタナゴ。3cmほどの小さなタナゴであるが蒼いラインがその証、大変に美しい。
ktiunz2vyoua43g7h7ej_480_480-4a79f955.jpg
慣れるとカゼトゲも連続して釣れる。

VANZさんもサシ餌を半分に切り、良い型のカネヒラを釣る。
5vybotf94w7dersxfn2u_480_480-449536b6.jpg

タナゴは日本の淡水魚であるが、熱帯魚の様な色彩が素晴らしい。

c7mxod2p6eo2uzzuz9x9_480_480-afe1b0cb.jpg
二人仲良く、アブラボテ。

bniedpcba84ztvwj5e4k_480_480-ff4af06c.jpg
ヤリらしいヤリタナゴ、アブラボテとの交雑も多いという。

佐賀平野のクリークは、本当にタナゴ天国である。
kmfk7nsxk2yamk6tez3a_480_480-706c8023.jpg
きっと、背振山の水が、この環境を生み生き物達を育てるのだろう。
sscfupxodii8h33t3nj6_480_480-41661f6d.jpg
晩秋にはタナゴ釣りが良く似合う。

大物ばかりを追うのが釣りではなく、小さな魚にも大きな世界がある。

僕の釣魚図鑑にまた一つ新しい魚種が加わった。

まだ知らぬ仲間と、憧れの魚と出逢い、趣の世界を存分に味わう。


それもfimoの使い方。


何時かまた釣りに行こう。






■何時も釣れない釣師のログをご覧頂きありがとうございます。


■皆様のご意見・ご感想をお待ちしています。


■もっと書いてくれと思っていただける方、遠慮なく、ソル友、ファン登録、fimo会員登録をお願い致します、お気軽にどうぞ
 

コメントを見る

関根崇暁 さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

ヴィヨンのソゲ
22 時間前
BlueTrainさん

雨中の寒さ耐久レース
24 時間前
渡邉 雄太さん

秋の名港シーバス攻略
1 日前
RIKUさん

視えるからこそ見得るもの
1 日前
rattleheadさん

はじめてのボートシーバス
3 日前
ワカメマニアさん

気になるアイツ!〝SLX DC〟を…
4 日前
ねこヒゲさん

アカメ遠征 後編
4 日前
登石 直路(nao)さん

一覧へ