プロフィール

ピュアフィッシング

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:505
  • 昨日のアクセス:294
  • 総アクセス数:1941960

QRコード

内房河川でランカー出現

こんにちは。PFJフィールドスタッフの甲斐拓也です。

 

今年の夏はあっという間に終わり、気候も水の中もどんどん秋~冬へと進んできているこの頃。

シーバスのハイシーズン真っ只中ということで、僕の大好きな釣りのスタイルである

河川や干潟の"ウェーディング"釣行をしてきました。

 

f8btf6sus9mj44vz7ncx-ac25a9cc.jpg

 

今季1発目ということもあり、釣果よりも危険箇所の確認、地形の変化や流れ向きなんかを気にしながらゆっくり安全第一で釣りを進めて行きます。

 

ぬかるんでる地質から、固く締まったような地質に変わるのをすり足をしながら足裏で感じ取ります。

(まだまだこの時期の河川、干潟にはエイが多いのでエイガードはもちろん、すり足を忘れずに。)

 

地質が固いと言うことは、流れが速い証です。その流れによってできる地形変化のスリットを直角、並行に打っていくようにイメージしながら釣りをしていきます。

 

例年以上に大きなベイトフィッシュが多く入ってきている印象を受けたので、ルアーサイズも大きめを基本に、130mmくらいのミノーがフォローというルアーローテーションでキープキャストしていくと、「フワッ」とルアーの抵抗が消えて、エラディケーターエクストリーム810のティップに乗るようなバイト!

 

6fhnjfcj3kw3iywvsbst-6eb7aef3.jpg
 

ハッキリとしたバイトではなかったけど、違和感を感じて身体が勝手に合わせの動作を入れる。

(違和感を感じてフッキングする事はバス釣りでは良くある事ですが、言葉では表現できない違和感を感じてフッキングする人間の感度とか反射速度ってすごいなぁと思います)

 

河川の流れと相まって強烈でド派手なファイトをしてくる魚とファイトタイムを楽しみながら無事キャッチした魚は85センチを超えるランカーフィッシュでした。

 

u9h4oktjybtgh279o5ay-93d58d78.jpg

 

基本的にどこへ行くにも、おかっぱりの釣りではエラディケーターエクストリーム810MLFを使用しているのですが、特徴的なファストテーパー以外に、背負えるルアーの幅広さがどこの釣り場でもこのロッドを使用する大きな理由です。

河川、干潟のウェーディングはもちろんロッドは1本しか持っていけません。

ただルアーは大きのから小さいのまで持ち運べるのでどんな状況かわからないほどルアーは増えてしまうものですが、エラディケーターエクストリーム810MLFなら対応範囲が広いので、軽めのビッグベイト、ビッグミノーも投げられるので、ルアーが絞れないような状況でもオススメな1本です。

是非、エラディケーターエクストリーム810MLFを持ち込んで、秋のシーバスフィッシングを楽しんでください!

 

 

 

[タックル]

 

ロッド :  エラディケーターエクストリーム810MLF

リール : Revo MGXθ2500SH

ライン :  スーパーファイヤーライン1

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

イガイルアーを作る
12 時間前
rattleheadさん

フローティングミノーを基準に…
14 時間前
有頂天@さん

ミノーのカラー考案してみた …
1 日前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
3 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
3 日前
ねこヒゲさん

今日の釣行。
4 日前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
4 日前
RIKUさん

まだ柔らかい北西の風
5 日前
平田孝仁さん

一覧へ