Pure Fishing Japan SaltWater BLOG https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja ロックショアゲーム https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjc6g63mex 2020-07-08T23:59:00+09:00 皆さんこんにちは

 

北九州、フィールドスタッフ 若松です

今回は、大分県の磯へ行ってきました

ターゲットは、青物、ヒラスズキ

両方を効率よく狙えるロッド

SS PRM ROCKSHOREGAME SPRSC-1102MH-PG

磯で必要なベストなセミロングレングス、ミディアムヘビーモデル。

PGとは、プラッギングの略で、主にウエイト60g前後のプラグをテクニカルに操作できるモデル。

また20g前後の軽めのミノーも扱い易い。コースマネジメント理論を最大に活かすためにつくられたベイトキャスティングモデル。

キャストアキュラシー、ルアーが着水してからの巻き始めスピード、巻き上げトルク、挙げれば切りがないほど、ベイトモデルならではのメリットを感じられるモデル。

ミノー、ダイビングペンシル、ポッパーなどのプラッギングから、60g前後の軽めのメタルジグに最適なモデル。

リール、REVO BEAST 41 HS-Lをチョイスした

当日は、小雨・うねりが残りサラシあり

しかし、ベイトが皆無と致命的な状況

数時間経ってやっと足元にベイトが確認でき

キャストにも力が入る

画像の丸印のサラシへ25gのフローティングミノーをロングキャスト

サラシの端にミノーが差し掛かるとドスンと鈍いバイトと同時に力強いファイト

ロッドのパワー・柔軟性、リールの巻き上げ力でキャッチできたのは自己記録更新、81センチ・6キロのヒラスズキでした

その後、ベイトが追われているのを確認し

リトリーブ時には、左右にゆらゆら動くアクションジグ

SaltyStage Shore Skid Jig (ショアスキッドジグ)40gにチェンジ

すると数投後に、80センチクラスのヒラマサをキャッチ出来ました。

 

今回、スキッドジグ20~60、25gフローティングミノー、35gシンペン等を近距離ピンスポットキャスト・ロングキャストと使用しましたがトラブルなく快適にゲーム展開できました。

ロックショアゲームにベイトタックルお勧めですよ

 

タックルデータ

ロッド : SS PRM ROCKSHOREGAME SPRSC-1102MH-PG

リール : REVO BEAST 41 HS-L

ライン : Super Filreline Ultra8 2号

リーダー: フロロ 40lb

]]>
ピュアフィッシング
関門オフショアキジハタゲーム https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjcexbc2y8 2020-07-07T23:59:00+09:00 皆さんこんにちは

北九州、フィールドスタッフ 若松です

今回は、地元関門へオフショアキジハタへ行ってきました

フィールドへ出てみると、東からの強風のためメインのエリアへ行くことができず、風裏のシャローエリアへ

初めてのエリアで広範囲を探る為、スピニングタックルにてスイミングゲームを展開することにした

 

PowerBait MaxScent Pulse Tail 4.2inch SASP(サウスアフリカンスペシャル) 4.2”のシャッドテールシェイプ!
バークレイ特有のリブを装備し、
MaxScent素材プラス気泡でアピール力絶大!

テールは少しボリュームを落とし、常に繊細に動くように設計。

テキサスリグは勿論の事、ジグトレーラーなど幅広いリグで使用可能な上、少しボリュームを抑えたシェイプで食わせ能力抜群!

どんなフィールドにも対応出来る定番シャッドテールです

21gバレットシンカーをセット、キャストしボトムをとり、リトリーブ

リトリーブ最中にロッドでリグをリフトし、止めて、カーブフォールさせ食わせの間を与えてやると40アップのキジハタがヒット

 

このパターンが完全にハマり、短時間でしたが、グッドサイズを9匹キャッチできました

PowerBaitGulp!の良いとこ取りのハイブリッドシリーズ”MaxScent”

あらゆる魚種に有効なNEWマテリアルシリーズです。

皆さんもMaxScentを持ってフィールドへ出掛けましょう

 

 

タックルデータ

ロッド : Rocksweeper NRS-7102MLHF-TZ GROUPER

リール : Revo ALX THETA 3000MSH

ライン : スーパーファイヤーラインカラード0.8

リーダー: バニッシュ レボリューション 20LB 5

]]>
ピュアフィッシング
今年も熱い季節になってきました。 https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjc6j3a2kz 2020-07-06T23:59:00+09:00 フィールドスタッフの高根です。

梅雨入りもしてそろそろ暑さも増してきた今日この頃…そんな中、今年もやって来てくれました。

相変わらずライトゲームのターゲットとしては申し分無いターゲットですね。

現在、開発中のプロトルアーにしっかりバイト!

曇天の時は中々浮いてくれないのでマイクロjigスリムなどjig系に反応が良いですね~晴天になれば浮き気味なのでトップやミノーのハードプラグにもどんどんアタックしてくれます。

そろそろ暑さも増して来ましたが海の中も賑わってきました。

 

タックル

ロッド :エラディケーター リアルフィネス(スローテーパースペシャル)

リール :Revo ALXシータ2000S

ライン : プロトPE

ルアー : マイクロジグスリム  エビペン、プロトプラグ

]]>
ピュアフィッシング
ファンジグでボートヒラメ! https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjckbhyzx8 2020-07-05T23:59:00+09:00 こんにちは。北海道のフィールドスタッフの武部です。
6月はヒラメを求めて磯の釣行ばかりしていました。

普段は磯のテキサスリグがメインのため気分を変え、ボートでライトなタックルでヒラメを狙いました。

 

使用するタックルはRocksweeper 77MHF カシウスに ALX3000MSH。これにSuper Fire Line12lbにリーダーナイロン16lbをセッティングしました。

今回は新作ジグヘッドのファンジグをメインにゲームを組み立て、アシストフックやブレードチューンを考えましたがボートでも狙うポイントは砂地ではなく荒磯から続く岩礁帯がメインでした。根掛かりを回避したかったため、余計なことは行わずにパッケージから出してそのまま使用しました。

サーフゲームや青物狙いではアシストフックのようなものをつけることをお勧めします。

自分の釣り方や釣り場に応じてチューンしやすいのは嬉しい限りです。

ヒラメ狙いでアシストフックにトリプルを使用する場合、磯や岩礁帯エリアでは行わないでください。根掛かりします。

 

曇り空の中ボートは5時に出航。釣り場は水深15mほどのエリアで、まずは18g6インチパルスワームをセットして開始しました。

すぐにマゾイやアイナメが釣れ始めましたが本命は顔を出してくれません。


空が明るくなってきたため4インチグリーンゴールドに付け替えて探っていると、友人にまずヒラメがヒットしました。

マックスセント  パルステールでヒットしたため近くまで見に行こうと早巻きで自分のルアーを回収していると水面まで70cm程のヒラメが追いかけてきて、水面でヒラメがヒットしました。しかし驚いてフッキングミスしてしまいました。

フッキングミスはしたもののその日のパターンは掴めた気がしました。

これはリアクションで食わす日だと思い早巻きからのフォールを繰り返していると早速1枚ゲットです。



4インチパルスワームグリーンゴールド

 

50cmくらいでしたが厚みのある個体でした。

この一枚は水深15mのエリアのだいぶ上の方でヒットしたためヒラメは浮いていると判断できました。おそらくボトムから7mは上でした。

これはシャッド系を使うべきと判断したためTテールシャッド3.7インチに変更するとすぐ答えが返ってきました。



3.7インチベイビーイール

このパターンを続けると連続ヒットです。

 

 

曇の量が増えてきて暗くなったのでオレンジクリアゴールド

 

 

オレンジクリアゴールドで連発!

 

今日のパターンは完璧にリアクションでした。

ボトムをとったら全開で早巻きし57mほど中層で一気にフォールの繰り返しをしていると、ドスンとバイトがたまらない感覚でした。ファンジグはフックが太軸なためパワーのあるタックルで使用した方が良い気がします。

今回は18g24gをスピニングタックルで使用しました。

水深15mの時18g20mの時24gと水深によって使い分けただけですがブレードチューンやアシストフックなどを付けた時は抵抗が増すためこれを考慮したセッティングが大切です。

 

 

今回乗船させていただいたOcean Pathさんはマグロやブリ、ロックフィッシュなど様々なルアーゲームを楽しめるためオススメです。

 

積丹神恵内赤石漁港

 

船長 渡辺

 

Tel   090-8635-7563

 

 

タックルデータ

ロッド:Eradicator Rock  Sweeper 77MHF

リール: Revo ALXΘ3000MSH

ライン:Super Fire Line12lb

リーダー:ナイロン16lb

 


 ]]>
ピュアフィッシング
ファンジグで、フラットフィッシュ攻略‼️ https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjcdygexh5 2020-07-04T23:59:00+09:00 香川の津馬です。

今回は、Berkleyから発売になるファンジグを少しご紹介^_^



今年の冬からテストで使い込み、主にフラットフィッシュ❗️
マゴチ、ヒラメ攻略にかなり助けてもらいましたw

特徴としては、トレブルフックの装着は勿論のこと、ヘッドの左右にもアイを取り付け、ブレード装着キラキラチューンも可能のジグヘッドになっています。


あと、最も大事なのがスイミング姿勢‼️
横方向からの潮受け時にも、姿勢を崩さずに、綺麗にスイミングしてくれるのが、1番の特徴
このスイミング姿勢がフラットフィッシュに絶大な効果を発揮してくれ、数多くの魚を獲ることが出来たんです^_^


ウエイトスペックも、3.5g〜28gまであり、いろんな魚種、いろんなシュチュエーションで使えるので是非❗️
試してみてはと、思いまーす^_^
お世辞抜きで、いい仕上がりになってますよ^_^
 
タックルデータ
Rod       ;   ERD Rocksweeper  ERSS-77MHF- CASSIUS -(カシウス)
Reel       :   REVO MGX THETA 2500SH
Line       :   Super Filreline Ultra8  1号
Leader   ;  Vanish Revolution 14lb
Lure       ;  Power Bait Tテールシャッド   Maxscent パルステール
Jig head  :  ファンジグ
 ]]>
ピュアフィッシング
今年も開幕 https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjcwa2t752 2020-07-02T23:59:00+09:00  

三道 竜也の釣行記 6月真蛸編

 

釣行日  6月中旬

釣行場所 東京湾 港湾部

気温   24度

風速   5m

 

使用タックル

ロッド : ソルティーステージKR-X・ロックフィッシュ「SXRC-712H-KR」

リール : レボ・ビースト 41-HS-L

ライン : スーパーファイヤーライン・カラード 4号

使用ルアー : 各種タコ用エギ3~3.5号

  

昨年は沸きに沸いた東京湾の真蛸(マダコ)

30年振りなんて言われる位の豊漁で

一日50杯や100杯超えなんて景気の良い話も沢山耳にした。

昨年が良すぎただけに今年はどうなんだろうか?

今シーズン最初のマダコ調査です。

 

昨年の傾向で言えば最初に釣れ始めたのが横浜・川崎エリアで

内房エリアの方が成長が遅いのか約1カ月位のズレがあったと記憶していたのでまずは川崎方面に向かう。

ポイントに着いて驚いたのが釣り人の数。

有名な沖堤防には5m間隔で並び、殆どの人がタコを狙っている・・

沖合に浮かぶ遊漁船等もタコ狙いの船が多く

昨年はここまで居なかったのに今年は釣りする場所が船でも無い位。

仕方無く釣れそうな護岸を探してドライブ。

 

暫くして魚探を掛けると良い感じの地形変化が続くエリアを見つけたので早速タコエギを投入してみる。

水深は7m前後なのでタコエギに8号(30g)のオモリをセットしてボトムまで沈めて細かくシェイク。

昨年までは怪魚ロッドのワールドモンスターの(WMSC-734H)を使用していたけれど意外とタコは固すぎるティップで「ピンピン」とシェイクするよりも少し柔らかめのティップで「クニクニ」と柔らかくシェイクしてあげた方がノリが良い事が多く現在はソルティーステージKR-X・ロックフィッシュの

「SXRC-712H-KR」がティップの繊細さと張り付かれたタコを引き剥がせるバットパワーを兼ね備えているので愛用中です。

 

暫くシェイクしていると「ヌメ~」としたビニール袋でも引っかけた様な独特の違和感があったのでフッキング。

「この感じ久しぶりだなぁ♪」と思いながらランディング。

 

梅雨時期らしい新子のマダコ。

この後も要所要所でポロポロと釣れ続ける♪

良い感じに御土産分を釣った所でタイムアップ。

 

数時間の試し釣りで感じた事は大爆釣だった昨年を100点と考えると今年は70点位と言った感じ。

決して今年が悪いのではなく昨年が凄すぎただけです。

 

これからマダコは一潮毎に大きくなって秋には殆どの個体が1kgを超えてきます。

沢山居ると言っても海洋資源は無限ではなく有限です。

釣れすぎた時や小型のマダコはリリースしてあげる事で

また来年も良い釣りを楽しめるのではないでしょうか?

 

自分もキープ数を設定して楽しんでいます。

 

それではまた次回・・

 

]]>
ピュアフィッシング
エラディケーター ベイトフィネス https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjc7ngb4z7 2020-07-01T23:59:00+09:00 超お気に入りだったエラディケーター ベイトフィネスカスタム エアー EBFC-75MLSTZが新しくなりました!!

正直旧型で満足しており新型はあまり気にしていませんでしたが、TAF製法でのベイトフィネスがどんなものか試してみようと新しくなったERADICATOR BAITFINESSE The Death XrossⅡ EBTC-74MLSをピュアフィッシングに送ってもらいました!!
とりあえず一発目は超ライトに行くか?

それとも限界を見極めるか?

そんな時少し前にGulp クラビー2インチが届いておりコレは明らかにチヌゲ~をヤレって事でしょう!!

と言う訳でDeath XrossⅡの限界を確かめるべく今シーズン初のチヌゲ~に行ってきました。

山陰のチヌゲ~は毎年ルアーを追い始める時期が5月からと早かったり9月に入ってやっと追い出し始めて遅かったりとその年によってシーズンインが全く違います。

とりあえず釣れるか分かりませんがチャレンジです。

ロッドは当然ERADICATOR BAITFINESSE The Death XrossⅡ EBTC-74MLS

チヌゲ~では遠投が必要なんでリールはRevo ALCIBスーパーファイヤーライン ULTRAの0,8号。

まだ潮が動いてないのでハードプラグよりワームの出番と言う事でGulp! クラビー2インチの7gジグヘッドリグで攻めて行きます!!

ちなみにクラビー2インチ・・・

甲殻類のシルエットでガルプって・・・

もう餌と一緒じゃん・・・(汗)

でもGulpはルアーなんで一応ルアーフィッシング(笑)

そしてフルキャストしボトムをリフト&フォールとズル引きを交互に混ぜながら10分程ランガンするとワームでは珍しくズル引きの方で一気に「ドンッ!!」と引っ手繰る強烈なバイト!!

ERADICATOR BAITFINESSE The Death XrossⅡ EBTC-74MLS何せ魚掛けるの初めてで、いきなり良型の魚です!!

最初のランでロッドを絞り込むも柔軟ながらある程度曲がると「バシッ!!」と止まる!!

旧型のベイトフィネスでちょうど良いパワーとしなやかさはそのままに新型は限界付近のトルクが増しがっつり曲がりつつもそこからリフトし魚を楽に寄せる事が出来ます!!

ERADICATOR BAIT SEABASS BAIT MASTERと同じく柔軟性も持ちえながらココぞの所でしっかり寄せれるパワーを兼ね備えたトルクフルなベイトフィネスロッドです!!

同じ特徴を持ったDeath XrossでもTAF製法の新型は掛けてからの安心感が違います!!

でも当然ベイトフィネスだからギュンギュン曲がって超楽し~!!


そして上がって来たのは50には届かないものの48cmとまずまずサイズ!!

ERADICATOR BAITFINESSE The Death XrossⅡ EBTC-74MLS

旧型で満足してましたが・・・

あれ?

良すぎてもう旧型に戻れないじゃん・・・

もったいないけどエラディケーター ベイトフィネスカスタム エアー EBFC-75MLSTZ・・・

引退してもらいます・・・

それだけ新型はエグイんですわ!!

そしてチヌで終わろうと思いましたがそろそろシーズン終盤のアフタークロソイも釣っておかねばと言う事でこちらも届いたばかりのランチワーム6インチにカラーはロックフィッシュに激効きのチェリーシード。

釣れればラッキー位の気持ちで狙いましたが20分程でなにやら「もぞっ」とした違和感がありアワせるとバイトです!!

アフターのクロソイなんで低活性でバイトが小さいながらも超高感度のERADICATOR BAITFINESSE The Death XrossⅡ EBTC-74MLSなら魚だと気づかせてくれます!!

新たな領域に入ったベイトフィネス!!

ERADICATOR BAITFINESSE The Death XrossⅡ EBTC-74MLSまだまだ限界は測りきれません!!

 

]]>
ピュアフィッシング
沖縄 - ファイヤーラインを用いたスマガツオへの繊細なアプローチ https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjch8dwrc3 2020-06-30T23:59:00+09:00 こんにちは、中村 大介です。
相変わらず、沖縄の海で試行錯誤を繰り返している日々ですが、その過程が本当に楽しく、幸せなことです。
今回は、スマガツオのナブラへのアプローチを書いてみます。
 
先月の半ば頃から、出船するマリーナ周辺でキビナゴを追ったスマガツオのナブラが発生するようになりました。

当初は普通に他の釣りをしているファイヤーライン1.5号のタックルで、25〜30gのメタルジグを素早く巻いてくるようなアプローチで食わせられていたのですが、産卵期に入ったせいか、港付近に留まっている同じ群れのためか、アプローチがどんどんと難しくなってきました。
この辺りのカツオ系の食うときは何でも食うのに、一旦難しくなったら、そこら中で魚体を飛び出しながら餌を喰ってるのにルアーには全く反応しない(どころか、ルアーの真横でボイルする)状態、ご経験の方も多いかと思います。
私にはこれが格好の勉強材料になるので、時間があれば乗り合い船の前に自分でやってみたり、お客様に色々と釣ってみていただいているのですが、その中で釣りとしてのアプローチの鍵が見えてきました。
 
当初はキビナゴのサイズを選ばず、むしろ大きな7,8cmの魚を食べていましたが、


これが、3cmくらいの小型の魚を選択的に食べている印象なのです。
それに対して、ルアーの波動やシルエットがシビアになっていって、現在でのアプローチはシーバス用のシンペンを用いた形が一つの答えとして、計算できる結果を生むようになりました。
 
一方で、そうなってくると大切になってくるのがラインです。
小さく弱い波動(=引き抵抗の弱いもの)のものを引いてくるときに、しかもナブラに対してはアプローチに際しての風の向きを完全にはコントロールできないので、ルアーを引き始める前に、いかにラインを綺麗に整えておくかが鍵になります。
具体的には、キャストの軌道やフェザリング、空中にあるラインの素早い処理、と言ったことになるわけですが、それを助けてくれるのがライン、というわけです。
 
太さの選択も重要ですし、同時に、いつもながら、僕はこういった繊細なアプローチをしていく釣りで欠かせないと感じているのがファイヤーライン カラードです。
ファイヤーラインの熱延伸加工とコーティング、そして適度な張り(直進性)が、こういった場面での「風切りの良さ」として上記の作業を助けてくれます。
加えて、現在は0.8号まで落とすことも多いのですが、カツオの猛烈なダッシュに対しての水切れの良さ(水圧でのブレイクを防ぐ)と結束まで含めた強さ。
さらにカラードによって、ファーストランの距離から逆算してのやりとり、が可能になります。
 
また、ラインに合わせてREVO ALX θ 2500MSHを使っていますが、正直、カツオにはややキツイかな・・・との思いと裏腹に、連日の釣行にも音をあげず、猛烈なファーストランにしっかりとドラグがついていってくれています。


もちろん、軽さやギア比の高さといった操作性の良さで上記のラインの処理を助けてもくれています。
 
今後は、産卵が進むに連れて居場所も変わってくるし、また展開も違ってくるとは思うのですが、これらの道具の助けも借りながら、釣って難しく、面白く、食べても美味しいスマガツオへのアプローチを深めていきたいとも思います。
また、私が乗っている第6寄宮丸の2機がけの船外機仕様は、カツオのナブラに追いつく脚も最高です。


機会あれば、お越しください。
 
 
中村 大介
 
タックルデータ
ロッド   : 8フィート6インチ シーバスロッド
リール : REVO ALXθ 2500 MSH / Superior 3000MSH
ライン  : ファイヤーライン カラード 0.8号/1号 リーダー16lb
ルアー : シンキングペンシル、小型メタルジグ 
 
 
 
 ]]>
ピュアフィッシング
遂に・・ https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjcm2zh3t7 2020-06-29T23:59:00+09:00 三道 竜也の釣行記 6月エギング編

 

釣行日  6月中旬

釣行場所 東京湾 港湾部

気温   27度

風速   7m

 

使用タックル

ロッド : ソルティーステージPRMフェニーチェ「SPBS-702M-TZ」

リール : レボ・MGエクストリーム 2500S

ライン : スーパーファイヤーライン・カラード 0.8号

リーダー: バニッシュ・レボリューション 12lb

使用ルアー : 各種エギ3~3.5号

 

前回は最後に巨大な紋甲イカを釣って終了した地元アオリイカ捜索

あの後もマゴチやシーバスで船を出す度にアマモ等の海藻が生えている場所を意識しながらガイドしていた。

意外と港湾部の岸壁付近はアマモやカジメ?等の海藻類が結構生えていて怪しい海藻帯があれば近づいて魚探を掛けて水深や地形変化の有無を確認していた。

産卵で接岸してくるアオリイカのポイントを探す場合

自分の場合は浅すぎない水深と海藻類そして潮通しの良さと地形変化の4点を軸にポイントを探してきた。

前回はオープンエリアのアマモ帯を中心に探ってみたので

今回は岸壁や沖ストラクチャー等の小場所に海藻類が生えている

小場所を中心に探してみました。

 

最初に選んだポイントはマゴチを狙っている時に気になった護岸沿いにカジメが生えているエリア。

ブレイクラインも近くて結構期待出来そう。

カジメ沿いに流しながら.5号のエギをボトムまで落として軽くシャクってはフォールさせる。

暫く流しているとシャクった瞬間に「ドスッ」と重量感。

あまり引かないので期待せずに浮かせてくると・・

ですよね。毎度おなじみになったシリヤケイカ(笑)

 

感覚的にシリヤケイカは群れているイメージが強く連発するのも困るので次のポイントへ移動です。

堤防の際に広がるアマモ帯に所々カジメが混生しているエリア

 

潮の流れが殆ど効かない場所なので流しながらの釣りではなく

アマモやカジメの生えている形を目視して生え際や穴にキャストしていく。

海藻類に引っかからない様に上手くフォールさせてシャクった数投目

「グッ・・ジィ~!」

結構なスピード感のあるジェット感なのでシリヤケイカではなさそう。

あとは紋甲イカでなければ・・と祈りながら浮かすしてくると・・

 

ついに待望のアオリイカ!!

 


サイズは1kgにも満たないサイズだったけれど

調べて、考察して諦めずに挑み続けて釣った本命アオリイカは

通いなれた静岡のアオリイカの何倍も嬉しく充実したものでした♪

 

これからも様々なターゲットに挑戦し続けて行きたいと思います。

 

それではまた次回・・

]]>
ピュアフィッシング
ここの1本で何でも大丈夫…!? https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjca3f5cj4 2020-06-28T23:59:00+09:00 三重県在住フィールドスタッフの幸田です。
さてさてご無沙汰しております。
釣り自体は緊急解除以降三密を避けて釣行しています。

自粛期間中に今年のロックフィッシュ(ハタゲーム)が開幕していました。
僕も6月初旬からハタゲームを開始しています。
釣り自体は5月下旬からスタートしていました。
が今回の内容はライトゲームで来月発売予定のロッドパワーフィネスについて書きたいと思います。
約2年のテスト、いよいよ来月に発売されます。
基本的には現発売されてるリアルフィネスのパワーモデルになります。リアルフィネスに関しては感度、そして軽さでしたが今回のパワーフィネスは感度、強度、そして軽さに加え1本のロッドでライトゲーム全般に使えるように作っています。
また長さは3機種で1機種のルアーウェイトは1.5~24gまで投げられます。
JH単体、キャロ、フロート、ジグ、プラグと幅広く使えます。
一見硬そうってイメージですがティップはショートバイトもとれるよう柔らかくベリーからバッドに掛けて硬くしています。

なので中型の青物や尺前後のハタでも難なくリフトアップしてきます。








テストの段階では尺メバルから始まり中型の青物、タチウオ、マダイ、チヌ、ハタと色々キャッチしてきました。

今からのおススメであればライトワインド(JH10g前後)チヌトップ、タチウオワインドには最適だとおもいます。

個人的なおススメは7フィートが一番使いやすいと思います。一応スペックとしては610、710、810の3機種で3機種ともルアーウェイトは同じです。

今までなかった1本でライトゲーム全般に使えるロッドが来月発売になりますので是非発売された際には手に取って触ってみて下さい。
 
 
ロッド : エラディケーター パワーフィネス 610、710、810
リール : レボ ALX θ 2000~3000
ライン :  2000番PE 0.4号
       3000番 PE 0.8号

マダイタックル
ロッド : エラディケーター パワーフィネス810
リール : レボ ALX θ 3000SH
ライン :  PE 0.8号
  

 ]]>
ピュアフィッシング
今年もファミリーフィッシングで・・・ https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjc762cu85 2020-06-22T23:59:00+09:00 緊急事態宣言も全国的に解除になったこともあり、やっと家族で思いっきりアウトドアが楽しめます♪
と言う事で嫁さんと息子を連れてサビキ釣りに行ってきました!!

もう何度も釣れて行っているので二人とも少し釣りもちょっと上達!!
少しほっといても釣れるようになったので、合間を見ながら自分の釣りも少し出来る様に!!
とりあえずベイトフィネスカスタムとRevo ULTRA Cast BF8スーパーファイヤーライン クリスタルマイクロジグフラット10gとソルティーステージ ベイトショアジギングを用意し合間、合間にちょこちょこ釣りします。
まずはベイトフィネスのマイクロジグ フラットでボトムを探ると餌のキス釣りの外道では良く釣れますが今までルアーで釣った事の無いイトヒキハゼが連発!!

投げ竿で釣ると面白くないんですがベイトフィネスなら意外と面白い♪
しかも唐揚げで食べると意外と旨い魚です!!



そして結構引くなと思ったらちょっと早いけど夏の定番アオハタ君♪

そしてチビキジハタ。
ベイトフィネスで楽しんだ後は、息子がそろそろ「大物を釣れ!!」と言うのでちょっとした青物でも釣れないかなと用意していたソルティーステージ ベイトショアジギングにショアスキッドジグの30gを10分程ぶん投げてると真っ昼間にいきなり「ドンッ!!」

まずまずサイズのサゴシをゲット!!

息子と嫁さんもサビキで色々いっぱい釣れて自分の釣りも少し出来たので家族一緒の休日も思いっきり楽しめました♪
 ]]>
ピュアフィッシング
迷走の果てに・・ https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjczac69ej 2020-06-21T23:59:00+09:00  

三道 竜也の釣行記 6月エギング編

 

釣行日  6月上旬

釣行場所 東京湾 港湾部

気温   26度

風速   4m

 

使用タックル

ロッド :ソルティーステージPRMフェニーチェ「SPBS-702M-TZ」

リール :レボ・MGエクストリーム 2500S

ライン :スーパーファイヤーライン・カラード 0.8号

リーダー:バニッシュ・レボリューション 12lb

使用ルアー:各種エギ3~3.5号

 

最近マゴチやヒラメ等の所謂「底物」ばっかり狙っている自分。

先日マゴチを狙ってブレイクラインを流している際

アマモの際からアオリイカが出てくるのが見えて

内心「こんな所にもアオリイカが居るのか・・」と驚き

次回はアオリイカを狙ってみようと考えていたのです。

数日後、午前中だけ時間が空いたのでエギングの好きな仲間と調査です。

 

自分のアオリイカのエギングは静岡専門で

それこそ20年位前から春と秋シーズンは静岡へ通い詰めた程。

千葉に引っ越してから房総のアオリイカの事も地元の方に聞いても

「昔は釣れたけど・・」とか「1杯釣れれば上出来」みたいな話が多く

正直、千葉に引っ越してからもアオリイカを釣りたくなった時は

静岡に遠征していた位である。

さらに房総エリアのアオリイカは自分の住む木更津エリアより

かなり下った南房総エリアが主な棲息域でわざわざ時間をかけてまで

南房総まで下る位なら静岡に行けば良いと考えていたのです。

 

しかし近年の温暖化の影響なのか木更津周辺でも

アオリイカの釣果を聞く様になってきたので本腰入れて調べてみる事にしました。

 

最初のポイントに選んだのは先週アオリイカを見かけたアマモエリア

アマモ帯の切れ目を中心に3.5号のエギで丹念に攻めていくが反応は無い・・

そこでブレイクライン付近のボトム狙いに変更し

軽く1回シャクってはボトムを取るスローな釣り。

数投目に一度シャクったエギが着底した直後にラインが不自然に入ったので

掛けてみるとイカっぽい手応え!!

なにせ久しぶりのアオリイカ。

さらに言えば千葉では初めてなので結構ドキドキしながら

慎重に浮かせて来る・・と

 

そうか・・場所的にも季節的にも千葉沿岸部には「シリヤケイカ」がいたか・・

かなり期待していただけにガッカリ・・

思い返してみればタコみたいにか全然引かなかったもんなぁ。

 

この後2杯のシリヤケイカを追加しポイントを潮通しの良い

航路沿いで船を風で流しながらティップランと言うかドラッキングみたいに

流されながらシャクってはフォールさせてを繰り返していると

ティップが抑え込まれたのでフッキング!

「ジジィ~!」強烈な引き込みにドラグが出される!

今度こそ良いサイズのアオリイカを確信して身切れさせない様に

時間をかけて丁寧にファイトして浮かせる・・

見知らぬイカ・・墨イカ?

画像で調べると紋甲イカらしい。

それにしてもデカい2kgありそう(笑)

 

結局この後はイカの反応や姿を見る事も無く正午を迎えてしまったので

渋々終了としました。

 

静岡と違い様々なイカが居る事で絞り込む事が難しい内房アオリイカ。

狙って釣る事が出来る様に様々な事を試してみるつもりです!

 

それではまた次回・・

 

]]>
ピュアフィッシング
シャローを攻略!!アイナメ磯ロックゲーム https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjc9a8vanr 2020-06-18T23:59:00+09:00 こんにちは、フィールドスタッフの菊地です。

 

過ごしやすい気候になってきた北海道、各フィールドでアングラーを見かけることが多くなってきました。

私が大好きな磯ロックも開幕しましたよ~♪

 

天候良し!!波っ気良し!!ロケーション良し!!と最高のタイミングでフィールドに立つことができました。

しかし、釣りをスタートさせると渋い・・・一時間ほどショートバイトのみ。

狙うポイントを沖に伸びるスリットではなく、横方向に入るスリットに目先を替えると金属的バイトが!!

 


マックスセントクリッターホグ4(サウスアフリカンスペシャルカラー)でキャッチ!!

フックは3/0でセッティング、1オンスシンカーとのコンビ。

 

磯場の印象としては例年に比べ、昆布の生育がイマイチ・・・磯枯れがすすんできているのか心配になります。

 

 

水面に見える海藻際には魚が少なく、一段下の偏光ごしに見える水中ストラクチャーについている魚の活性が高かったです。

こんな視点も大事ですね!!

 

 

マックスセントパルステール4.2(サウスアフリカンスペシャルカラー)でヒット♪

 

 

ちょっとしたシェードや小場所のチェックを忘れずに!!1匹多く楽しめるはずです。

 

パルステール4.2はリフト&フォール、スイミングあらゆるアクションで大活躍!!

 

 

磯場の全体をある程度キャストし、折り返しは波動やルアーパワーを上げるため1.2オンスチャター+パルステール4.2をセット!!

カラーはアイナメに特に強いカモカラー!!

これが正解だったようで・・・

 



 

コンディションの良いグッドなアイナメをキャッチ!!気持ちいい一匹になりました♪

 

磯ロックは綺麗なロケーションで釣りを楽しめますが、危険が伴う部分もあります。

できれば複数人で入釣し、潮汐を確認の上、楽しんでもらえたらと思います。

勿論、ライフジャケット、携帯、マックスセントなどは必須ですよ!!

これからは虫が多くなりますので、できる限り肌を出さずにフィールドへ。

 

 

タックルデータ

ロッド  : ロックスイーパー80EXH(レジェンドロッカー)

リール:  レボビッグシューターコンパクト

ライン :  バニッシュレボリューション16lb

シンカー: 28gタングステン中心

 

]]>
ピュアフィッシング
本命? https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjc2v4wusx 2020-06-17T23:59:00+09:00 三道 竜也の釣行記 6月マゴチ編


釣行日  5月下旬

釣行場所 東京湾 港湾部

気温   25度

風速   3m

 

使用タックル

ロッド  : ソルティーステージPRMフェニーチェ「SPBS-702M-TZ」

リール : レボ・MGエクストリーム 3000SH

ライン : スーパーファイヤーライン・ウルトラ8 1号

リーダー :  バニッシュ・レボリューション 20lb

使用ルアー : パワーベイトSW T-テイルシャッド3.7インチ

 

春先から色々と考えては試し、やっとおぼろげながらも見えてきたマゴチゲーム。

ポイントや習性等は分かってきたけれどイマイチ分からないのが

「ルアーやアクションの好み」

ボトムのずる引きが良い日もあれば

ワインドの様な激しいジャークが圧倒的に良い日もあった。

ルアーのカラーも自分が悩む要素で、まだまだデーターが足りない・・

そこで今回はルアーのタイプとカラーの差を試す目的ためです。

 

天候は晴れ。しかし前日に降った雨の影響なのか多少白く濁っている。

水深は5mで風もないので25gのジグヘッドに

アピール力のありそうなT-テイルシャッド3.7インチの

オレンジクリアーゴールドをセット。

ずる引きにリフト&フォール等、色々と試してみるも全く反応はなく

数時間釣りしても釣れたのは40センチ位の可愛いセイゴのみ・・

 

前日の雨で濁りだけではなく水温も下がってしまったのだろうか?

とにかく反応が無さすぎる・・

水温の低下で深場に移動した可能性を考え5mラインから7mラインへと移動。

暫く釣りをしているとフォール中にバイトの様な違和感を感じフッキングしたものの

フックアップには至らずチェックするとワームには細かいキズが付いていた!

本命っぽい反応にテンションも上がる♪

ここでT-テイルシャッドのカラーをパールホワイトに変更してみる。

 

数投した後、一度着底させたリグをボトムから跳ね上げた瞬間

「ガツッ」と固いバイト!

フッキングすると下に突き進む様なファイト。

ゆっくり浮かせてランディング。

まさかのヒラメにびっくり(笑)

 

リグは丸呑み。

 

確かにエリア的にヒラメも居る場所。

ファイトを思い返してみてもマゴチ特有の首をを振る感じがなかったし・・

本命と同じくらい嬉しい外道でした。

 

結局この日はマゴチの姿を見る事は出来ず

まだまだ多くの課題を感じる一日となりました。

 

マゴチはこれからがシーズンの様なので暫くは通い詰めてみようと思います。

 

それではまた次回・・

]]>
ピュアフィッシング
ALXθの手感度でテンションを抜く!?マイクロベイト付きのシーバスを攻略♫ https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjceppgy5x 2020-06-15T23:59:00+09:00 どーも!
兵庫県の岩崎です。
梅雨入りしましたね♫
私は雨の中釣りをするのはそこまで好きじゃないので、早くも梅雨明けが待ち遠しいです(笑)
釣りも限られますしね〜
 
そんな梅雨時期!
雨の恩恵といえばシーバスですよね♫
特にこの時期はマイクロベイトにつくので、繊細な釣りがハマれば連発する楽しい季節です!
 
今回も仕事終わりにで子どもたちを寝かせ
眠い目こすりながら現場へ到着!
 
狙いの潮位ではないので、草むらの中で反応が出るまで待機
 
スコーロン着てるから虫も気にならず非常に快適です

 
ブレイクの上に待機するマイクロベイト達が、潮位が上がることで安全圏がなくなり、広範囲へと散らばっていく。
 
散らばるのを待っていたかのようにシーバスが捕食を開始する。
とても効率のいい行動ですよね♫
 
まずはブレイクを絡めてシンペンを投入!
 
流れの変化を感じながら、ここぞってところでリトリーブをクイッと早めて止める!
 
コツンとしたアタリ!

 
かわいいサイズだが1本目♫
 
さらにブレイク周りで続けると

 
もういっちょかわいいサイズ!
 
あれ?
アベレージが小さいなぁと思ってたら
今度は吸い込まれるようなフワッとしたアタリが
エラ洗いをかわしてネットイーーン!!

 
 
うほっ!!
丸呑みやん!!



 
 
使用したタックルは
 
Rod  : KR-X Seabass SXSS-712LS-KR
 
Reel  : Revo ALXθ3000SH
 
Line : スーパーファイヤーラインウルトラ8 1号
 
Leader : バニッシュレボリューション7lb
 
最近メインで使っているALXθは巻きがなめらか♫
小さいシンペンでも流れの強弱がはっきりわかります!
シーバスだけでなく、ライトゲーム
いろんな釣りでアドバンテージになりますよ!
個人的にガンメタボディにゴールドベールの組み合わせは一番好きなデザインかもしれません!
 
是非とも店頭で触ってみてください♫
 
よーし!
今夜も出撃だ!!
 
ではでは〜

 ]]>
ピュアフィッシング
アコウ炸裂マックスセント‼️ https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjchgmbbk4 2020-06-14T23:59:00+09:00 香川の津馬です。

瀬戸内は、只今アコウ本番のシーズンを迎え、ポストスポーンを迎える手前のプリの個体が増えて来ています❗️
なので、最も大型が狙える時期と言えるんです^_^




昨シーズンから、使い続けているマックスセント クリーチャーホッグ、通称キブリ‼️

アコウには、サイズ感が大きいのではないかと言われていましたが、全くそんなことはなくバンバン、バイトして来ます^_^



今シーズンの中心的に使ってるワームは、パルステール‼️
昨シーズンのヒラメでも結果を出しているので、アクションを変えてアコウにも…



潮加減で、活性の低いアコウにはフォローで、フラットノーズミノー❗️


ゴキブリだけじゃなく、パルステール、フラットノーズミノーも今シーズン大活躍中でーす^_
 
タックルデータ
Rod     ; ROCK SWEEPER   ERSC-71EXH
Reel    ;  REVO ELITE IB ROCKET9
Line    ; Super Filreline Ultra8  1.5号
Leader ;Vanish Revolution 20lb
Lure   ;PowerBait MaxScent パルステールフラットノーズミノークリーチャーホッグ

 ]]>
ピュアフィッシング
【ガルプのイソメがリニューアル!?】ファンジグで早速シーバスゲット♫ https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjcgrprafa 2020-06-13T23:59:00+09:00 どーも!
兵庫県の岩崎です♪
ガルプ!イソメシリーズのパッケージがリニューアルされますよ!
ピュアさんからサンプルが届いたので早速使ってきました!
ガルプ!イソメとは?

ガルプ!イソメHP
もう説明はいらないかもしれませんが(笑)

ガルプブランドから発売されているソフトワームで虫エサが触れない・・・そんな方でも餌釣りを楽しめる凄いやつですね♪
前回のリニューアルでマテリアルがぷにぷに・もちもちな質感に変化し匂いだけでなく、動きでもさらにアピールしてくれる釣れ釣れ仕様となっています。
アジやメバルにキス・カサゴとターゲット選ばず、とりあえずなんか釣りたいよね~という方にもピッタリかもしれません。
サイズ展開は3タイプ!


ちょい投げのキス針でもセットできる【細身】から 太身 → 極太までラインナップされています。
極太であれば、シーバス用ジグヘッドでもセットできるのでなんでもいけちゃいますね♪

早速実釣へGO!!

ほんとはね・・・
カヤックで日本海に行く予定だったんだけど
極太でアコウ釣って~
細身でキス釣って~って予定だったんだけど
まさかの強風で中止!!涙

無理やり地元で出てみたものの風が強くて、ポジションキープができない。
ただの筋トレでした(笑)
なので夜中にランガンしてきました!
自粛明け以来のシーバス狙いだったので、状況わからず右往左往・・
ベイトっ気があるところを発見したので、狙いの潮位になるまで仮眠。
今月発売予定のファンジグにイソメ極太をセットしてキャスト!
足元ピックアップ寸前でドン!
KR-Xシーバスのソリッドだったので、弾かずそのままフッキング!
横移動して、エラ洗いをいなしてそのままネットイーーン!



ヒットルアー:ファンジグ3.5g+イソメ極太

Rod  : Salty Stage KR-X Seabass SXSS-712LS-KR
Reel :  Revo ALXθ3000SH
Line  : スーパーファイヤーラインウルトラ8 1

可愛いサイズだけど嬉しい1本!
ALXθも滑らかで相変わらず快適な釣り心地です!
イソメは安定の釣れっぷりなので、今度は子供とハゼ釣りでもいいなぁ~
いろいろ楽しみたいと思います!

新パッケージは8月を予定しております。
是非店頭でご覧ください!

ではでは~

]]>
ピュアフィッシング
潮位が高い時には!【#湾岸パトロール フリーリグ編】 https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjckok3rvm 2020-06-12T23:59:00+09:00 皆さんこんにちは!名古屋市在住フィールドスタッフの磯村です。今回も名古屋港エリアから湾岸パトロールレポートをお届けします。
 
新型コロナウィルスの影響で釣行を自粛していましたが、近場だけの釣行を解禁としてロックフィッシュに遊んで貰いに行って来ました。
 
当日はちょうど日没と満潮が重なる潮周りでナイトゲームにはバッチリなタイミング。
久しぶりだからアレを試してみたい・コレも試してみたい、と悩みに悩んで…
当日の潮周りは大潮で、昼間の干潮が10cm・夜の満潮が241cmと干満の差が大きく、潮位が高いタイミングにエントリーするなら大きな縦のアクションに反応が良いと考え、フリーリグを使ったリフト&フォール縛りに決定!
 
満潮止まりにエントリーして、沈んでいく夕日を見ながら潮が動き出すのを待っていざスタート。
 
まずは近くから探る為、立ち位置近くに軽くキャストします。
魚は案外岸辺近くに付いている事が多く、最初からいきなり遠いポイントを探るより立ち位置の足元付近から探った方が反応良い場合があります。
 
セットしたリグはスイベルシンカー10.5㌘にフリーリグベイト4.6㌅。




 
 
そして1投目、着底から大きくリフトさせて再びフォール。
その動作を繰り返す事数回で狙い通りヒット!
 



 
その後もクロソイが釣れ続けますがクロソイだけでなくタケノコメバルも交じり、かなりの高活性でフリーリグの集魚力に手応えを感じずにはいられません。
 



 
4.6㌅と比較的大きいサイズのワームなので食いが悪いかな?と思い、ダウンサイズのワームも準備していましたが、予想に反してバイト連発の為に使用せず、使用したのはフリーリグベイトオンリーでした。
 

 
自粛期間を経て久しぶりにロッドから伝わる感覚を堪能しましたが、翌日も同じポイントで同じパターンを楽しんでしまいました。
 
フリーリグを試すにあたりベイトリールを用いるかスピニングを用いるか。
本来ベイトリールの方が感度が伝わりやすく合わせやすいのですが、今回は流れが速く潮位が高いタイミングなので、着水から一気にボトムまで落とさないと流されて狙いたいポイントからずれてしまうので、ラインスラッグを出してフリーフォールさせる為にスピニングを用いました。
 



 
使用タックル
◆ロッド :Eradicator Rocksweeper ERSS-811MH- The’’ARTISTA ‘’(アルティスタ)
リール :RevoALXTHETA2500SH
ライン  :SuperFireLine0.8号+16lb
ルアー:Berkley PowerBait Free Rig Bait4.6inch
              Berkley Swivel Sinker3/8oz(10.5g)
 ]]>
ピュアフィッシング