Pure Fishing Japan SaltWater BLOG https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) 始めました。 https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjci669w26 2021-05-06T18:00:00+09:00  

三道 竜也の釣行記 4月キビレ編

 

釣行日  4月中旬

釣行場所 東京湾 河口部

気温   18度

風速   5m

 

使用タックル

ロッド :ソルティーステージKR-Xシーバス「SXSS-712L-S-KR」

リール :ゼノン 2500MSH

ライン :スーパーファイヤーライン・クリスタル 0.8号

リーダー: バニッシュ・レボリューション 14lb

使用ルアー: バークレイ・パワーホッグ3インチ

 

昨年辺りからチラホラ耳にする様になった

キビレをフリーリグと呼ばれる誘導式のオモリにワームをセットしたリグで狙う

通称「ボトムチニング」

 

今までは特別興味が沸かなかったのですが

仲間が挑戦したところ結構奥深くて楽しいとの事だったので

良くマゴチで行くエリアの近くみたいなので

最悪マゴチ釣れば良いやと軽い気持ちで挑戦してみました。

 

ボトムチニングで狙うポイントは水深5m前後の比較的シャローで

理想は砂地にカキ瀬等のハードボトムが絡む場所が有望らしい。

恐らく餌となる甲殻類の関係かな?

 

釣り方は基本的にボトム付近をズル引きする事みたいで

条件によって止めたりフワフワとロッドアクションを入れたりする方が

良い時もあるらしい。

幸いこのボトムチニングに有名なエリアはマゴチ狙いや

コノシロパターンのシーバスで良く訪れるエリアなので何とかなるだろうと楽観。

ポイントに到着後、早速始めてみるが全然釣れない・・

釣れないどころかバイトすらない状況。

上手い人は10枚とか釣ってくるので、

これは何か間違っている気がする・・

よく考えるとボトムをずる引きしていて泥っぽい感じの場所しか攻めてなくて

カキ瀬の様な固い所は攻めて無い事に気付く!

ならば「カキ瀬を攻めよう!」と考えたけどピンポイントでは知らない・・

この広大なエリアでカキ瀬の場所を探す事から始める。

ただ闇雲に探していたら時間が足りないのでまずは地図と睨めっこ。

経験上カキ瀬は流れが緩く泥が体積してしまう場所には少なく

岬状の地形やブレイクライン、沖のストラクチャー周り等の

潮通しの良い場所に多い気がしている。

地図を見ながら川筋に張り出したシャローフラットがあったので移動

魚探を見ると水深は約3m。

10gのシンカーにパワーホッグで組んだリグをキャスト。

ボトムをズル引いてみると「ガリガリッ」と固い感触!

そしてリトリーブを止めた瞬間に「ガツッガツッ」と鋭く固いバイト!!

慌ててフッキングしてみるが掛からず・・

ワームを見るとパワーホッグの腕の所に点状の噛み跡が付いている!

 

マゴチでもフグでもない、この噛み跡は恐らく本命のキビレ

しかしこの後も2回同様のバイトが出たがフッキングには至らず・・

そう言えば仲間が「漂う様なフワフワ感も効く」と言っていたので

ウキ止めゴムを付けてシンカーがワームにくっつかない様にしてみた。

 

再びリグをキャストして気持ち早めにリトリーブしていると

「ガツッ」とバイトが出たと思ったらいきなりロッドを引っ手繰る様に走り出す!

スピード感のある鯛系ならではのファイトをいなして浮かせると

やっと待望のキビレ!!


 

 

シーバス狙いの外道で釣れると何とも思わないのに

狙って苦労して釣ると何と嬉しい事か(笑)

もっと簡単に釣れると思っていたけど結構奥が深くてビックリ!

しかし今回疑問に思ったのが

 

①基本リトリーブの釣りなのに何故フリーリグなのか?

シンカーが離れる事でノーシンカー状態のフォールが売りのリグなのに・・

これなら直リグやジグヘッドのスイミングの方がメリットがありそう。

 

②ベイトタックルでボトムチニングする方が多いけれど

フォールを掛ける訳でもなく広範囲を線で探るこの釣りでは

単純に飛距離の安定するスピニングの方が良いのでは?

 

今後上記2点をやり込む事で解明していきたいと思います。

それではまた次回・・

]]>
ピュアフィッシング
沖縄の三寒四温を定番ルアーで感じる https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjcrf4n9er 2021-04-26T23:59:00+09:00 そもそも、沖縄に来始めたのはもう10年近く前、バスフィッシングのオフシーズンに”常夏の”沖縄なら、楽しい釣りができるかな、と言う発想だったのですが、それはとても安易で(笑)
沖縄もやっぱり冬は冬、そして今の季節感は冬から春へ変わっていく時、です。
そんな海に出続けていると、三寒四温に近いような、厳密には荒れて季節が戻って、穏やかで季節が進む、と言う感覚があるのですが、この1ヶ月は割と荒れ続き。
ちょっと季節が戻る感じもあって、3月まで今年の春は早いなー、と思っていたのが、やっぱり季節なりに落ち着いてきました。
 
そんな「三寒四温」的な(三荒四温?)季節感の推移を感じていくには、こちらもアンテナが一定にきっちり立っているのが大切で、それが自分の基準となる釣り、となるわけです。
その基準となる釣りに欠かせないと僕が感じているのが、こちらでもしばしば書いている「マイクロジグフラット」そして、荒れ気味の最近はこれに「ショアスキッドジグ」が入ってきています。
どちらも共通するのは、底が取りやすく、強めにしゃくると短い距離でしっかりと水を動かして、ヒラヒラと落ちるフォールでいい仕事をしてくれること。
これが底付近に居て、上向きの目線で餌を追うタイプが多い沖縄の魚に対して、間違えのないアプローチになってくれます。
ここから始めて、例えば魚の活性が良ければ、もっと早く逃したりフォールさせやすいタイプのジグにしたり、メタルバイブレーション系でスイムを長くしたり、さらに底を取らずに中層や表層に誘い出したり・・・と、一番釣れる釣りをわざと外すことで、違う魚種や、より大きな魚を狙う、といった展開も視野に入ってきます。
そして狙ってみて、何かピンとこない時には、もう一度、基準となる釣りに戻ってみる、といった形にすると、海の感じを感じながら展開を一つづつ深めていくことができます。
 
両方の違いは、厳密にはあるのですが、シンプルにはマイクロジグフラットは14gまでなので、大きさの使い分け。
荒れ模様だとスキッドジグで20gや30g、荒れ具合によっては水深20m程度でも60gを使ったりしています。
(荒れる中でスキッドジグ60gにて、荒れている時、どうもこの色、釣れる気がします。)





                 
 
ただ、荒れる中でもマイクロジグフラットで丁寧に釣った方が明らかに反応がいい日もあって(もちろん逆もある)、マイクロジグフラット、もっと重めのところもあると面白いのになー、と個人的には思っています(笑)
(荒れる中で水深25mをマイクロジグフラット14gにて、ヒメフエダイ)
 


 
釣り方は最初のフォールからいい仕事してくれるようにテンションを張りすぎず落としていって、着底後、すぐに少し高めの位置まで誘い上げて、からのフォールが一番の狙いどころ。
高い位置で当たったり、釣りがあってきて、しゃくっている途中で当たったりすると、いい魚の率が上がってきます。
(お客様に良型のアカジン=スジアラ、マイクロジグフラットにて)


 

(こちらもマイクロジグフラット、ファーストフォールから誘いあげている途中にイソマグロ がひったくりました、60センチちょっとですがライトゲームには格好の相手です)

  
逆に難しい時は、糸ふけ多めでしゃくって、動きのキレは出しつつも、上に逃げすぎないようにし、またしゃくる回数も減らして魚が追い切れるようにします。
こう言った、こちらの意図をちゃんと反映できるマニュアル性もまた、この手のルアーの良いところです(使い手によって差が出る、とも言え、それも面白いところです)。
 
 
もう少し時期が進むと「好きなルアーで釣りたい」「新しいルアーを試したい」と言った釣り人の思いにも比較的幅広に答えてくれる沖縄の海でのシャローゲームですが、
そんなアプローチにおいても、釣れる釣りの核心を掴んでおくことも意味があるはず。
同時に、海では思わぬ難しい日にあたることもあるわけで・・・定番どころも、抑えておいていただけましたら、楽しい釣り、いい釣りにできる率が上がってくるはず。
もちろん僕にとってはとても大切なルアーで、お客様に海の感じをお伝えするのに欠かせないアンテナとして、四季を通して、タックルボックスから切らさずに海に出ています。
 
 
  • 使用タックル -
1) マイクロジグフラット14g, ショアスキッドジグ20/30g
ロッド  :エラディケーター パワーフィネス 710MLT-TZ
リール :Revo Rocket 3000
ライン  :スーパーファイヤーラインカラード 1号/リーダー20LB
 
2) ショアスキッドジグ40g/60g
ロッド :シェイクスピア アグリースティック(改)6.6ft
リール :Revo Beast Rocket
(ハイギアによる巻き取りの速さと力強さの両立、この大きさのリールとしては特筆ものです)
ライン :スーパーファイヤーラインカラード 1.5号/リーダー30LB
 ]]>
ピュアフィッシング
久しぶりに・・( https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjct3beat4 2021-04-21T23:59:00+09:00  

三道 竜也の釣行記 4月メバル編

 

釣行日  3月27日

釣行場所 千葉県 港湾部

気温   11度

風速   2m

 

使用タックル

ロッド : エラディケーター・リアルフィネス「ERFS-62LS-EXF-CMG」

リール : レボ・MGエクストリーム 1000S

ライン : マイクロPE 0.3号

リーダー: バニッシュ・レボリューション 5lb

使用ルアー: ガルプ!ベビーサーディン2インチふわゆら1.25g

 

ここ数年は育児の関係で中々夜にしっかりと時間を取る事が出来なかったけれど最近やっと少し時間を取れる事が増えてきたので

久しぶりにナイトゲームに行ってみる事に・・

 

最初に向かったのは潮通しの良い沖に面したストラクチャー

常夜灯が海面を照らす「いかにも」なポイント。

 

まずは定番のガルプ!ベビーサーディン2インチにジグヘッドは流速感度の高い「ふわゆら」1.25gをセット。

シーバス同様、メバルも基本的には明暗があれば暗い方に潜み

明るい中へ入ってくるベイトを待ち受けているので流れの方向を計算してキャストして明暗の境を通過する様にリトリーブする。

光が落ちている所からルアーが明暗部の影に入った瞬間に「ギラッ」と魚が反転するのが見えたのと同時にティップが入ったのでフッキング!

キュンキュンと下に走るファイトを楽しんでランディングしたのは

個人的に結構久しぶりのメバル

 

明暗の境で数本釣ると反応が無くなったので次はキャストして数秒沈めてから細かいトゥイッチをしながらのリフト&フォール

「チョンチョン」と2から3回細かくトゥイッチしたら

2秒位ラインを張ってカーブフォールさせる。

イメージとしては跳ねて逃げるエビみたいな感じ。

明暗の境付近でトゥイッチしてからのカーブフォール中に

「ツンッ」とバイトが出たのでフッキング。

 

リトリーブするだけでは反応しなくなったポイントでもトゥイッチを入れる事で再度反応が出る訳ですからレンジを替えたり、リアクションを狙って行くのも重要ですね。

 

暫くポロポロとメバルを釣りながらストラクチャー沿いを移動していくと100m位先の明暗部でボイルらしき飛沫が見える気がする!

急いで近づくと常夜灯の明かりに集まるイワシ?らしきベイトに

辺り一面ボイルが起こっている!!

魚探の画面も真っ赤になるほどの反応。

 

とりあえずロッドに付いていたベビーサーディンをキャスト。

着水と同時にロッドが引っ手繰られる!

豪快なエラ洗いにジャンプを繰り返すのは・・

やっぱりシーバスでした♪

 

このボイルしているシーバス達は完全にイワシに狂ってしまっていて何をキャストしても食ってしまう・・

それこそラインが絡まって回転するミノーにまでバイトする始末なので流石にこれではゲーム性も無くなってしまうので、これ以上はキャストせず今回は終了としました。

 

長かった冬も終わり水温も上昇した事で多くの魚が動き出したのを強く感じる事が出来ました。

これから先のシーズンが本当に楽しみになりますね!

 

それではまた次回・・

]]>
ピュアフィッシング
爆風の春告魚 https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjcnb9ztsj 2021-04-19T23:59:00+09:00 皆さんこんにちは

 

北九州在住 フィールドスタッフ 若松です

 

ここ1か月毎週末雨・風と悪天候続きで思ったような釣りが出来ていない状況です。

 当日も東風が残っており、風裏を探しながら地磯へメバル狙いに行ってきました。

 

先ずは表層を意識している個体ををフロートリグで誘います。 

2時間ほどランガンしながらサーチしていきますが全く反応がありません。

 

ここで狙いを中層・ボトムに変更、タックルも

 

ロッド SALTYSTAGE KR-X Mebaru SXMS-832LT-KR 

リール Revo PRM 2000SHに変更です

 

先ずはソルティーステージ ウオペンでサーチ

スローリトリーブし時折ストップ、水平フォールさせてボトム付近に差し掛かると明確なバイト、24センチのメバルでした

 

しかしこの後無反応だったため、バークレイ ふわゆら2,0gのジグ単にルアーチェンジ 

中層をストレートリトリーブするもバイト無し 

ボトムのスリットに身を寄せていると想定

 

ワームをGulp!Saltwater Baby Squid 1.8inchをセットしキャスト後ボトムをとり、ロッドを立てた状態で、時折ボトムを感じながらスローリトリーブさせると微妙なバイト

 

アワセを入れキャッチしたのは23センチのメバルでした



 

このパターンで同クラスを数匹追加しこの日は終了しました

天候の影響で攻めれないポイントが多かったのですが、メバルの顔が見れて一安心です。

 

色んな状況に対応できるように、ジグヘッドのウエイト、ワームの種類、プラグetcと持参して釣行に臨むことをお勧めします

 

]]>
ピュアフィッシング
西表島にてマングローブ・フィッシングを経験 https://www.fimosw.com/u/purefishingsalt/da3afjc93m6ekg 2021-04-09T17:00:00+09:00 今回も、ホームの海を離れての釣りを学んだお話です。

先日、少し時間に余裕のできたタイミングで、ひとり、西表島へ行ってきました。

ずっとやってみたかった、マングローブのカヤックフィッシングが主目的です。

 

お世話になったのは、「マリンボックス」さん、宿とカヤックのガイドとをお願いしました。

ガイドの深谷さんがご案内いただいた初日の川は、河口付近は広くて岩盤と広いフラットがあり、中流はマングローブ中心、さらに上流になると木のオーバーハングや倒木が出てくる、1日の中でいろんな景色や狙い方ができる川でした。

 

下流から釣りあがっていく形で、まずは水も多く広い地形、スピニングで遠目からルアーを入れる形で、雰囲気的にチヌ主体に狙ってみました。

沈めると反応がいい・・・という話もうかがっていたのですが、やはりあまりに景色・雰囲気が良くて、トップウォーターをチョイスしてしまいます(笑)

すると、小さいポッパーではいろいろな魚種の反応。ただし、乗せきれない。

初めてなので、焦ることもなく、景色をいろいろと観つつ、反応は少なからずあるので、ルアーは基本、そのままに観察していきます。

 

晴れて、引き潮で川が流れはじめて、魚はカバー(シェード)の中から上流側を向いてる感じだなー、ということで、途中からはその目線の一番良いところに一発目に投げるのを意識。

あとはマングローブが増えてきて、ボートポジションも近目になってきているので、植物の奥に入れやすい、ベイトタックルと大きめのスイッシャーを選択。

オーバーハングと木の根と絡んでいるので、できるだけ3次元にキャストコースを考えながら、奥に奥に入れていく・・・だけでも楽しい ^^

またそれができるのは、マリンボックスさんのカヌーがサイドフロート付きで、立ち上がって釣りができる=サイドハンドキャストやフリップキャストも交えられるから。

僕がバスフィッシングを覚えた、牛久沼の釣りを思い出してしまいます。

とは言え、人工物が一つもなく、鳥や虫の声が途切れない環境はもちろん、初めての素晴らしさですが。

 

 

 

そんな風に、久しぶりに、ただただ釣りに没頭していたら、重低音の破裂音・・・で40cm弱のマングローブ・ジャックが来てくれました。

ナンヨウチヌ・ミナミクロダイや30cmにもなるホシマダラハゼ、テッポウウオ!という魅力ある魚種がたくさんと聞いていた西表ですが、僕はマングローブ・ジャックをメインにしていたので納得の一匹。

 

 

 

また、釣れ方のイメージもさらに湧いてきたところで、小さな倒木の上流側にきっちりプレゼンテーションして、ジョボ、ジョボ、っと動かしていたスイッシャーに赤い影、そして、さらに一回り大きな重低音!

48cmのマングローブ・ジャックを引き出すことができました、かっこいい魚体に大満足です。

 

 

 

 

さらに昼食を挟んで、上流域のオーバーハング下の岩盤に、小さめの魚の群れを発見。

ここはスピニングタックルに軽めのスプーンで、バタバタっとまとめ釣り。巻いてくるより、ロッドでリフト&フォールするとフォールに当たってくれて、それをラインの変化で合わせていきます。


 

 

チヌに小さめのマングローブジャックに、しばしの入れ食い。

帰り際に河口域でも魚を追加して、大満足なDay1でした。

 

Day2は、どんな組み立てにしましょう・・・と、相談してくれるガイドの深谷さん(こういうのは嬉しいですね)。

魚は十分に釣っていると感じていたので、迷わずに「ビッグフィッシュ狙いで」と答えて、じゃあ、大きな川に行きましょう、難しいですが、大きいのはいます、ということで二つ返事でそれに決定。

そして、翌朝は、沖縄県で最大の川「浦内川」へ。マングローブもあるけれども、アウトサイドの良さそうな地形は岩盤になっていることが多い。

何より、確かに、広い・・・これは牛久沼というより、利根川の下流だな、魚探すのが大変だ・・・ということで心してDay2の釣りをスタート。

 

しかし、支流でチェイスがあったりしながらも、この日は大苦戦です。

僕自身が西表に来てから、朝夕もオカッパリでずっと釣りしていた(とても良かったです、何かの機会に書きます)疲れもあり?

こちらのミスも含めて、また道具立てが、この川にはちょっと合ってないかな、もあって、獲れる魚もミスしたりで、午前中はノーキャッチ。

お昼ご飯食べながら、ここまでの展開を振り返ってみると・・・

どうも、「広域で魚を探しにくい分、昨日良かったトップウォーターで魚を引っ張りながら釣る」という午前に試した基本的な戦略を見直した方がいいな、と頭を整理。

流量がとても多い川なので、触っても水が冷たいし、前日に比べてルアーを見に来る魚があまりに少ない=いくら流域が広いとは言え、釣りが合っていない感じがしました。

 

釣りを、まずは間違えのなさそうな釣り、かつ、魚を呼んで、食わせる間がある釣り(季節的にも、昨日のトップやスプーンでの釣れ方を考えても)、ということでポーズを交えたミノーのジャーキングを主体に。

まずは、上流域で、岩陰に魚影を見かけてすかさず入れたミノー、ワンジャークで良型のオオクチユゴイが迷いなくバイト、キャッチ。

それも材料に釣り降っていく中で、潮が変わって上げ始めた流れが当たるアウトサイドベンドの岩盤の地形、ジャークを一度二度、ポーズから三度目のジャークに移るところで、ルアーをひったくって、流れにのって下へ力強く突っ込んだのは45cm級のマングローブ・ジャックでした。

反省点もある釣りでしたが、ビッグフィッシュを狙いに来て一匹獲れたこと、そして「西表島のマングローブフィッシング」と言っても色々だ、という経験値が少し得られたこと、納得でした。

 


 

その色々、の中でまず今回に気づいたこととして、川によって規模感や狙うものが違う傾向があり、伴ってタックルセッティングもざっくり言って2種あると快適に釣りができそうです。

1) マングローブや川の上流域、それに支流と言った、10m前後の近距離の難しいカバーにサイドキャストやフリップキャストで入れていく釣り用のもの

2) 下流域や大河川などで、主に岩盤や大岩にオーバーハングなどが絡むものを20m程度の距離から、オーバヘッドで狙っていく釣り用のもの

 

今回は事前情報から1)のセッティングを意識して持っていったつもりで、その状況にはとても使いやすかったです。

メインタックルは、

ロッド   : バスフィッシングのフロッグ用6ft.

リール  : ディサイダー7

ライン   : ナイロン20LB(難しいキャストをしてもトラブルが少なく、また植物に糸が触っても絡まりにくい)

 

これが、2)だと、ロッドは少なくとも6.6ftくらいはあった方が快適に釣りできますし、川の流れも重たくて糸が取られるので、PEで組んだ方が良さそうです。

短め、強めのスピニングで組むのも効果的かと思います。ボートシーバス用など最適ではないかと・・・

さらにまだ僕がみていない景色や、違う対象魚(チヌ、テッポウウオ・・・)を入れて考えると、いろんな話が出てきそうですが、それはまた次回のお楽しみ、にしておきます。

サイドフロート付きのカヌーの良さは、数タックルを持ち替えながら釣りができるところにもあるので、次回は、これらの材料を試しにも行きたいと思います。

 

それにしても、ジャングルの生命感に溢れる、それでいて僕には馴染みやすい、いい雰囲気の島でした、宿の環境や食事もとても良かったです。

https://www.marinebox.net/?fbclid=IwAR28X-Mc-QqQeEW4ijP44omQqLYR0zFleBwRziK2PY48AsH7W7AV7GYRjmM

また、環境が整えられたところで、足を運ぼうと思います。

川も海も、まだまだ見てみたい場所でした。

 

お読みいただいている皆さんの何か参考になりますように。

今、私たちが行動できる環境は人それぞれと思いますが、そんなに遠くなく、沖縄の海でお会いできる日もあると嬉しいです。

 

中村 大介

]]>
ピュアフィッシング