プロフィール

山﨑航希

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/5 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

ジャンル

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:40
  • 昨日のアクセス:168
  • 総アクセス数:221505

QRコード

続・細いラインで釣りをする。

みなさん、こんにちは。


港湾のクルクルバチも始まり、ハクボイルも多数のポイントでみられていますね~!!

ハクボイルは釣りにくいパターンではありますが、あのボイルを見ると自身の活性も上がりますよね。(笑)

楽しみな時期になってきました♪

そして、残り少ないメバルシーズンも、まだ堪能できそう。

行ける日を選らんでいきたいと思います。

そろそろ、アジの調査も行きたいところ・・・。

アジング様にヴァンキッシュが欲しいなあ・・・。

物欲は止まりません。(笑)


一週間ほど前、ブログで上げた。
細いラインで釣りをする
https://www.fimosw.com/u/nyakky/gmjgmnbzfzjvx8

こちらで、細いラインで釣りをすることのメリットを書かせていただきました。

その後も釣行を重ねたので、現在細いラインで釣りをしていて感じたことを書かせていただこうと思います。


やっぱり、飛距離は出しやすい
現在自身が釣行する中で、メインベイトとなっているのはハク
やはり使用するルアーは、軽量なものが多くなる。

バチで使うようなルアーも使用しますしね。

運河や小場所ではそんなに飛距離について感じることはありませんでしたが、中規模河川のオープンエリアでの釣りに関しては0.8号を使用していた時より飛距離は安定して出るというのが現在の感想です。

もちろん、無風に近い状態から5mクラスの風まで使用しましたが、風が吹いているにしては飛距離は出ていると感じている。


ラインメンディング
風が強いときは結局ラインははらみます。
ただ太い号数のラインよりはメンディングが容易ということはあります。

軽量プラグが巻きはじめで水面を滑ってしまうということはありませんでした。

ただ、逆に普通のプラグを使用しているときの「ウィンドドリフト」は少しやりにくいかなあ。

というのが正直な感想です。

わざとラインを風にはらませて送り込むようなドリフトは少ししにくい。

また「表層が風に押されて逆に流れているとき」。

そんな時は、レンジの入るルアー(シンペンやバイブレーション)を使うと下の層の流れでしっかり流せるな、といった印象を持ちました!!


強度
やっぱり、ラインが細くなって気になるのが強度ですよね。

大きい魚を掛けたら切れるんじゃないか、少し擦れたら切れるんじゃないか

そんな不安がよぎります。

強引なファイトなら圧倒的に1.0号以上をお勧めします。
0.6号で橋脚の裏から引きはがす等はお勧めできません。

ただし、オープンエリアで、周り(5~10m)圏内にアングラーがいない(知り合いを除く)場合には強度的には何ら問題はなかったです。

先日の79㎝のシーバスも不安なくやり取りしました♪

nosha84ujkfpu22tybjz_480_270-59fa8d3e.jpg

でも、掛けた後やボトムコンタクトするような釣りでは、まめにPEの状態をチェックしてます。


しなやかなロッドが良さそう
私が、このラインセッティングに使用しているロッドは。

APIA Foojin'AD METRO NIGHT86LX

sdtxghhubem98dtrtyxh_361_480-0d355aeb.jpg

積極的にルアーを動かしていく釣りに向いているロッド。

ブランク自体は、癖のない曲がりをしてくれて、かつ、バッドにはそれなりの力がある。

最近の釣行はずっとこのロッドで行っています。

ee9mhmd6yvfx3ktbt6bf_480_321-a402fbc1.jpg

このコイを上げたのもこのロッド。

しっかり曲がって、力をいなしてくれるため0.6号でも安心です。

以前のブログ内でも書いていますが、やはり「ML~Lクラスのロッド」がおすすめですね♪

0.8~1号になると、M~MHクラスでも良いと思います。

これは個人的な考え方ですけどね。


まとめ
今のところメリットの方が多いという意見に変わりはありません。
飛距離、操作性等を考えると今の時期は0.6号で行きたいと思っています。

オープンエリアで、ドラグ調整をしっかりして、ロッドを曲げてファイトすれば何ら問題はありません。

むしろ軽量プラグで行ったらかなり使いやすいライン。

ランカーとゴリゴリのファイトをするポイントには向いてないですが・・・。
自分の今釣行しているフィールドなら使い勝手は良さそうです♪


さて、今日は釣れるかな~♪


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!


◆SNS◆
【Instagram】
【Facebook】
【Twitter】

コメントを見る

山﨑航希さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

バス釣りがシーバス釣りに生きた
4 日前
ふぃーもくんさん

白昼の奇跡とは。
5 日前
渡邉 雄太さん

【コスパ抜群】テイルウォーク…
6 日前
平田孝仁さん

サーフの散逸構造について
7 日前
BlueTrainさん

連休中に和歌山の磯を目指す皆…
14 日前
ねこヒゲさん

僕とは違うリールの買い方
17 日前
ワカメマニアさん

込みと季節、日没、日の出、鱸…
28 日前
こいのぼりさん

一覧へ