2024/4/20(土)イリコ20gの使い所

こんにちは!JUMPMANです!

春の潮回りに変わったこと、さらに気温が上がってきたのでデイゲームが楽しい季節になりました。

湾奥河川にはハク、イナッコ、ボラ、アミ、稚鮎と様々なベイトが入っています。

ただ、先週先々週とシーバスがベイトに付いている感じがしないんですよね…

回遊してきた個体をなんとか1匹拾っている感じ


これだけベイトが入っているならそのうち良くなるはず、ということで湾奥河川で下げのデイゲームです。



満潮時刻を少し過ぎた4時過ぎにポイントへ。

イナッコ、ボラが大量にピチャピチャしています。

もうこの時間でも空は白み始めているんですね。

釣りを始めてから季節の変化に敏感になったなぁと感じます。

暗いうちはミノーやシンペンを中心にローテするもノーバイト。

ルアー交換にヘッドライトが要らなくなくくらい光量が増えてきたらバイブ系で早い釣りに変更します。

たまにボラを引っ掛けながらも、カットバイブ55HWに(おそらく)シーバスがヒット!

すぐにバレてしまいましたが…

その後も続くかと思いきやノーバイト。

明るくなるとボライナッコが遠ざかってしまったので移動することに。



1.5kmほど移動して前週にマゴチを釣ったポイントへ。

流心が近いポイントで流れがかっ飛びやすいですが、この日は潮位差約90㎝の前中潮なので程よい流れ。

ここでも鉄板や樹脂バイブといったバイブ系を一通り試すも反応なし。

ここでブレード系のイリコ20gを試してみることに。

水深は最大でも2〜3mのシャロー帯ですが、浮き上がりがいいので同重量のバイブ系よりゆっくり巻くことができます。

特に流れを当てながら使えばさらにゆっくり使えます。

流れを当てやすいようにややダウンに投げてただ巻きしていると、『ゴン!』とヒット!

これはちゃんと喰ってる!

エラ洗いしないからマゴチかチヌか?

引きはシーバスっぽいが。

5mほど先まで寄せてくるとエラ洗い!

よかった、シーバスだ。

安全にネットを使ってランディング完了。(6:42)



ランディング後にアミを大量に吐き出しました。

アミを喰ってるからバイブの早い動きに反応しなかったのか。

そして相変わらず次が続かず、この後は一回だけ喰ったか引っ掛けたかよく分からないバラしがあっただけでした。

下げ止まり前に撤収となりました。



なんとかシーバス1キャッチでしたが、相変わらず厳しい釣行でした。

ただ、近くのアングラーさんも1匹釣ってたので徐々に良くはなってきているはず。

ハクがもっと増えてくればそれにボコボコライズするシーバスの姿も見られるでしょう。

GWは愛知に帰省するので次にここで釣りができるのは5月中旬です。

状況は良い意味でかなり変わると思うので楽しみにしたいです。

それでは!次回の投稿をお楽しみに!



◯タックルデータ
・ロッド…ALL WAKE 89 MONSTER FINESSE LIMITED(JUMPRIZE)
・リール…23 HYPER FORCE LB C3000MHG(SHIMANO)
・ライン…完全シーバス 0.8号(クレハ合繊)
・リーダー…Seager premium max 14lb(クレハ合繊)

○コンディション
・時間…4:15〜6:15、6:30〜9:15
・天気…晴れ
・風… 北西1〜2mのち北3m
・水温…17℃
・潮…前中潮1日目(満 3:50 153㎝/干 9:41 66㎝)

各種SNS更新中です。以下リンクからご覧ください↓
Instagram
https://www.instagram.com/jumpman_fishing
Twitter
https://twitter.com/jumpman_fishing

コメントを見る