vytfhvwicuba9knthgk8_180_59-87ea59fe.jpg

o5m2bi8wihxzgk8xee8m-44dc6f70.gif


5ifd79yc6zfz8d599ea3-d63d86c6.jpg


プロフィール

赤塚ケンイチ-KEN

北海道

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

アーカイブ

2017年 9月 (12)

2017年 8月 (2)

2017年 7月 (3)

2017年 5月 (2)

2017年 4月 (4)

2017年 3月 (3)

2017年 2月 (3)

2017年 1月 (7)

2016年12月 (12)

2016年11月 (5)

2016年10月 (6)

2016年 9月 (6)

2016年 8月 (6)

2016年 7月 (12)

2016年 6月 (23)

2016年 5月 (6)

2016年 4月 (12)

2016年 3月 (14)

2016年 2月 (16)

2016年 1月 (10)

2015年12月 (17)

2015年11月 (7)

2015年10月 (18)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (20)

2015年 7月 (16)

2015年 6月 (11)

2015年 5月 (20)

2015年 4月 (16)

2015年 3月 (21)

2015年 2月 (21)

2015年 1月 (23)

2014年12月 (16)

2014年11月 (18)

2014年10月 (12)

2014年 9月 (20)

2014年 8月 (18)

2014年 7月 (25)

2014年 6月 (14)

2014年 5月 (20)

2014年 4月 (9)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (13)

2014年 1月 (1)

2013年12月 (7)

2013年11月 (15)

2013年10月 (22)

2013年 9月 (9)

2013年 8月 (18)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (16)

2013年 5月 (18)

2013年 4月 (12)

2013年 3月 (22)

2013年 2月 (22)

2013年 1月 (25)

2012年12月 (14)

2012年11月 (21)

2012年10月 (18)

2012年 9月 (19)

2012年 8月 (16)

2012年 7月 (25)

2012年 6月 (23)

2012年 5月 (22)

2012年 4月 (9)

2012年 3月 (23)

2012年 2月 (16)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (19)

2011年11月 (19)

2011年10月 (15)

2011年 9月 (19)

2011年 8月 (21)

2011年 7月 (20)

2011年 6月 (22)

2011年 5月 (25)

2011年 4月 (19)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (6)

2011年 1月 (18)

2010年12月 (19)

2010年11月 (25)

2010年10月 (18)

2010年 9月 (11)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (14)

2010年 6月 (7)

2000年 3月 (1)

2000年 1月 (3)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1
  • 昨日のアクセス:130
  • 総アクセス数:4978683

QRコード

長尺ベイトロッドテスト セカンドステージへ



現在Fishmanでは複数本のロッドを開発中。


その中でも長尺ロッドは2本。







11.3ftと10.3ft


磯で浜で、100mオーバーの飛距離を狙うベイトロッド

10kgオーバーの魚を狙うベイトロッド





11.3ft
アクションはファーストテーパー

大きめのプラグを軽快に飛ばしたり、ときにジグミノー、ときにメタルジグでナブラ撃ち

対象魚はヒラスズキや青物

j9tyvpp3rf2pmexy5wjf_480_480-122bb2c3.jpg


10.3ft

アクションはレギュラーテーパー

70~80gのプラグを軽快に飛ばしたり、重めのメタルジグを飛ばす

対象魚は青物


9ia3hti3r8mot4mr47od_480_480-0ca77a6c.jpg







「欲しい調子を出す」


という作業は、ただひたすらトライアンドエラーの繰り返し

時間とお金の掛かる作業

fg9e4r8r43gy3gzhbdb6_480_480-c38b0284.jpg

弊社の工場は、その長いトライアンドエラーを数日間に集約できる強みがある。



たとえばコモドベースの11.3ftを作ったとする。


仮位置ガイドセクションをベースにベンドカーブからのパワー負荷を感じ、2、3、4セクションを10%強く

しかし5,6番セクションを弱く、さらに7番を強く





もっとわかりやすく




トップガイドの次のガイドが1番ガイド

1番を10%強く、2番を10%弱く、3番を10%強く、4番を10%弱く




なんていう摩訶不思議なことができてしまう。



ということは、あのガイドとガイドの短い距離だけど、弾性を変えてるということ。




そう、Fishmanロッドは弾性を意図的に操作している

これはバックラッシュが少ないロッドを生むキモ

そして収束スピードをやや遅くしているので、ピン撃ちシュート時アングラーは修正する時間が取れる。




だから長年のキャリアを持つ、釣り師をも唸らせることができる。











その焼きあがったブランクスに仮ガイドと仮グリップを付けて、また外で投げる。曲げる。反発を見る。15kgのウェイトをぶら下げる。破断テストをする。




気になる点を見つけ、また焼き直し。


午後にはまた新しいのが仕上がる。

またテスト。


それを数日間やったら?


ということで、フィールドの理想を聞いたあと、ブランクスを工場で時間の許す限り製品を詰めてくるので、早く理想に近いロッドが出来上がる。




そして僕や、現場のテスターが実際に魚を釣りまくってリリースとなる。



このスピードこそがFishmanプロダクツの要である。






 

コメントを見る

赤塚ケンイチ-KENさんのあわせて読みたい関連釣りログ