プロフィール

ねこヒゲ

和歌山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/7 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:157
  • 昨日のアクセス:59
  • 総アクセス数:259432

QRコード

ベイト初心者によるベイト初心者のためのベイト道 格安?タックル編 その2

どうも、一般的にGWと呼ばれる期間に1日しか無い休みを活かし、磯ヒラに赴くも、メジロ(ワラサ)2匹でヒラさんからのコンタクトは無く、意気消沈のネコ助です。


さて、前回、ダイワが一昨年世に放った格安ベイトリールPR100を実際に購入し、インプレしましたが、今回はそれに見合った(?)格安のロッドをご紹介します。


魅惑の中華メーカーベイトロッド

昨今の世界経済状況が我々小市民に与える影響は大きく、万年火の車のねこヒゲ家には致命的なダメージが蓄積されております。
(磯に行くのを止めたら、幾分かマシになるのでしょうが…)
木枯らしどころか永久凍土状態のねこヒゲのお財布は、PR100を買ったからと言って、ポンとそれに合うロッドを買う余裕はありません。

今のところ、ベイトシーバスをするにあたって必要なスペックは

・7〜8ftのレングス
・キャストMAX40g程度
・マイクロガイドではないガイド
・可能であればマルチピース

となると、どうしても高価な商品になってきます。
私は現在、河川部・港湾部の通常使用では
ロッドはシマノ製フリーゲームXT B76M 
 (7.6ft MAXキャスト1oz の5ピース)
リールは同社製SLX DC



ビッグベイトを使用する場合は
SPRO(ドイツがまかつ)製 SPECTER 
(7.5ft MAXキャスト60gの5ピース)
リールはダイワ製タトゥーラ105TW 


これらを状況によって使い分けております。
ただ、この2つのタックルセットはどちらをとってもリールとロッドを合わせると4万円程しますし、SPROに至ってはドイツからの個人輸入でしか入手できません。
そもそも、4000円チョイのベイトリールを2万円を超えるロッドに載せるのもどうかと思われますし、8ft前後の、ましてやマルチピースでとなるとfishma●さんが我々シーバスアングラーには適するのでしょうが、HPを見ても、とてもとても手が出ません。

何かいいのがないかな…と、amazo●を覗いてみると…。

ん?

このスペックでこの価格!?

レビューに〝サクラ〟みたいな不審な点は無いし…。

この価格ならコケても大丈夫か!

ポチ


どどん!!

出典 amazon内GOTUREストア

ゴチュール エクシード!!
エクシードったら、某●ップルフィッシャーにも似た名前のロッドがありますが…。

スペックは4ピースの8ft、キャストMAX32gと、ベイトシーバスをやるにはうってつけのスペックです。
しかも
価格は驚きの7000円以下!!

セミハードケースが付属し保管や携行にも便利!
(私は使いませんが)
ガイドは、メーカーによるとfuji製ハードガイド。
リング径もそこそこ大きいから、PE2号、リーダー35lb前後をFGノットで組んでもガイド抜けは悪くなさそう。

実は、私はこれを2年前に購入しており、当時はガイドはfuji製ではないものの、価格が驚きの4980円だったのを覚えています。

ただ、シーバスでベイトを使用し始めた頃だったので、色々ベイトロッドを使ってみたいという欲が強く購入したものの、現メインロッドあるフリーゲームを入手してからは、竿置き場の肥やしとなっていました。

さて、そんなこんなでPR100をセットしてみると…。


見た目は悪くないですね。

あと、フリーゲームだと地味に後部グリップが短く、オーバヘッドキャストをする際に難を感じていましたが
5cm程長くなっており、ファイトの際に小脇に差し込む事も可能です。

ただ、このロッドを使わなくなったもう一つの理由として、実際60サイズのシーバスを掛けて、相手に主導権を握られた嫌な思い出があった為でした。(磯ヒラ師として、サカナに主導権を握られる事は、負けを意味します)
あれから2年経ち、ベイトタックルに対する扱いにも慣れた事から、再度使ってみて実質10000円ちょっとのタックルが、どんなものかを再度検証し、未だ初心者の私ですら使えるようなものなら、ベイトシーバスを始めたい。が、その予算があるならスピニングのグレードアップを…と考えておられる全国のお小遣いアングラーの参考になったりするのかな?と思い、シーバスで使用するルアーをキャストし、リールの性能とロッドのアクションを含めた総合的なバランスをインプレしてみます。




次回 〜まさかの裏切り〜



コメントを見る