プロフィール

JACKALL

滋賀県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

ジャンル

最新のコメント

コメントはありません。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:32
  • 昨日のアクセス:114
  • 総アクセス数:18452

QRコード

対象魚

JACKALLシーバスシリーズ第2弾「HIEI-ヒエイ-」

  • ジャンル:日記/一般
JACKALLシーバスシリーズ第2弾として発表された

「HIEI-ヒエイ-」

fbfo2zt3yizfgivjv4xm_480_480-4caeae27.jpg

第1弾の「RAICO 132F」に続くルアーとしてなぜヒエイが選ばれたのか、その開発経緯性能、そして開発秘話などを3回に分けてお話しします。

d49egs4ucwx83zh444t3_480_480-0f51f063.jpg


第1話:開発に至った経緯とルアーコンセプト

シーバスを狙うにあたってやはり釣りやすいパターンといえば
バチパターン」。

地域差はありますが初心者から上級者まで最も釣りやすいパターンではないでしょうか。

とは言うものの、プレッシャーが高まってきているのも事実で、
ボイルがあるのに食わないなんてこともよくあること。

また、バチパターンと一言で言ってもタイミング、地域ごとにバチの種類やシチュエーションが異なることもあり、それに応じた戦略を立てないと痛い目を見る奥深さもあります。

今回は改めてそんな現代のバチパターンにあわせた
ルアーを作ってみようというのが出発点でした。

このルアーを一言で表すなら

「多彩なアクションと広範囲のサーチでバチパターンを
幅広くカバーできるスリムミノー」


u4hk8xd8x5sgfsncop5u_480_480-3068672e.jpg

au6p27vb896s7hy5v6pc_480_480-986e9e88.jpg

もう少し掘り下げると、
様々な状況が想定される
バチ抜けパターンを多彩なアクションで幅広くカバーする。

エキスパートには、状況に的確にアジャストできる武器、
ビギナーにはある程度の操作レベルでも釣果を出してもらえる
ルアーと言うのがコンセプトです。
 
リトリーブスピードや潮流の変化に合わせ引き波アクションから弱々しいロールアクションを伴った30cmまでの
レンジコントロールを駆使し、地形・流れ・ベイトなどの
刻一刻と変化する状況に的確に対応できる対応幅の広さと、
スリムな形状かつフローティングでありながら
50m超える飛距離を実現し、同タイプのルアーでは
攻められなかったエリアもサーチ可能です。
 
ご存じの方が多いと思いますが、バチパターンとはいかなるものか、簡単に説明します。

そもそもバチとは、ゴカイやイソメなど、
環形動物の多毛類と呼ばれる生物の総称で、
普段は海底の泥の中や牡蠣殻の隙間の中に生息しています。
そのバチが、種類ごとの特定の季節になると、
産卵のために住処から水中へ一斉に抜け出し、
水面付近へ浮上する行動が「バチ抜け」と呼ばれています。

47m2akdsweu4px5cwt7v_480_480-5680b9f3.jpg

そして、その抜けたバチを捕食するシーバスを狙うのが「バチ抜けパターン」もしくは「バチパターン」。

88aedrfi28u9rrdgjr4h_480_480-8bd67a93.jpg

他のベイトのパターンと比較して大きな魅力となるのはやはり再現性の高さであり、第2弾としてバチパターンをチョイスした理由もそこにあります。

エキスパートたちを熱中させる奥深さがあり、なおかつエキサイティング。それでいて経験の浅いアングラーでも釣果を出しやすく、この点はコノシロパターンにもよく似ています。


そしてバチパターンにおける奥深さでもあり難しい所でもあるのが、「状況の幅広さ」です。
 
先述の通り、バチパターンが成立するエリアも様々で、ベイトとなるバチのサイズや習性、動きなども様々。それに潮や天候などの要素が加わってさらに複雑化します。

r439ucc2tz3vzxtjzwwi_480_480-2a893f6c.jpg

p9du7x4ptchupkxssiwx_480_480-4918002e.jpg

そんなバチ抜けパターンに焦点を絞ったヒエイは様々なシチュエーションや状況に応じた使い分けが可能でビギナーにも扱いやすい飛距離を装備した、汎用性の高いルアーになっています。
 
第2話では、ヒエイの性能について詳しくお話しします。

 

コメントを見る