プロフィール

梶原利起

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

タグ

アーカイブ

2019年 2月 (1)

2019年 1月 (4)

2018年12月 (4)

2018年11月 (1)

2018年10月 (5)

2018年 9月 (1)

2018年 8月 (6)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (3)

2018年 5月 (2)

2018年 4月 (1)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (4)

2018年 1月 (5)

2017年12月 (5)

2017年11月 (4)

2017年10月 (6)

2017年 9月 (2)

2017年 8月 (5)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (5)

2017年 5月 (3)

2017年 4月 (5)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (4)

2016年12月 (4)

2016年11月 (8)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (8)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (9)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (5)

2016年 1月 (7)

2015年12月 (8)

2015年11月 (6)

2015年10月 (6)

2015年 9月 (6)

2015年 8月 (8)

2015年 7月 (8)

2015年 6月 (8)

2015年 5月 (9)

2015年 4月 (12)

2015年 3月 (14)

2015年 2月 (7)

2015年 1月 (9)

2014年12月 (12)

2014年11月 (7)

2014年10月 (14)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (12)

2014年 7月 (11)

2014年 6月 (5)

2014年 5月 (9)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (5)

2014年 1月 (10)

2013年12月 (6)

2013年11月 (6)

2013年10月 (5)

2013年 9月 (3)

2013年 8月 (10)

2013年 7月 (8)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (12)

2013年 4月 (23)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (22)

2013年 1月 (27)

2012年12月 (23)

2012年11月 (24)

2012年10月 (29)

2012年 9月 (34)

2012年 8月 (30)

2012年 7月 (32)

2012年 6月 (33)

2012年 5月 (35)

2012年 4月 (32)

2012年 3月 (32)

2012年 2月 (28)

2012年 1月 (30)

2011年12月 (25)

2011年11月 (19)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (23)

2011年 8月 (17)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (17)

2011年 5月 (5)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (5)

2011年 2月 (4)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (6)

2010年11月 (3)

2010年10月 (6)

2010年 9月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:44
  • 昨日のアクセス:224
  • 総アクセス数:1207022

QRコード

目指せM点超え!

【台湾バラマンディ遠征記PART3~観光編~】

台湾バラマンディ遠征記も最終話。

PART1はこちら↓

PART2はこちら↓

前日バラマンディ釣りも終わり、台湾3日目は観光へ。
ようやく旅行らしい感じ。

前日の灼熱の中での釣りで体力を消耗し、この日の朝はゆっくりと。

ホテルの朝食から1日が始まった。
正直台湾の料理は好きな人が多いそうだが、好き嫌いが激しい僕には厳しいものが多かった。

岩男くんは結構何でもイケてたが、僕はホテルで食べれたのはパンくらい。

台湾に到着後、あまり食べれず流石にもう空腹だった。

折角台湾に来たこともあり、小籠包を食べにとホテルを出てまず向かったのは 鼎泰豊(ディンタイフォン)という超有名店。
現地ガイドの方もこのお店の本店は行った方が良いと仰っていたこともあり、期待して足を運んだ。

uj22tmt4rxp7isa6rocf_480_480-61750cf5.jpg



fpues6fzkdwxtsf3er64_480_480-8927ef25.jpg



zut9gkrejnfd7to365x4_480_480-82212c72.jpg



g6kuegnyzyvkitmmh357_480_480-684285ce.jpg



小籠包ならば僕でもきっとイケる筈である。

MRTを乗り継いで東門という駅で下車し、歩いてすぐの場所にあった。
非常に人気の高い店舗のようで、まだ昼前というのに入店待ちという状態だった。

接客レベルはかなり高く、日本語スタッフもおり、利用しやすかった。
観光客が多いようで、日本人を始め、様々な国の観光客が利用していた。

そこそこ値が張るものの、実際に小籠包を頂いてみると、非常に美味。

hiejrmf6xvzxjry6c4aj_480_480-35a36c38.jpg



seb6cgo6bt7mwr54ibef_480_480-6de42944.jpg



7zfwhw2f5wpt8vunfbca_480_480-58bc15f6.jpg



aexaiuyeuhatsy79dkcj_480_480-4630f38c.jpg



薄い皮の中に熱々の肉汁がたっぷりで、これは僕も余裕でイケた。
寧ろ美味しくて追加でオーダーした。

62jpgxyxhu65ii4prkpa_480_480-6a9f5b8e.jpg



hbaxanaxnumtbb95pa8g_480_480-809c35bf.jpg



k93h7juw67dja5edkwa6_480_480-e9055b6c.jpg



小籠包にお酢3:醤油1のタレをつけ、レンゲの上に刻み生姜と共にのせて頂くのが食べ方。

他にもチャーハンや餃子、シュウマイも頂き、大満足。

2unckxcx39nhou3nacrh_480_480-9e50db82.jpg



36awyektcetv2vav4zcz_480_480-3c8ebbbe.jpg



台湾に来て初めて美味しいと思ったし、漸くまともに食べることができた。

小籠包はイケることが分かり、もうこの時点で夜も小籠包食べに行こうと決めていた。

お腹を満たしたところで、次にお土産探しや観光へ。

ちょっと足を伸ばして最初は免税店へ。
ただ、MRTを乗り継いで行ったものの今一つコレといったものがなく、お土産は台北駅で後程購入しようということに。

次に女子力高めの岩男くんのリクエストで花甜果室というジュースバーへと足を向ける。
このお店は台湾女子に非常に人気だそうで、岩男くんは色鮮やかなスムージーを購入。
僕はパス笑。

ohfu44y7jdp8da3gos9s_480_480-cb89e936.jpg



nkco74uzs98ksfyf4923_480_480-b95ce9f2.jpg



そして、台湾で有名なパワースポット龍山寺へ。
ここへはそのままMRT龍山寺駅で下車し、徒歩ですぐ。

4fxs68c7ugjrrtg7wre7_480_480-acf15d7c.jpg



85jcudxsdr3ppa2s3keb_480_480-54b9726b.jpg



龍山寺駅構内からもう今までと雰囲気が全然違う。
台湾の下町的な風情があり、いかにも観光地という印象だった。

fuzj9bgucvumghy3hsfc_480_480-18997db3.jpg



4t8kogc2gwfn5ddxm5ut_480_480-d34abed9.jpg

x2g8xaggxan5rz6zn9zh_480_480-c56bacf9.jpg


gb3r7y99rfuaxdz9ctgr_480_480-0aefce17.jpg


u9npope5syg9apdm7etz_480_480-48d96f7b.jpg


txdbk68zvou67s4kpeii_480_480-f015d001.jpg

fio5evt4v3votjyz8pam_480_480-157d19b8.jpg


wuccp3jrm99ry6mxozh7_480_480-ff57c4f2.jpg


どちらかと言えば、今回訪れた台湾の中では個人的に最もイメージ的に中国に近い印象を受けたエリア。

ただ、このエリアは治安があまり良くないエリアだそうで、行かれる際は注意しておいた方が良さそうだ。

僕も後から知ったのだが、確かに少し怪しい雰囲気はあった。

いくら治安が良い国とは言え、スリなんかは現地ツアーガイドの方にも注意喚起されたので、気をつけたいものである。

龍山寺では正直参拝の仕方が良く分からなかったが、蝋燭を購入し、線香をもらい、あとは見よう見まねで参拝。

ここは日本語も英語も通じず、最も今回難しい場所だったように思う。

そこからは台北駅でお土産探し、案内所でお土産を売ってる場所を聞き(聞く言っても、日本語は通じなかった。ただ何とか僕の衰えた英検2級レベルの英語力でもどうにか通じた笑)、家族と職場のお土産を地下で見つけた。

ctmpikpszie5s9uvohor_480_480-85e90254.jpg


日本で言うと、所謂デパ地下のようなショップ。ここは日本語堪能な非常に愛想の良いスタッフさんがいらっしゃり、楽しく買い物できた。

ここは外国人のメリットを活かし、免税で購入。
日本では5000円以上で免税OKだが、台湾はNTD2000以上で可能だった。

夜になる前にもう一軒岩男くんが見つけたお土産店で、何か形に残る物を探す。

cwn83w8w6abtyuyxddmv_480_480-b35e4ca5.jpg



5byzsfjftwacw8ra72r2_480_480-b3d747d8.jpg



7hr9ipyuyj2s4ijrptus_480_480-cef15b02.jpg



カフェが併設されているオシャレな建物の中にあるお土産店だった。


夜は再度小籠包へ。昼に続いて點水樓(ティェンスェロウ)という有名店へ。

otnmjx9vyzc3kvf2mzs4_480_480-6b366483.jpg



x774ypguz4i3dvieuffs_480_480-03280d5d.jpg



gdsfj88u563m2pi9fgai_480_480-ff100b08.jpg



s3gb9i9wjw9m66zcw7ai_480_480-413261d0.jpg



eej6rho9jwmgx9rv9avf_480_480-e202c673.jpg



ここも少し値は張るが、やはり小籠包は美味しい。小籠包にも種類があり、ノーマルな小籠包も美味しく頂けたが、ピリ辛の小籠包も美味しかった。

erorn7587oabyn8k9zs7_480_480-89e1d066.jpg



riidcoj2bt3xn6awks8g_480_480-c0745034.jpg



ne6hk5s73u9k3xpki8fp_480_480-5d5afd85.jpg



ただ、ピリ辛と書いてあったが、結構な辛さ。山椒も効いており、痺れるような辛さがあった。

美味しく頂いた後はホテルまで遠回りしながら戻る。
途中歓楽街を通って、台湾の中心地を見学した。

もうホテルに戻った頃には前日の疲れもあり、クタクタ。
奥さんに明日帰ると少し電話した後、眠りについた。

帰国する朝は早く、早朝3:30起床。急いで荷物をまとめて、準備した。
4:50にホテル出発。

睡眠不足で眠くて仕方無かったが、目をこじ開けて最後台湾の車窓からの景色を楽しんだ。

ddz4tyf3edk57yya46k8_480_480-35f08464.jpg


台湾桃園国際空港から10:20分の福岡空港行きの便で帰国となった。

z7u3kkuftoh38o44ztut_480_480-0c9e27d3.jpg



4x4f2x38iyim4wd8izpw_480_480-91b03458.jpg



oeg8cjz2r8jhrub2mrax_480_480-21ec788c.jpg



oewtcjuma2jdkjv36og6_480_480-117569e3.jpg



振り返ってみるとあっという間の3日間だったが、久々の海外旅行ということもあり、本当に楽しかったなと思う。

バラマンディはもう十二分に釣れ、正直申し分ない釣果に恵まれた。
ルアーの操作を含め、普段の釣りに活かせることもあり、また引き出しも増やせたんじゃないかと思う。

強いて言えば、大型が欲しかったが、一度で全て上手く行くと、もう一度って気持ち生まれにくいから、これはこれで良かったと捉えている。

因みにバラマンディは8~11月くらいがハイシーズンで大型が出やすいそうだ。

僕も次行く機会があれば、この時期に再度チャレンジしたい。

個人的に台湾滞在で感じたのは僕のように食が合わない方もいらっしゃるかも知れないこと。

僕の場合はそもそも好き嫌いが多いから特に厳しかったかも知れないが、個人的には小籠包以外の料理は結構キツイものがあった。

同行の岩男くんは好き嫌いが少なく、結構何でもイケていた。後々聞いてみると台湾は美味しい物が多かったそうだ。

個人差が大きいが、僕のように好き嫌いが多い方はちょっとそこを理解して、旅行に行った方が良いかと思う。

あとは、やはり暑い地域であるから、釣りの時は特に塩飴や塩分タブレット等々の熱中症対策アイテムは必携。

気温が高いだけでなく、湿度も高く、本当に蒸し暑い。熱中症対策は必ずやっておきたい。

台湾は観光地も多く、楽しい国だった。
観光での心残りは 九份のノスタルジックな風景を見れなかったこと。
九份は台北から少し移動に時間を要し、今回は時間的に厳しかった。

またいつか時間が許せば観光を含め台湾を訪れてみたい。
そう思えた良い旅となった。


コメントを見る