2023/7/29(土)ハイシーズンに向けて

こんにちは!JUMPMANです!

相変わらず高水温低酸素状態が続いている東京湾。

厳しい時期には無理に釣れる場所を探すより、釣れる時期にもっと釣るための勉強に充てればいいじゃん、と思う今日この頃です。

それが結果的に釣れない時期に1匹を釣ることに繋がるのかな、なんて考えています。

そのため、最近は一箇所(範囲は1.5kmくらい)に通い詰めています。

ベイトはハクやイナッコがいるのでポイント選びは間違っていないはず。

シーズンインに向けてベイトが動くパターンや地形を把握するためには同じポイントに通い詰めるしかありません。

平日も通えればいいのですが、残念ながら僕は週末アングラー…

一回の釣りの質を上げるためにとにかくデータを集めて頭を使うしかありません。



さて、この日は夜0時が上げ止まりで朝8時前まで130センチほど動く潮回りだったので久々のナイトゲーム。

これだけ動けば流れが走ることは確認済み。

0時を少し過ぎた頃にポイントイン。

まだ流れは効いていません。

ハク、イナッコが浅瀬に溜まっています。

流れが効き始めたのは45分ほど経ってから。

最初の反応もそのタイミングでした。

ウェイク系やシャローランナーを試して反応なく、一枚下を流すためにレビンライトを選択。

クロスに投げてダウンまで流していると『グン!』とヒット!

エラ洗いしないしクロダイっぽい引き方と思ったらやはりクロダイでした。(0:55)



サイズは45㎝とそこそこ。

狙いとは違う魚種ですが、この時期なのでロッドを曲げてくれるだけありがたいですね!



その後は流れが本格的に効き始めましたがバイトすらなく…

気づけば東の空が白み始めています。

ハクの群れが浅瀬から深場に戻る時間なのでチャンスは来るか⁉︎と期待して朝マズメを迎えました。

予想通りハクの群れが5時くらいまでは上流から流れてきましたが、フィッシュイーターから逃げている様子はなく…

5時を過ぎた頃には静かになってしまったので5時半に撤収となりました。



釣果は渋々でしたが、ベイトの動きや流れの効き方を再確認できたので、このポイントに対する確度は高まりました。

次にこのポイントで釣りできるのは8月後半くらいになりそうですが、状況が良くなっているか楽しみです。


◯タックルデータ
・ロッド…Cookai 86L-S(megabass)
・リール…19CERTATE LT3000(daiwa)
・ライン…Seager 完全シーバス 0.8号(クレハ合繊)
・リーダー…Seager premium max 14lb(クレハ合繊)

○コンディション
・時間…0時00分〜5時30分
・天気…晴れ
・風… ほぼ無風
・水温…28.5℃
・潮…前中潮1日目(満 0:04 163㎝ /干 7:55 36㎝)

各種SNS更新中です。以下リンクからご覧ください↓
Instagram
https://www.instagram.com/jumpman_fishing
Twitter
https://twitter.com/jumpman_fishing

コメントを見る