ドリフト修行 〜流れに対するルアーの向き〜

昨夜はホーム河口に1時間チャレンジ。
夕食を食べて21:00-in
5ik3wt6dnwi7bztrmz48_275_480-55d88525.jpg
ベイトっけは無し。
水位は50cmほどでしょうか。
どクリア...

対岸のシャローエリアに先行者が1人。

川全体下げの流れ...
ただ、流れが軽い!!!
中央部のサンドバーは更に流れが緩くなっています。

ストリームデーモン160(#2フックチューン)からスタート。
ドアップにキャストして護岸際を流しますがノーバイト...
サンドバー駆け上がりであたりますが、シーバスでは無さそう。

流れが軽くラインを持っていってくれないのでルアーのヘッドが下流を向きません...
リーダー30lb 5ヒロの恩恵があまり感じられず(涙


ルアーチェンジ!
5952gb47v59ou2496hca_361_480-477af687.jpg
モンスターウェイク!

大きなリップ形状で抵抗を大きくして、ラインを先行させてヘッドを下流に向けます。


一投目でドンッ!!!

出るやん!!!
ショートバイトで乗せきれませんでしたが出ました!!


流れるルアーの向きで反応が違う事がわかりました。
過去の経験からも、ルアーのヘッドが下流に向いて流せているときにバイトが出る印象...


一方、秋田の落鮎パターンではルアーの側面に流れを当てるとこと

オヌマンさんはルアーのヘッドを下流と!
(3:10-)

過去に、恐れ多くも濱本さんに質問した事が有りますが...
状況次第。


答えは魚が教えてくれる。
何度も、トライアルが必要そうですね!!


ベイトタックル
ロッド : SHIMANO WORLD SHAULA 1832R-2
リール : SHIMANO 18ANTARES DCMD XG
ライン : YGK XBRAID SUPER JIGMAN X8 2.0
リーダー : ヤマトヨテグス 耐摩耗ショックリーダー ナイロン 25ld
ルアー : EVERGREEN Stream Demon160

コメントを見る