プロフィール

関根崇暁

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:12
  • 昨日のアクセス:55
  • 総アクセス数:969326

QRコード

BlueBlue.jpg 「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」 ima_banner.gif 株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

秋、淡水魚の楽しみ方

ここ数日は少し時間があれば、竹竿を片手に子供と遊んでいる。
これは秋の小川、春の小川という歌を小学校の頃歌った記憶があるけど、秋の小川も中々良いところ。
最近、淡水小物釣りに夢中の子供達、その中でもギンブナは最高の大物。(兄竿です)
フナにはじまりフナに終わるとは良く言ったものだ、三尺しかない竿でクリ…

続きを読む

筑後川 再び河の扉が開く夜

筑後川の有明鱸(有明海産スズキ)釣り、この時期、そう、秋に良い釣りが出来る事がある。
清流域は落ち鮎シーズン、この釣りはまだ見えていないが、それでも日々のフィールドの観察で、徐々にパズルが組み合わさって行く。
その夜も清流か汽水域か?答えはわからないが・・・・
毎年、楽しんでいる秋の釣りをやらぬわけに…

続きを読む

秋はオイカワのフライフィッシング

秋になるとフライフィッシングで釣りたくなる魚がある。
河原に咲いていた黄色い花、遠くに台風の過ぎ去った青空を臨む。
小さなゲームフィッシュである、オイカワ、何度釣ってもこの魚は面白い。フライは20番に巻いたミッジピューパ、流れの中をドリフトしながら時折誘いを入れる釣り方。
少し流れの緩い深みはこの魚、カ…

続きを読む

筑後川、キャスティングジグで攻める有明鱸

現在、台風24号が長崎、五島列島付近を通過中である。
湿気の高い温かな風は、ふと通り過ぎた夏を思い出せるのであるが、季節は秋、一過性の天候を勘違いしてはいけない。
先日、筑後川フィールドにおける大堰下流部と、清流域を区別してログを書いたばかりであるが、分けて考えることは歪なことなのかもしれない。
そう、…

続きを読む

BlueBlueテスター in  筑後川

10月になり、筑後川フィールドも秋のシーズンへと向かう。
とはいえ、河川での秋シーズンは短く、10月末には、ほぼ終盤を迎える。
この時期の狙いは二つ、一つが清流域の落ち鮎パターン、もう一つが有明海由来のエツ稚魚である。それと、夏が残したサヨリも忘れてはいけない存在である。
そんな中、BlueBlueのテスター仲間…

続きを読む

筑後川清流鱸釣行 判断

最近よく耳にする言葉に、釣は旅であるというのがある。
追い求めて、それに向かい努力をし続ける、出逢うために歩き続けるものが釣だとしたら、それは旅と言えるかもしれない。
僕にとっての旅は独りで気の向くまま続けるもの、誰かに計画されみんなと行くのは旅行であり、旅ではない。
僕にとって、自分で選んだ道筋の先…

続きを読む

筑後川 清流速報!

九州は筑後川、海を忘れ鮎の泳ぐ瀬に彼等はいる、そう清流有明鱸。
その魚は「終に獲った」と思えるような刺激的な夜だった。
いよいよシーズンインか?!ログは後ほど!本日12時02分より。
※予告の為、コメント不可にしております、ご了承下さい。

続きを読む

筑後川清流鱸釣行 再現性

清流鱸のフィールドは常に増減水を繰り返している。
先日、日本の各地を襲った台風18号であるが進路から外れた九州地方は風雨の影響は殆ど無かった。
台風の過ぎた後は秋の空と冷えた風だけがフィールドに吹いていた。
画像は国道3号線の下流にある久留米堰、河口から数えて三つ目にあたる堰である、僕のフィールドはこ…

続きを読む

家族サービスの合間でも釣りは出来る?

8月、九州は夏真っ盛り、毎日蒸し暑い日が続いている。
午前中は子供の通院や役所関系の野暮用をテキパキと済ませ、午後から高速へ飛び乗る。
今回は妻&子3人と家族でちょっと長崎まで。
向かった先は長崎県大村市、僕の住む場所からは100Kmちょっと。
一時間半も走れば、あっという間にこの景色へ辿り着く。
今回、この…

続きを読む

オヤニラミとマラブージグ。

「釣は魚との対話」
嘗ての日本を代表するフィッシングライターだった、(故)西山 徹氏の言葉である。
勿論、人間は魚には成れないし、魚と話す事は出来ない。
魚の気持ち、魚になったつもりで考える事は大切だ。
西山氏の著書は多いが、その中でも「湖沼のルアーフィッシング」は僕等、ルアー少年達のバイブルだった。

続きを読む