プロフィール

関根崇暁

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:51
  • 昨日のアクセス:99
  • 総アクセス数:974276

QRコード

BlueBlue.jpg 「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」 ima_banner.gif 株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

清流鱸考察 現場百回

a3yzzzfwsudnsz5aeakj_480_480-bb37ae67.jpg
刑事ドラマなどに良く出てくる言葉に「現場百回」というのがある。

今回は釣りにもそれは当て嵌まるという話。

此処最近、実は筑後川にて落ち鮎のタイミングを計っている。

もちろん鮎を釣る為ではなく、鮎を捕食するであろう鱸のタイミングを狙っているのである。

僕が慣れ親しんだ北関東の大河では10月上旬がそれにあたるのだが、筑後川ではどうだろう?

鮎釣りをすればわかるのだろうけど、しなくてもわかる方法がある。

それは聞き込み調査だ。

cn5nibrjccw44ect9s67_480_480-642a1a2d.jpg
今朝は赤竿がカッコイイ、このベテランに話を伺うことにした。

もちろん名前も知らない、初対面のご老輩である。

そして、この瀬での鮎釣りウン十年という大先生である。

僕が挨拶をすると、愛想良く話してくれた。

「今年はダメたい、鮎のおらん、ハミ痕すらなかもん・・」

「昨年の大雨(北部九州豪雨)で流れの変わってしまったもんね・・」

「だいたい大堰の出来てから、魚の減ったったい。」

そうして、筑後大堰により海からの遡上魚を止められてしまう前の事、熱く語って頂いた、朝から晩まで転がしの仕掛けを引けば尺鮎が2~300匹も珍しくなかったという、そしてボラも鱸も沢山いたのだと。

当然、鱸の存在を知っていて、下流のポイントで51cmを釣ったという。

「もう、随分昔のことやけどね・・・」と、話を終えた。

毎日の様に見慣れた川でも、まだ話した事の無い人が沢山いる。

常に新鮮な気持ちで、川を見詰めて、色々な発見と出逢いを重ねて行きたい。

「現場百回」という捜査の基本があるように、釣りもまた「現場百回」というフィールドリサーチの基本があると思う。

年間で100回見たとしたら、概ね3日に1回は釣場を見ている事になる、すればベストシーズンを逃す事なんか無いはずであると、そう思う。

釣師は竿を持つと色々なものが見えなくなるもの。

時には、釣竿をカメラに持ち替えて、釣り場を歩くと良い。

それも釣りなのだから。

そうして、落ち鮎のシーズンはもう少し先、このコロガシ釣師さんが賑わう頃にピークを迎えるのだろう。






■何時も釣れない釣師のログをご覧頂きありがとうございます。


■皆様のご意見・ご感想をお待ちしています。


■もっと書いてくれと思っていただける方、遠慮なく、ソル友、ファン登録、fimo会員登録をお願い致します、お気軽にどうぞ。

コメントを見る

関根崇暁 さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

今日の釣行。
18 時間前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
1 日前
RIKUさん

鹿島灘サーフヒラメの印象
1 日前
ケンスケさん

まだ柔らかい北西の風
2 日前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
2 日前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
3 日前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
3 日前
ひびき さん

sasukefest2020 107㎝ 裂空
9 日前
こいのぼりさん

一覧へ