プロフィール

バッシー

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/4 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アーカイブ

2019年 3月 (5)

2019年 2月 (2)

2019年 1月 (10)

2018年12月 (4)

2018年11月 (4)

2018年10月 (7)

2018年 9月 (3)

2018年 8月 (4)

2018年 7月 (11)

2018年 6月 (12)

2018年 5月 (7)

2018年 4月 (5)

2018年 3月 (6)

2018年 2月 (7)

2018年 1月 (7)

2017年12月 (7)

2017年11月 (6)

2017年10月 (6)

2017年 9月 (6)

2017年 8月 (8)

2017年 7月 (15)

2017年 6月 (6)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (15)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (6)

2017年 1月 (5)

2016年12月 (6)

2016年11月 (5)

2016年10月 (8)

2016年 9月 (8)

2016年 8月 (5)

2016年 7月 (5)

2016年 6月 (9)

2016年 5月 (9)

2016年 4月 (7)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (12)

2016年 1月 (25)

2015年12月 (14)

2015年11月 (8)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (14)

2015年 8月 (10)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (3)

2015年 5月 (6)

2015年 4月 (10)

2015年 3月 (14)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (11)

2014年11月 (12)

2014年10月 (22)

2014年 9月 (12)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (23)

2014年 5月 (22)

2014年 4月 (20)

2014年 3月 (19)

2014年 2月 (18)

2014年 1月 (23)

2013年12月 (18)

2013年11月 (14)

2013年10月 (18)

2013年 9月 (25)

2013年 8月 (22)

2013年 7月 (28)

2013年 6月 (27)

2013年 5月 (26)

2013年 4月 (28)

2013年 3月 (28)

2013年 2月 (23)

2013年 1月 (34)

2012年12月 (35)

2012年11月 (28)

2012年10月 (38)

2012年 9月 (38)

2012年 8月 (30)

2012年 7月 (39)

2012年 6月 (40)

2012年 5月 (41)

2012年 4月 (26)

2012年 3月 (44)

2012年 2月 (38)

2012年 1月 (48)

2011年12月 (43)

2011年11月 (32)

2011年10月 (31)

2011年 9月 (43)

2011年 8月 (43)

2011年 7月 (47)

2011年 6月 (32)

2011年 5月 (58)

2011年 4月 (26)

2011年 3月 (24)

2011年 2月 (23)

2011年 1月 (14)

2010年12月 (16)

2010年11月 (17)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (18)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:691
  • 昨日のアクセス:1210
  • 総アクセス数:2517448

QRコード

バーブレスフック。

一部の方々とメーカーさんで、
バーブレスフックのことについて論争のようになってますね(笑)


それがきっかけと言うことではなくて、
実はこのログの骨子は、昨年11月くらいに書いていたのですが、

その論争でメーカーさんの考えが聞けたので、完成に至ったので、アップします。


「バーブレスはサカナに優しいのか」


半分YES、半分NO、って考えてます。


まず、NOの方から。


管釣りにどハマリしていた時期のあるバッシーなので、
バーブレスフック前提の釣りをしていた訳です。

管釣りでは、バーブレスフックはほぼ「義務」。

その理由はいろいろあり、

・リリース前提
・対人での安全のため
・ゲーム性

ゲーム性はあまり意味合いとしては重要ではなく、
前の二つが主な理由。

なのだが、
シーバス等と比べて口の硬いトラウトなので、
貫通性の高いバーブレスフックの使用は、理にかなったものでもあると思います。

もちろん、
リリース前提だからと言うのはあるが、

バーブレスフックそのものがサカナに優しいのかと言えば、

サカナに小さくても穴を開けるのは間違いないし、
ファイト次第では、その穴は拡がる。

ルアーを見切られた時にアワセたりして、
フックが顔やボディに刺されば、当然魚体を傷つける事に変わりはない。


その点では、
バーブレスフックもバーブ付きもあまり大きな違いはないのではないかと考えている。


バーブレスフックを使ってると、サカナに優しい人みたいな風潮に違和感を感じてきたのは、そんなとこ。


次に、YESの方。

バッシーは最近、
「2つフックのついてるルアー」はフロント以外、
「3つフックのついてるルアー」は全てを、
極力バーブレスフックにしている。

理由は2つあって、
・外掛かりしたフックをすぐに外せるように
・丸呑みされたフックをすぐに外せるように


VJやPB等のルアー。

シーバスのサイズに関わらずヒットの多いルアーなのだが、

口の付近でグチャっと複雑に刺さっていたり、
丸呑みされやすく、エラ付近にフックが到達しているケースが結構ある。

そんな時、
リアフックだけでもバーブレスだと、
外すのが比較的スムーズにできる。

また、流行中のミノーのジャーキング。

がっつりハーモニカの時もあるが、
ルアーのボディが長いので、
体当たりバイトや顔へのフッキングは結構多い。

特にフロント以外のフックが、
目の辺りにフッキングしてる確率は低くない。

バーブ付きだと、確実に目を潰すことになる。
(目玉が取れてしまう系の)

バーブレスフックでも、
目に刺さればファイト中にダメージは与えるが、
支点にさえなっていなければ、
目を引っ張らずに抜くことができる。


これらのケースでなければ、
当然簡単にフックを外すことができるので、
キャッチ~リリースまで短時間で行えることになるので、
「サカナに優しい」と言うことにはつながる。


バッシーが言いたいのはこの部分で、

「素早いリリースが、一番サカナに優しい」


バッシーのブツ持ち写真は、残念(笑)

フィールドスタッフやってるので、
カッチョいい写真を撮れる方が良いのは解っているが、

それでもバッシーのポリシーでは、
「サカナを生きて還らせるのが、最優先」


釣ったサカナは、
サカナの写真、ブツ持ちを撮らない訳にはいかないのは仕方ない。

ならば、
それを見越して、いやそれも含めて、如何に短時間でリリースできないかと考えて、

バーブレスフック使おう、としています。

暑い時期など、
季節や状況によってはタモから出さず、
地面につけないようにして写真を撮るなどして、

極力魚体に余計なダメージを与えないようにして、

必要ならリリース時に時間をかけてでも、蘇生する。

そのプロセスの中で、
バーブレスフックが必要だったので、そうしてるだけなんです。


バーブレスフックを使うこと自体で、
傷つけにくい=サカナに優しい、
なんてのは「自己満足」

バーブレスフックを使っても、
迅速なリリースや正しい蘇生ができなければ、
何の意味もない。

むしろ素早いリリースをしようと考えたら、
自然にバーブレスフックを使うようになるだろうし、
リリースまでの無駄をなくそうとするようになるはず。


ランディング~リリースまでの所作、
丁寧な蘇生が、ちゃんとできる人が少なすぎる。


バッシーは、
サカナを水から揚げて、水に戻すまでをもっと啓蒙すべきだと思うんですけどねぇ。



それから、

「バーブレスフックは売れない」


フック無しのルアーが売れないのと同様、
バーブレスフックも売れないのが現状。


考えて見てください。

各社のプロやテスターで、
バーブレスフックを使ってる人、います?


そうした人たちも、一般アングラーの人たちと考えることは同じで、

「バーブレスフックはバレやすい」と思ってます。


バーブレスフック使ってて思うのですが、
バーブレスだからバレたと思うことはまずない。

いや、
たくさん掛けてれば、そういう時もありますが、
バーブ付きだからバレるって場合もあるので、

バラしの数はプラマイゼロ。

これは、
スタジオコンポジットさんがログで書いてたりしましたが、

ビッグベイトのランカー便やつまてる人なら解ると思いますが、

遠投した先でフッキングさせるとき、
ロッドでアワセても、フックに伝わる力は数パーセントまで落ちるらしい。

だって、ロッドって曲がるのが仕事だから。

なので、基本は巻きアワセ。

それでも、PEラインでも伸びるから、フックポイントに伝わる力はたかが知れてる。

それを可能な限り、伝えられる最大の力が残せるのは、
貫通時に抵抗の少ないバーブレスフック。

なので、
バーブ付きだから獲れないサカナもあるし、
バーブレスフックだからバレちゃうケースももちろんあるので、

バレやすさは、どちらも変わらない。


ちなみに、
メバリングでバーブレスフック使うと、どうだか分かります?

バイトの乗りが断然良くなります。

で不思議なのは、フックを外そうとした時に、意外と外しにくい。

そう、刺さりやすいのに、バレにくいんですよ。

まぁ管釣りでもそうだから、驚きはしなかったですけどね。


だからと言って、

「バッシーはバーブレスフック推奨です」
なんて言いません。

そこは、各自が釣りやサカナとどう向き合うかで考えれば良いこと。


資源が少なくなって、
(バーブレスフックだから優しいと言うことではなく、リリースなど全体で考えて)

簡単にサカナが釣れなくなったときに、
その難易度の高いゲーム性を楽しめると言うなら、

サカナが減っても困ることはないでしょう。


バッシーはむしろ、こちらの考え方。

今は以前よりも、同じ釣り場でも難易度が上がってる。

SNSや仲間内の連絡網みたいなもので、
今日釣れた場所などの情報はすぐに拡散され、
それ頼みで釣りをしてる人はかなり多い。

だからどこもすぐ激戦区になる。

そこで釣っていくには、結局腕をあげるしかない。

みんな同じルアー使うんだから。


そうなった時に困るのであれば、
少しは考えてもいいんじゃないかな、というのがバッシーが言いたいこと。


先のログでのバーブレスフック論争みたいな内容は、
本質的にはどうでもいいことで、

ルール化でもされない限りは、アングラーの自由。


所詮各自が「釣りを趣味にします」って勝手に始めてるものであって、

バーブレスフックにしないとならないってなったら、
「めんどくさいから辞~めた」って人も多いはず。

そうなると、
推奨して始めたメーカーやショップ、業界も売れなくて困るから、続かない。

すると市場に出回らなくなるから、
今以上に買えなくなり、使う人がいなくなる。

メーカーさんも、今後ニーズに関係なくでバーブレスフックをだすような事を言われてるので、

バッシー的にはそこは評価したいと思ってます。


あっそうそう、論争でやり玉になってるツインフック。

バッシーは愛用してますよ。

サカナに優しいからとかではなく、
使い勝手のよいルアーがあるから。

特にビッグバッカー107。

エビりやすく、バレやすい、このルアーの、
ベリーの二つのフックをこれにするだけで、

エビらず、バレにくくなるからです。

やたらと色々なルアーに付けると、
バランスを崩したり、
傾いてスイムしたりするのでオススメしませんが、

ビッグバッカーには、ベストなフックではないでしょうか。

推奨はRBT#6で、青物用なら#4で良いかな。



誰かYouTubeとかで、
正しいランディング~リリース、蘇生ってやらないかな?

無いよね?
(探し方が悪いのかな
)

お前がやればって?

なるほど。

考えときます(笑)

コメントを見る

登録ライター