プロフィール

バッシー

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

2021年 9月 (1)

2021年 8月 (1)

2021年 7月 (2)

2021年 6月 (7)

2021年 5月 (4)

2021年 4月 (2)

2021年 3月 (1)

2021年 2月 (1)

2021年 1月 (1)

2020年12月 (3)

2020年11月 (1)

2020年10月 (2)

2020年 9月 (2)

2020年 8月 (1)

2020年 7月 (1)

2020年 6月 (3)

2020年 4月 (4)

2020年 3月 (2)

2020年 2月 (8)

2020年 1月 (7)

2019年12月 (5)

2019年11月 (9)

2019年10月 (7)

2019年 9月 (5)

2019年 8月 (3)

2019年 7月 (3)

2019年 6月 (5)

2019年 5月 (10)

2019年 4月 (3)

2019年 3月 (5)

2019年 2月 (2)

2019年 1月 (10)

2018年12月 (4)

2018年11月 (4)

2018年10月 (7)

2018年 9月 (3)

2018年 8月 (4)

2018年 7月 (11)

2018年 6月 (12)

2018年 5月 (7)

2018年 4月 (5)

2018年 3月 (6)

2018年 2月 (7)

2018年 1月 (7)

2017年12月 (7)

2017年11月 (6)

2017年10月 (6)

2017年 9月 (6)

2017年 8月 (8)

2017年 7月 (15)

2017年 6月 (6)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (15)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (6)

2017年 1月 (5)

2016年12月 (6)

2016年11月 (5)

2016年10月 (8)

2016年 9月 (8)

2016年 8月 (5)

2016年 7月 (5)

2016年 6月 (9)

2016年 5月 (9)

2016年 4月 (7)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (12)

2016年 1月 (25)

2015年12月 (14)

2015年11月 (8)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (14)

2015年 8月 (10)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (3)

2015年 5月 (6)

2015年 4月 (10)

2015年 3月 (14)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (11)

2014年11月 (12)

2014年10月 (22)

2014年 9月 (12)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (23)

2014年 5月 (22)

2014年 4月 (20)

2014年 3月 (19)

2014年 2月 (18)

2014年 1月 (23)

2013年12月 (18)

2013年11月 (14)

2013年10月 (18)

2013年 9月 (25)

2013年 8月 (22)

2013年 7月 (28)

2013年 6月 (27)

2013年 5月 (26)

2013年 4月 (28)

2013年 3月 (28)

2013年 2月 (23)

2013年 1月 (34)

2012年12月 (35)

2012年11月 (28)

2012年10月 (38)

2012年 9月 (38)

2012年 8月 (30)

2012年 7月 (39)

2012年 6月 (40)

2012年 5月 (41)

2012年 4月 (26)

2012年 3月 (44)

2012年 2月 (38)

2012年 1月 (48)

2011年12月 (43)

2011年11月 (32)

2011年10月 (31)

2011年 9月 (43)

2011年 8月 (43)

2011年 7月 (47)

2011年 6月 (32)

2011年 5月 (58)

2011年 4月 (26)

2011年 3月 (24)

2011年 2月 (23)

2011年 1月 (14)

2010年12月 (16)

2010年11月 (17)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (18)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:226
  • 昨日のアクセス:207
  • 総アクセス数:3008027

QRコード

11/7沖堤 乱舞

やっべ〜、
めちゃくちゃログアップの間隔空けた。

5ヶ月ぶり。

釣りしてなかったわけではもちろんなく、
他のSNSはむしろ頻繁に、特にツイッターなんてほぼ毎日何でもアップしてるのだが、
ちゃんと文章を書くってのが少し間空けたら、あっと言う間に約半年も!

先日のシーバスフェスタ(コアマンブース)でも、
「ブログ、辞めたんですか?」
「釣り、行ってます?」
とか色々ご心配される始末。

そんな中、
「ここで書かなきゃ、いつ書くの?」
ってタイミングなもんで、久々ログアップ。

7日月曜日。

高校夜間定時制の説明会に出席(仕事)するため、
出勤が昼過ぎからで直行直帰。

二日前の土曜日に、久々沖堤ビッグベイトチャレンジに玉砕していたこともあり、
そのリベンジで朝から短時間勝負に。

当初「リベンジ」なので、土曜日と同じ堤防に行く予定でいたのだけれど、
狭い場所に先行者ありと知り、他の堤防へ。

サカナはいるようだが、小さいみたいで誤爆多しと聞いたけれど、
その誤爆でも味わおうかと。

結果、この軽い気持ちで浮気したのが吉と出ることに。

6時の上陸。

ルアーマンばかり4名。
ビッグベイトタックルはバッシーだけ。

船着き場からどんどん離れていくのはバッシーのみで、シャローエリアは貸切り。

ウエイキーブー、ダウスイとローテしてきたが、
北影でさざ波だってたこともあり、おもむろにメガドッグ180へ。

手前は何もないので、一旦フルキャスト。

ブレイクを上がった付近で誤爆。
これか〜、なんて思いながら次のキャストも同じ付近へ。

一発水面が割れた後、
一度ステイを入れて、ゆったり目のドッグウォークしたところで再度水面が割れてヒット!

なかなかパワーはあるが、ロッドで耐えられるくらい。

少しいなしてランディングしたのは、
パンパンコンディションのナナマル。

ckr5dyueuzzfmzyhtjkx_480_480-9af4fc28.jpg



来た甲斐あって、既に満足。


こういうのに時合いはないと思ってるのだけれど、
目視できるベイトがいないので、
シーバスの移動も早いと考え、キャスト再開。

その三投目。

ブレイクからは離れた岩などが沈むエリア。

風に乗せて遠投。

その中間距離まで来たところで誤爆。

ここで止めると、下から突き上げてメガドッグを頭突きでふっ飛ばした勢いで、
シーバスがそのままボラジャンプのように水面から飛び出した。
見えたのは先ほど釣ったくらいのサイズ。

着水したメガドッグをゆったりドッグウォークさせて一旦止め、
再度ドッグウォーク開始したところで横からかっさらう感じでヒット!

さっきヒットしたよりパワーを感じるとこから、
サイズアップしてそうだ。

それでも割と走るのと、一瞬見えた魚体がデカく見えなかったので、
ナナマル後半くらいと思いながらファイト。

ただメガドッグがやけに小さくは見えた。


見えたときにフックが一本しか掛かってなかったので、
いなしながら他のフックもかけてじっくりやり取りしていく。

タックルは強いけれど、沈んでるストラクチャーが多いのでラインの心配があり、少し寄せにかかる。

手前に来てもけっこうしぶとい奴だったけど、ランディングは一発。

ん、重っ!

えっ、太っ!

sjv72b6u2i8z7xewe46w_480_480-b46b4ab2.jpg


メジャーを船着き場の荷物に置いてきたので、
シーバスの尻尾をロッドのグリップエンドに合わせて撮影。

仕舞寸法50cmのロッドの2箇所目乃継ぎ目付近まであるので、
80cmは確実で、90cm近くあるのかもしれない。

mup3k8hi45mn7nzp73ay_480_480-a5db8571.jpg

メガドッグ180、ちっちゃく見えるよね(笑)

あとで船着き場でロッドにメジャー当てた写真がコチラ。

93xgapov5uvtsghc56jv_480_480-b51adf41.jpg

87cm

87cmがトップに出てくれれば、もう十分。

その後は誤爆1、チェイスは数か所であったが、粘らず予定通り8時の船で終了。


いやはや、大満足!

基本渋いって聞いてたし、
誤爆に悶絶して楽しめればなんて軽い気持ちでいたのが、嬉しい誤算。

当日は他の堤防でも釣果出ていたようだし、
翌日行った人もSNSに釣果出していたので、
この潮回りがチャンスなのかな。

朝が空いたから、思い切って行っといて良かった。

港湾部もようやくシーズンインといったところかな。


ああ、また早く行きた〜い!

(ヒットルアー)
・メガドッグ180フィッシングショー限定カラー2022

(タックル)
・DAIWAブラックレーベルトラベルC73H-5
・SHIMANOアンタレスDCMD
・バリバスPEX4#2
・バリバスオーシャンレコード35LB

コメントを見る