プロフィール

Apia

大阪府

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/12 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:219
  • 昨日のアクセス:2519
  • 総アクセス数:5376877

APIA Homepage

代替テキストを記述

イベント参加と合間のフィールドワーク 松尾道洋

松尾です。先々週、先週とストアイベントに参加してきました。
行き慣れた島根ですのでアウェー感はないのですが、あまり人前に出ないタイプですのでソワソワしました。
point出雲店☆
ツチノコ的存在。
しかしツチノコは架空の生き物で、松尾は実在しています。むしろ隣にいた関東アングラーのREDの方がレア感ある感じでツ…

続きを読む

ライトゲームを楽しむ! BY北添貴行

  • カテゴリー:日記/一般
こんにちは!!
何だかんだで12月ももうすぐですね~  今年は新たな道に進んでドタバタな毎日を過ごしてきたので1年があっという間に過ぎ去ろうとしています。 
そんな最近は大阪ならではの魚種を狙って勉強しています!
シーバス行って玉砕して帰りはタチウオに癒されたりと、改めて大阪のタチウオ熱が凄いと感じさ…

続きを読む

GRANDAGEでサーフと河川釣行 by高倉祐一

アピアスタッフログをご覧の皆様こんにちわ
 
 
 
宮崎在住の高倉祐一です。
南国宮崎でもいよいよ秋らしくなってきました。
 
 
 
今回は『サーフ』と『河川』での釣行をご紹介させて頂きます
 
 
 
 
『サーフ』
 
河口絡みのポイントで
最干潮時に絞れた流芯とそれに付随するストラクチャーと流れの弛みにDOVER99Fをキ…

続きを読む

マイクロサイズのドーバー。 献上真也

おはようございます。

​献上真也です。
とうとう冬を感じさせる気温まで低下してきましたね。
昔から冬は寒くて苦手なのですが、丁度良い海水温まで下がるとメバル
が再び活性化するので防寒着を着込んで足繁くフィールドに繰り出しています。
さて、先日からSNSでは露出させて頂いていますが、アピアライトゲームカテゴ…

続きを読む

ヒラマサ好調?近況四方山話2018年11月 by 松本

アピアの松本です。
酷暑と言われた2018年も、気づけば帳尻を合わすかのようにすっかり空気も硬くなり、釣行の際にはしっかりとした防寒の支度が必要になってきました。
さて、先週はライトゲームカテゴリーのアンバサダー、和歌山の手練・阪中さんにGRANDAGE LITEのシリーズラインナップを駆使して色々な魚を釣ってもらう…

続きを読む

開幕どころか継続中 by 永島規史

APIAスタッフBLOGをご覧の皆さん、こんにちわ。神奈川県の永島規史です。
さて…、そろそろホームの三浦半島もシーバスシーズンを迎える季節になりました。ポツポツとプリの釣果も聞かれ始めてはいますが、何しろ水温がまだ高い。
「せめて、18℃までにはなってもらわないと!」
と、のんびり構えております。
その間、こっ…

続きを読む

対サヨリにパンチラ130 梶谷傳則

皆さんこんにちは。11月も半ばを迎え日に日に寒さもましてきてますね。お身体は体調など崩されてはないでしょうか?くれぐれも体調管理には気をつけたいところですね。
さて、ここ最近の地元シーバス事情と致しましては前回ログで書かせて頂いた落ち鮎シーズンもほぼ終わりを迎え、ここ最近は隣町の松江は大橋川に足を運…

続きを読む

オキアミに着いたヒラマサ by 長谷川泰孝

ググっと冷え込んできた今日この頃、皆さんも毛布やコタツを引っ張り出して来たのではないでしょうか? 大阪の長谷川です。
去年、今年と週末の度に海が荒れ、本当に天候に悩まされましたが今回はお客さんが少なくて出航しないと言うまさかの状況により予定していた釣行の海域が変更となりました(TT)
今回は2年半ぶり…

続きを読む

バグラチオンに頼る秋 by安田ヒロキ

みなさんこんにちは!安田ヒロキです。皆さん秋の寝不足ハイシーズンを楽しんでいますか?
僕も仕事終わりに22時頃からポイントに行き2時頃に帰るというスケジュールで毎日のように釣りに行っています。
前回の僕のAPIAブログでも紹介しましたが、その時間からだと先行者が散々打った後なんですよね。
そこで最近はバグラ…

続きを読む

早春の表層バチに!ハイドロ新作完成  松尾道洋

今日は新製品のお話。
 
HYDROUPPERはRED中村監修の表層攻略シンペン。90Sから派生して今やシリーズになりましたが、この度新たにスリムタイプがラインナップに加わります。
年始のバチパターンからテストが始まり、幾度となく試作を重ねて先日ようやく金型へと着工しました。
 
今となってはシリーズの最大の特徴でもある…

続きを読む