2023/12/17(日)時合いをモノにした高速ジャーク

こんにちは!JUMPMANです!

前日はデイゲームでマグナム+1だけで10キャッチ。(記事は以下から↓)

https://www.fimosw.com/u/jumpman/g3wbztaaoc9vji

12月中旬になってもいい釣りができています。

同じポイントで数釣りを楽しむのもいいですが、もっと湾奥にもシーバスが残ってないか確かめるのもよし。

ということで、この日は魚が抜けてしまったかもしれない湾奥港湾部へ調査です。



最近のトレンドはミノー。

ブローウィン140s/140j、X80マグナム+1をローテ、アクションも数種類を使い分けて正解を探しています。

朝マズメの薄暗い時間はより上のレンジで喰うことが多いのでブロ140sで。

これで大体1回は反応を取れています。

しかしこの日は全く反応なし。

もうシーバスは抜けてしまったか?

と、思いきや時合いは突然に。



マグナム+1を着水から高速ジャーク。

レッドアイ87という硬めのショートロッドだからこそ可能なアクションです。

すると足下から5mほど先でヒット!

少し濁りが入っているため喰った瞬間は見えませんでした。

ようやく来てくれたのは50㎝ほどの細身なシーバスでした。(7:28)



アフター個体でしょうか。



リリース後1投目。

さっきのヒットパターンと同じアクションで今度はジャーク45回目、ちょうど着水点から半分くらいでヒット!

おっ⁉︎なんだか重量感がある。

水面に頭だけ出してバシャバシャ!とするエラ洗いも迫力があります。

レッドアイだと足下まで寄せると60㎝程度なら簡単に浮かせられるのですが、コイツはよく粘る。

それでもレッドアイがぶち曲がりながらシーバスを制御。

硬いけど粘りのあるロッドは使ってて安心感がありますね。

そして浮いてきたのはまあまあサイズのシーバス。

無事キャッチです。(7:37)



久々の70アップでした。



リリース後1投目、また来るか?と期待しましたが、さすがに来ません。

しかしその次のキャスト。

少し立ち位置を変えて同じジャークで攻めると、足下からロッド1本分先でヒット!

濁りがあると近くで喰わせられますね。

タモが上手く開かないハプニングがありましたがこれもキャッチです。(7:45)



55くらいですかね。



時合いはここで終了。

その後はチェイスはたまにありながらも喰わせることはできず。

10時頃に帰宅となりました。

一瞬の時合いをモノにしなんとか3本キャッチ出来ましたが、基本的には渋かったです。

このポイントはそろそろ閉幕かなーと思った釣行となりました。



◯タックルデータ
・ロッド…Silver Stream 87 RED EYE(Ripple Fisher)
・リール…19CERTATE LT4000CXH(daiwa)
・ライン…Seager 完全シーバス 1.2号(クレハ合繊)
・リーダー…Seager premium max 26.5lb(クレハ合繊)

○コンディション
・時間…6時00分〜10時00分
・天気…晴れ
・風… 西4〜6mのち北微風
・水温…15℃(windy参考値)
・潮…前中潮3日目(満 4:03 159㎝ / 干 9:19 93㎝ / 満 15:01 168㎝)

各種SNS更新中です。以下リンクからご覧ください↓
Instagram
https://www.instagram.com/jumpman_fishing
Twitter
https://twitter.com/jumpman_fishing

コメントを見る