プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

2019年 8月 (8)

2019年 7月 (9)

2019年 6月 (12)

2019年 5月 (3)

2019年 4月 (12)

2019年 3月 (10)

2019年 2月 (1)

2019年 1月 (4)

2018年12月 (2)

2018年11月 (1)

2018年10月 (26)

2018年 9月 (15)

2018年 8月 (1)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (15)

2018年 5月 (10)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (2)

2018年 1月 (6)

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:31
  • 昨日のアクセス:148
  • 総アクセス数:14815167

EXSENCE Responder129F発売!

シマノから発売されたサイレントアサシンシリーズとは別のコンセプトルアー。
「レスポンダー129F」のスペックは129mm 19gですが、同じ129Fのサイレントアサシンは22g。この3gが大きな違いを生みます。
その昔、私が初めてプロデュースしたインジェクションミノーが、今は無き「フララ137F」。これは137mmで18gしかありませんでした。

この数グラムの差が「浮力」を生み、その「浮力」が大きな「波動」を生む。しかもその波動を効率良く拡散させる為に、扁平ボディを採用しました。

オリジナルなリップデザインは水掴みを良くし、流れに体するレスポンスが極めて向上しています。つまり、水を掴んでもその流れの下を潜らないミノーです。
高知でも表層のみ早くなった時に、ラインが左右に振れる感触を感じ、開発のYさんと感動(笑)
そのYさん・・このレスポンダーでアカメを食わせたんですが、残念のフックアウト(笑)

高強度低比重ボーン素材を採用。浮力が得られると飛距離を犠牲にしてしまう・・という点を可能な限り解消しています。

Yさんと鶴見川や太田川でテストした日々が懐かしいです(笑)
4wnncyt2hg9kua6h3zej-4f9e82f0.jpg
数々の魚をゲットした最終品達。生き残ったのはわずか6本。お役御免で、付けていたがまかつSPMHを回収。勿体ないので今日届いた製品へ換装します。高価なフックなので、私もたくさんは貰えません。全てを有効に活用します。

kx8dycszkfgbi5wigfm7-871062f2.jpg
両面に付いたロールマーク。しっかりとしたアクションを生み出している証拠です。

全12色。
よろしくお願い致します。

ijztpmyh45wdzyz47t7r-0713b221.jpg
「ハデイワシ」

s5o2f4spse8x3b3xz5hm-d98e4f69.jpg
「ピンクバック」

gt7fi63d4fb5xjweb9nm-6a527e01.jpg
「レッドヘッドHG」ハードゲイ?(笑)

3vne4r432vcttus3ciaf-b0c6c3a1.jpg
「レンズベイト」

j8ybvm3zkhwkrokdn2f2-bd28d6e2.jpg
「グリキンOB」

gjy388hb3wyta9bw4r8k-102e39e4.jpg
「レンズシャイナー」

vt4mgtchoxty5i77azuz-b739cb90.jpg
「ナチュラルベイト」

sygt36shcb2ngbjy2jgs-3ab8eeab.jpg
「チャートキャンディ」

8xcfkfj34pi2yzgsg4jo-3b5430b0.jpg
「ボラコノシロ」

fgrs4ookeyr6nzeevokh-43019116.jpg
「チャートバック」

odzmffartotaiswu96dx-2d22cf1b.jpg
「パールRH」

bpkfxcyeifvim3bnr3yo-1e58cd30.jpg

シーズンドンピシャです(笑)




 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ