プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/4 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

アーカイブ

2019年 8月 (8)

2019年 7月 (9)

2019年 6月 (12)

2019年 5月 (3)

2019年 4月 (12)

2019年 3月 (10)

2019年 2月 (1)

2019年 1月 (4)

2018年12月 (2)

2018年11月 (1)

2018年10月 (26)

2018年 9月 (15)

2018年 8月 (1)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (15)

2018年 5月 (10)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (2)

2018年 1月 (6)

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:185
  • 昨日のアクセス:482
  • 総アクセス数:14463036

最強ソリッドバイブ!

このバイブレーションで出会ってからバイブレーションの創作意欲がほぼゼロになり「私の心を折ったバイブレーション」へ

それが「サルベージソリッドシリーズ」
goa88db8kezsyi5uhu9u_480_480-cdea8089.jpg
60mm12g/70mm20g/85mm26g/100mm33g

当時は他のメーカーでソリッドバイブの開発予定もあったんですが、このサリベージソリッドのあまりの出来映えに開発を断念。
コレを超えるソリッドバイブを超えるアイデアが結局得られずにね。まあ・・潔い判断だと今でも思っています。

開発には関わっていないんですが、たまたま発売前のプロトを触る機会があり、その使い勝手の良さや実際の釣れっぷりに驚愕でした

sjztvgsgdonr2nadyd24_480_480-1552f6b0.jpg
コレがその時の写真
このサルベージソリッドの登場で以降鉄板バイブの出番がほぼゼロになりました。

マルジンを起業してJIN VIBEを出した時も最初はソリッドバイブを考えてたんですが・・今なら新しいアイデアがあるので違いは出せそうではあります・・

やるか?やらないか?は未定です(笑)

fwcxttgnjzmmfhuorouc_480_480-378fd738.jpg
100mm

okpiibu5chpi6anbca5n_480_480-450980d0.jpg
85mm

2aa46aptinxxija4xz3c_480_480-b37b865e.jpg
70mm

69trazd48j98f3vv9zcg_480_480-d56cfb6e.jpg
60mm

コレが今年の新色です。箱に移し替える作業をすると各サイズの消耗具合(使用頻度)が一目瞭然。

圧倒的に70mm、次いで85mmの手持ち数が少ない。私のポイントではこの2サイズが主力級なんでしょうね。

作るなら70mmだな(笑)

sdjy2ezekjzwwijkxuch_480_480-4bfb878b.jpg
今回の新色は強鱗が多く採用されていて、幅広ボディに良く映えています。

JIN VIBEみたいにボトム付近を探るのに長けているのを除き、最早鉄板バイブの時代は終焉を迎えたように思えます。

 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター