DRAGON LOOP https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja 20年振りの一眼レフ購入 https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dp3efnhrc 2020-10-30T00:01:00+09:00
そもそもネガフィルムなので焼いてみないと分からない事を考えるとデータ化出来た時はめっちゃ楽でした。

雑誌などはネガではなくポジだったので管理は楽ですが、フィルム含めてお値段お高めでした

ポジの投影機なども持っていましたし、結構先端を走っていた感じでしたが、LOOPに入るとまず写真の撮り方や管理の仕方を伝授することから始めたもんです。

コンデジが発売され、今に至るまでに10台くらいは買い替えたんじゃないでしょうか?

先日ニコンのコンデジを修理に出したらとっくに部品はありませんと言われちゃいました(笑)

タフも最近調子が悪いので修理ですね・・

結局仲間から送られてくる写真は全て携帯画像・・

確かに綺麗なんですが、使い道は結構限られていて解像度は数値ほどではありません

商品のブツ撮りでもコンデジ使ってたんですが流石に限界です

ということで・・

マルジンで初めての一眼レフ、、、しかもフルサイズを導入!

どうせ買うのなら・・後で後悔しないようにフルサイズ


ちょうど新製品が出たSONYの「α7C」


フルサイズでは最小サイズらしいです


レンズは追加で単焦点広角を1本追加
この1本で12万以上します(汗)

ついでに・・

夜間撮影に備えてフラッシュ


動画撮影に備えて周辺機器を導入しました

動画カメラはGoPro含めて高機能カメラを持っているんですが、せっかくなのでセットアップします

とんでもない金額になりましたが、これで良い写真が撮れるのなら正当な投資だと思います。

ちなみに・・


α7Cで撮った一枚・・ピント合わせがめっちゃ難しいんですが(笑)


タフもそう変わらんわ・・(笑)

しばらくは写真の撮り方をもう一回勉強ですね・・

 ]]>
嶋田仁正
東京湾奥ボートシーバス川崎編 https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dp56o3pim 2020-10-29T00:01:00+09:00
ティムコ時代に仲間だった森田船長のガイド船です!

老舗中の老舗ガイド船なので、釣果に一喜一憂せずに「何をやりたいか?」を聞き取りした上で当日のプランを組んでくれます。

目的は当然・・「UK BB160F」がこの東京湾でどの程度通用するのか?川崎と浦安の端から端?の船に乗って確かめる事が目的です

流行りのビッグペンシルや大型ビッグベイトなどは当然封印し、自社のUK BB160F一択で勝負します。

通用するルアーなのかどうか?それを判断するのは日々あらゆるルアーでシーバスと対峙する船長の判断。

記憶の中では抑揚の無い森田さん(笑)彼が褒めてくれるのならちょっと自信になるかな?

夜明けと同時に出船・・

ホームである羽田界隈を探索します。

前日はビッグベイト縛りで数本キャッチという事だったので、2人で5本も当たればOKかな?という気持ちでスタートです

最近コノシロが溜まってきたエリアを流しつつ、途中バイブレーションの釣りもやってみたが今ひとつな海。

水温が前日より1度以上下がってターンオーバーしているのが原因なのか?

という事で気持ちを完全にリセットし、UK BB一択ゲームを希望する事に。これなら玉砕しても悔いは無いですしね。

・・・・・と思ってたんですが・・


まさかの・・・・


爆裂です(笑)
船長も普段メインに使用しているダウスイやメガドッグからUK BBに替えてアクションチェックから動かし方をしばらく模索しつつ投げ倒してくれましたが、黙々とヒットさせていきます(笑)

90クラスのチェイスもあり、渋い日?から一転して今日は良い日?認定です(笑)果たしてこれはたまたまなのか?それともルアーの力なのか?忖度無しで使い切ってくれました!


この日の竿頭は平野さん。出した数なら20本以上か?もう何発出したか不明です(笑)水面を割ってもんどり打つシーバスにサイズではなく大興奮!前日同様にどんどん釣っていきます


船長も何本獲ったんでしょうか?(笑)しかし釣れるアクションを直ぐに見つけ出すスキルはとんでも無いですね・・


この日もホロ系に反応が良かったり、チャート系に連発したりなどカラーについては検証するも明確な答えは出ず。画像が有りすぎるので割愛してますが、ナノハナやクリアチャートが多いような気もしますが、私個人ならホロ系もそれほど差がなく釣ってるような?
ただ浦安と違って前日から潮が透けてたのでその影響もあったのか?


個人的に1番好きなCBコットンブルー

東京湾のシーバスはチャート好き・・・

それは間違いないですが、好きなカラーを投げるのが1番釣果に結びつくような気もします(笑)

この日は出した数なら40発以上は出したんですが、キャッチは十数本と控え目な感じ(笑)

でもとても楽しい(仕事)でした!


シーバスガイド「REAL」 http://f-real.com/

船にUK BBを数本置いてきたので、船長に使い方などを教わってみるのも有りですね。


 ]]>
嶋田仁正
東京湾奥ボートシーバス https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpkxsfiwi 2020-10-28T00:01:00+09:00
目的はUK BB160Fの動画撮影ですが、ビッグペンシル中心のゲームにUK BBのドッグウォークアクションが割って入れるのか?

その検証が目的です

UK BBは水平姿勢のダイペンアクションのビッグベイト(160mmをビッグベイトと言うかは別にして)ですが、このサイズで65gという重さはアクション時(ただ巻き時も)の水押しが売りです。

ミノーやバイブが繰り出す波動ではなく、動きが大人しいスラローム系でも比重と設計思想で強力な水押しで魚を呼べる力を持たす為にはこの重さが最低限必要です。

4年前にプライベートビッグベイトの時はアクションの切れを重視したデイゲーム仕様だった頃から10g以上のウェイト増なのは、ナイトゲームも視野に入れたアクション設計だからこそ。

今回お世話になったのは船橋から出る遊漁船「海猫」さん

あの悪名高き?船橋漁協の前から出船です(笑)国を通じて県と漁協に質問状を送ったのがもう5年以上前なので感慨深いです・・。



港を出てから直ぐに鳥山を発見!

肩慣らしにチョイ投げを・・ベイトはイワシですね。

普通にTOPで釣れそうですが・・今回はUK BBのドッグウォークがどこまで通じるか?の検証です

投げ切る覚悟でキャストを開始するっと・・


ワンキャストワンフィッシュな感じ(笑)サイズは60クラスですが、群れで襲いかかって来ます。抵抗の少ない水面ではなく、水面直下数センチ程のレンジをドッグウォークさせるので乗りは当然抜群です。(ルアーは今週末発売で絶賛受注中のPBペイントボラ)


日が差してくると更に加速というかアグレッシブに(笑)ペンシルとほぼ変わらないレンジなのでバイトは水面爆発です!


太陽出たらホロ系にチェンジ!これまた新色のHRハクレンジャーですが、チャートが強いという印象の東京湾も、晴れたらホロが当然効果的です。もう・・この時点で何本掛けたか不明(笑)


当たり前ですが・・・全員のロッドが同時に絞り込まれます(笑)
とはいえ・・サイズが中々上がらず70半ばまで・・
まあ・・正直大きな魚にはちょっと飽きているので、やっぱ数釣りしたいんですよね(笑)BBで数釣りって面白いじゃないですか。

でも・・平野さんは毎晩このUK BBでウェーディングに陸っぱりと怒涛の爆連を続けているので、船も岸も変わらんなあ・・という感じらしいです。むしろナイトはランカーが数本混じるそう。

最早、異次元の東京湾です・・・


ランディングも面倒なので60cmに満たない場合は船べりでそのままお帰り頂くか、わざと直下でエラ洗いさせてオートリリースさせます。何とも贅沢な・・


ここで鳥山も落ち着き潮止まりを迎えますが・・しばらくサワラや青物狙いで遊んだあと・・

また更に怒涛の連発(笑)

しかも今度はサイズが良く、明らかに80を軽く超える個体も食ってきます。


雲が掛かりローライトになるとチャート祭りが開幕(笑)

画像はありませんが、船長にBBのYBイエローボーンをプレゼントしたら直ぐにアジャスト。爆連していました(笑)

使い方は至って簡単。ロッドティップを立ててチョンチョンと小刻みにリズム良く刻めば左右にドッグウォークします。後は水面が割れて乗ったらアワセるだけです。


結局平野さんはBB一択で押し通してずっと釣ってました(笑)

ちなみに私はイワシ付きにSPINを入れたりしたんですが、更にバイトが増えるものの、サイズは落ちてしまいます。


明らかなビッグ鰤が平野さんと私にバイトしましたが、惜しくも乗せられず・・ここでタイムアウトとなりました。

帰りにストラクチャー遊びを少しだけやらせて貰ったんですが、そこもBBでクソ入れ食いだった事を付け加えてこの日の釣行を終えました。

「海猫」http://umineko.biz/

ロッド:ルナミスB76MH
リール:カルカッタコンクエストDC200
ライン:パワープロ2号

 ]]>
嶋田仁正
UK BAIT21もお忘れなく https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dp4e8er2k 2020-10-26T00:01:00+09:00
秋爆にもガッツリと貢献しています(笑)

正直、私のBOXにはジンバイブ以外のバイブレーションはサルベージソリッドと、このUK BAITシリーズしか入っていません。


ジグヘッドタイプとよく間違えられますが、全く異なるルアーなので使い方は同じでも種類が違うと思って下さい

ミノーなどで反応が無いような状況でも、しっかり魚を拾ってくれるのでBOXからは絶対外せないルアーのひとつです


セイゴからランカー級までこの強波動にイチコロです

すでに社内の在庫はありませんが、次回入荷は来年2月で確定したので春にはしっかりお届け出来るかと思います。




ベイトが沈んだな・・・と思ったら即投入から即ヒット!


結構丸飲みが多いので要注意!


特にこれからはショアブリの季節が本格化してきます。

このUK BAIT21はフックサイズが#6ですが、#5でも#4でもイケちゃいます。フック同士の絡みは増しますが、それほど安定したルアーなんです。

 ]]>
嶋田仁正
UK BB160F秋カラー発売! https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dp94coyje 2020-10-25T00:01:00+09:00
弊社としては秋新製品の関係で来春に発売を遅らせる予定にしていたUK BB160Fの新色ですが、UK BAIT、UK SPIN、GAMADASが遅れに遅れている為に、来春の新製品が渋滞確定。

急遽、今月末から販売する事になりました・・

カラー毎の入荷数は来年の事も考えてしっかりと作ったつもりですが、追加生産はロットの関係で無理っぽいので有る分でやっていかないといけません。

今回入荷した新色は以下の5色です




今回は安心の家族計画ゴムが装着済み(笑)
これだけで精神的に楽になりました。

ゴム職人のバイトに皆様(多分)・・ありがとうございます!!

それではカラーのご紹介です


SAY 清流アユ
落ち鮎カラーを・・と思ったんですが、過去の経験上落ち鮎カラーである必要性は全く感じないというか・・落ち鮎カラーでの釣果にほぼ記憶が無いので(笑)綺麗なアユカラーを選択しました。
完全に個人的趣味ですが、めっちゃ綺麗ですね。ジョイクロのアユカラーの美しさには到底敵いませんが、結構頑張りました。



PB ペイントボラ
UK SAPPAで採用しているカラーですが、とても人気カラーです。大きくなって更に美しいカラーになりました。見ていて飽きないカラーなので会社にも飾ってあります(笑)




HR ハクレンジャー
レギュラーカラーに入れようか1番悩んだカラーです。今回もフナカラーにするか悩んだんですが、やはり持っていたいカラーなので今回ラインナップしました。



NH ナノハナ
仲間内からもなぜレギュラーに入れなかった?と突っ込まれましたが、CLCが作りたかったので(笑)次回送りになったカラーです。不思議とデイ&ナイトに関わらず釣果のあるカラーです。私自身も普段の釣行ではCLCと共に必ず入っているカラーです。



DCL ドクリア
大いなる物議を呼びそうな?ビッグベイトの完全クリアカラー。オンライン限定カラーにする予定だったので少量生産です(汗)早い者勝ち勝ちになるんじゃないか?と予想しています。


あくまでも個人的見解ですが、完全クリアってハイライトのデイゲーム時には最もハイアピール系カラーだと思います。なんでもかんでもクリア!っていうのではなく、透過率を頭に入れておけば状況に応じて効果的に投入出来ると思います。何せ全方位から光が透過する訳ですから。紫外線云々のカラーも色々あり、私自身も国内で出回る前から色々検証してきた者としてケイムラを始めとしたソレ系のカラーよりよっぽど有効だと思います。これは長年ルアー開発者として経験を積んだ結論ですね。もう20年近く前からオリカラで完全クリアを作ってるのでこの経験値はもうMAXじゃないかな?と思う訳です。



この秋、皆様の元でUK BBが華開きますように・・


 ]]>
嶋田仁正
ふわふわSAPPA https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dp9p6yzks 2020-10-24T00:01:00+09:00
SAPPAとなっていますが、形状はシャッド形状です

日本では見た目からスラローム(S字)系と間違われますが、全くスラロームしないルアーです。

速巻きではバイブレーション、シャクると左右にダートしますが、私はあくまでもふわふわ派です(笑)

どのエリアに行ってもこのふわふわ誘いがめっちゃ効果的です

・・・と幾ら書いても皆様に伝わらないのはとても残念です。

ちゃんと動画を撮って解説すればいいんですが・・

浜恭曰く、COOと並んでSAPPAっていうカテゴリーがあっても良い位に唯一無二のルアーなんですけどね・・

COOもまた同じような感じで、分かった方は手放せないルアーになってしまう・・そんなルアーになってます

釣果に関してはもうそれは・・他に無いわけですから・・。

あくまでローテの一部ですが、ハマった時の爆発力は尋常じゃないですね

マルジン初のプロダクトであるUK SHADWORMと同時発売ですから・・自信しかありません(笑)

現在メーカー在庫はブラックキャンディ、ピンキーヘッド、ブルーバッククリアが数十個のみなので宣伝出来るレベルでは無いんですが・・やっぱ釣れちゃうんで(笑)


明暗をふわふわとあくまでもシャクらずにロッド操作で優しく中層から上をふわふわさせる(抽象的ですみません・・)イメージでゆっくり巻いているとドスンっ!と来ます。


弱点はサイズが全く選べません(笑)他の釣りで全く反応無くなってからやっても釣れるので、最初から入れるルアーでは無いと思っています


何となく数を伸ばしたい時に使ったりします(笑)

ズルいルアーです(笑)



私も手元のルアーが大半はボロボロなので、お店で見つけたら速攻で買っています(笑)

 ]]>
嶋田仁正
UK BB160F祭り開催中〜熊本編②〜 https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpwy7c8f8 2020-10-23T00:01:00+09:00
ここに至るまでに実はすでに答えは出ています。

成田テシターによる検証で、ランカークラス(特に90アップ)に関しては圧倒的にUK BBが上で、数釣り(80以下)だと3大ルアーと同等。でもエリアが高活性ならグリグリ巻ける3大ルアーの方が上だけど結果的にはバイト数は同等。

それでも自分でその結果を検証したい・・という事です。

あらゆるポイントをランガンしますが、前日良かったけど今日はダメ、前日悪かったけど今日は良い・・正にコノシロパターンのあるある状態でスタートしました(笑)

それでも数か所目・・


ドスンっ!最初のエラ洗いでは思わず「メーターあるか・・も?いやないな90はあるか」なんて叫んでしまうくらいのビッグヘッドでした(笑)動画撮影なのでめっちゃ恥ずかしいです・・


カラーはCB(コットンブルー)
がまかつツインフックのビッグベイトスペシャル#3仕様です

お尻のフック1本のみのギリギリファイトでまあまあ焦りました。

これはシンカー無しのノーマル仕様ですが、シモリが多すぎてレンジを入れ過ぎると根掛かりしてしまうのでノーマルです。

使い方はタダ巻きに少しだけ軽いトゥイッチを入れる程度。後で動画で確認しましたが、食う少し前に軽くトゥイッチを一回入れていました。


フィッシュグリップRでロック!

この後幾つものポイントをランガンするものの・・バイトも多く掛けてはいるんですが、まあバラすバラす(笑)流石に10時間以上投げ続けていたら集中力も切れちゃいます・・

ちなみに・・


GAMADAS入れたら直ぐ釣れたりするポイントもありました(笑)

これもローテーション入り確定ですね!


 ]]>
嶋田仁正
UK BB160F祭り開催中〜熊本編①〜 https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dp6jv99j3 2020-10-22T00:01:00+09:00
釣り場も一気にハイシーズンに突入しています!

私も撮影と実釣という名の遠征釣行を初めています。

通常は秋といえば東北河川なので、著名な方は全員集合するんですが、私はポイントを知らないので西へ向かいます(笑)

東北河川をガイドしてくれる方・・募集しています(笑)

秋の遠征第一弾は熊本の天草地方です。

狙いはコノシロパターンのシーバスゲーム

昨年も爆釣したUK BBを用いたデイゲームメインの組み立てです

開始早々・・・


隣で投げてた成田テシターがいきなりグッドランカー!
ルアーはUK BB160FのKR(コノシロレンジャー)


普段はノーマル仕様ですが、神チューン(浜恭Ver.)を伝授しました。1.5g~2.0gのシンカーをアゴ付近に一枚セットして、泳ぎ出しと水掴みを高めます。ちなみにレンジを下げるなら4g貼りです。

そのチューンでいきなりのキャッチ(笑)彼は本当に順応力が高く、昨年の今時期も「天草コノシロパターンでビッグベイトは実績低い」という前評判の中、プロトのUK BBの使い方を教えたらいきなり開眼して連発モードに。若いって本当に眩しいです。

ちなみに私は・・


まさかのビグベイトで太刀魚(笑)F3~4のナイスサイズです!


ちょっとサイズは小さめですが、私も1本ゲットしました!

使い方ですが、何と・・タダ巻きです(笑)

時折軽いジャークを入れたりしますが、基本はほぼタダ巻き。ティップの上げ下げでレンジの調整をしますが、それ以外は本気のタダ巻きなんです(笑)

天草定番のレスポンダーやモンスターウェイク、カゲロウなどと同じ使い方です。

このUK BBはデッドリトリーブでロールが入るように設計しています。この点が他のビッグベイトとの差です。傾きではなくロールをしっかり取り入れる事で、引き波などのアクションも出来る訳です。

という話を彼にしてあったんですが・・

夜に使っても釣れないんですよ・・との事。

それならば・・・とナイトゲームを少しだけやってみました

ポイントは天草ど定番の誰もが知っているオープンシャローのポイントです。ベイトは20cm強のコノシロに10cmほどのミニコノシロに加えてサヨリ多数(笑)

ボイルは一回だけありました。

そんな状況です。

カラーは他のルアーでも使うようなカラーをチョイス。

渡したのは新色のペイントボラ。

半信半疑で始めた成田テシター・・・


あっという間の連発劇(笑)サイズがアレなのでバラシも多いですが、流石の順応力です。ここの彼の能力の高さが伺えます。


ねっ・・・釣れるでしょ(笑)

私は2ヒット2バラシですが(笑)


ちなみにサヨリのサイズはCOO190Fと同じ(笑)

次はサヨリパターンもやってみたいな・・


続く。

 ]]>
嶋田仁正
久しぶりに使いますか? https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpc9wtugh 2020-10-20T00:01:00+09:00
それがストリンガー

魚の回復を待つ為にストリンガーに繋ぐと魚自体が底に沈んでしまうので、私の場合は回復にはストリンガーは使わずにグリップを使います。

ではストリンガーの存在って何でしょう?

活用法はまさに「魚のキープ」です。

お持ち帰りして美味しく魚を頂く・・これですよね。山陰時代はキープしてたので繋いでおいて最後にまとめて〆てました。

血抜きをした際もストリンガーがあれば見ておく必要もないし、〆る前に興奮状態を抑えるにも便利。長めの紐があれば吊るす事もできるので「魚を食べる」処理の過程としてはとっても重要です。

そんな意味で最近は頑張って魚を食べようという流れの我が家。

久しぶりにストリンガーを用意した訳です


シマノ社ハンディストリンガー

最初のモデルのプロトにも少し関わりましたが、バージョンアップしたかな?


これが片手で扱えるようなシステムになればもっと便利ですが・・


このベルトも固定されていないので外したら失くす可能性が高いので固定した方が良いです


上下のカラビナを外してスタート


追加のストリンガーはスナップ結束なんですが、計3個のストリンガーが付属しています

コロナ禍で釣りを始める(再開する)方が非常に増えて釣り場も業界も活性高めですが、こういうアイテムは釣りを中断せずに魚を持ち得る事が出来ますので便利だと思います!


 ]]>
嶋田仁正
おじさんの秋冬コレクション https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dp4uzbyvr 2020-10-19T00:01:00+09:00
「パタゴニア」

過酷な環境に身を置くことなんてないんですが(笑)とりあえずファッショナブルなイメージで着ちゃいます。

最早シマノエクスセンスアパレルは、素材含めて最高峰レベルですが、個人的な趣味で買い揃える訳です。

ちなみにパタゴニアのウェアはやたら長持ちするので滅多に買わないんですけどね。

フィンチの靴下みたい(笑)今日も履いてますよ。

今回は久しぶりにスナップTがリニューアルしたので買い替えるかな?とお店に行ったんですが、気になってた製品がしっかり入荷していたのでそちらを購入する事に。


R2テックフェイスジャケットフリース

内側はレギュラーフリースなんですが、耐摩耗素材なのでゲームベストを上から着ても安心です




Andes Blueは好きなカラー

家族からはこれまでも不評なパタゴニアのブルーカラーですが懲りずに着続けますよ!



次は


クルーネックのフリースです

これも10年以上振りのパタゴニアフリースですね

今年推しのパープルがサイズ無かったのでBasin Greenを購入。



長男の誕生日プレゼントを買いに行ったついでなのに(笑)


オマケにステッカーをくれました(笑)


この宮島大鳥居デザインを採用してくれないかな?

 ]]>
嶋田仁正
秋のUK SHADWORM祭り https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dprvwe3is 2020-10-18T00:01:00+09:00
ヒラマサキャスティングの予定だったんですが、思いのほかウネリが残っているので断念(出来なくはないが酔います・・)

そこで中海でシーバスゲームをやる事に・・

それならデイもナイトも80クラスが釣れ盛っている宍道湖へ?

いや・・午前上がりで帰りたいので中海限定で(笑)

今回は久しぶりの島田エリアの磯回りを撃っていきます


もう四半世紀も前に仲間たちと開拓して歩いたエリアですが、船から狙うのは実は初めてです(笑)
陸っぱりでもめっちゃ釣れますが、おじさんは歩くのが苦手なので楽して釣る訳です。


釣っても釣っても相変わらずアベレージサイズは50cm台(笑)25年変わらず安心しました


もうUK SHADWORMの独壇場。昔はTDバイブやミノーなどでしか攻められなかったんですが、当時を思い起こすほどにバイト多数です

ストラクチャーは他にもあり、杭周りなども狙います


こちらはアベレージが60cmを超えます


今回の新色全てでキャッチしましたが、浜恭のオススメは・・


毛虫カラー(笑)圧倒的だそうです・・







UK SHADWORMは今ならNH以外全色揃いました!!!

 ]]>
嶋田仁正
おじさんの夏休み2020 https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpo6djiht 2020-10-17T01:13:00+09:00
ベイトはボラが8にコノシロが2という感じ

しかもコノシロの群れはちょっと小さく動きも少ないので期待薄な感じです

それでも根拠の無い自信の中でキャストを始める・・

以前来た時にあった瀬がまだある事を確認出来たのでその周辺を念入りに攻めるも・・

何も無し

それでもボラとコノシロが居るって事が妙な自信につながる(笑)

潮位も上がりウェーディングが困難になったので、今回の釣行はここで終了することに・・

しようと思いましたが、何やら上げ潮に乗って新しいベイトが供給されているような雰囲気?

これはもしかしたら見た目の流れは満潮間近なのでほぼありませんが、ベイトがしっかりと動いているのならチャンスはあるんじゃ無いか?そう考えて30分だけ残業!

ビッグベイト含めたスラローム系ルアーに加え、ミノーも投入し色々試すが、GAMADASが妙に水を掴んで良い感じ!そこで念入りに攻めていくと・・

ガツンっ!

根掛かりです(笑)

最後のひとつのプロト・・しかもめっちゃ釣れまくったプロトなので失くしたくない・・無理を承知で再度ウェーディングしながら探っていくと・・回収成功(笑)

ホッとしたのでここで本当に終了しよう・・としましたが、またもや良い流れが入り、ベイトも供給され始める。しかもコノシロです!これでボラ6にコノシロ4くらいのイメージに。

こりゃまた残業だね(笑)

満潮まで1時間ほど

コノシロのサイズも小型なのでルアーをUK SAPPAに変更し、中層から表層をふわふわアクション!シンキングのスラローム系ルアーには出来ないウォブリングのふわふわアクションで瀬の上を攻めていくと・・

ガツンっ!

ブラックエンヴェロープ97M/Hが一気に振り回される!もの凄い首振りですが、ドラグが出ない?なんでなんで?と焦っている間に一気に振り切られる・・フックとリングが破壊・・

残念過ぎる・・

先ほどの根掛かりでギッチギチに締めたドラグを戻すのを忘れる痛恨のミスです・・

でも根拠の無い自信は、やはり根拠は無いけど継続です(笑)

しかしこれはチャンスです!まだ魚は居るはずなので二人のテンションはMAXに!

すると・・

その時はきた!(笑)


ガツンっ!


今度はしっかりフッキング成功!

UK SAPPAのフルキャストした先で何度も繰り返されるジャンプ!

サイズはちょっと・・ですが、手前に寄せてもジャンプは終わらない!ライトを点けた平野さんがつぶやく・・「目が赤いです!アカメです!」

おおー!やっぱ自信って大切だね(笑)

横たわる魚体をグリップで掴もうとした時・・・

ん?


ヒラスズキやないかい!


頼んますよ・・本当に・・


ナイスサイズのヒラスズキです(笑)コレまでに鏡川で釣ったヒラでは最大サイズです。これはこれでめっちゃ嬉しいですが・・

アカメをバラした後なのでビビるりますよ・・マジで・・

そして隣で投げる平野さんにも・・


ゴチン!とUK SAPPAでヒラスズキ(笑)

アカメじゃない?と水を向けるも冷静に「ヒラでしょう・・・」とツレナイ返事・・



そしてここで気持ちが燃え尽きたので今回の釣行を終了です

私にとっては遠征というほどの距離でもないので遠征ではなく釣行ですが、千葉から来た彼には高知名産の鰹を二日間に渡り堪能して貰いました!例の不味いチキン南蛮弁当はまた次回に(笑)ダイエットが終わったらご馳走します(笑)


でも私はヒラスズキで満足です(笑)


横浜は大型のパーキングが直ぐ近くに出来(しかも100円)、行きやすくなったので今度は海側をやり込んでみたいですね!
 ]]>
嶋田仁正
おじさんの夏休み2020 https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpsjauuc2 2020-10-16T00:01:00+09:00
高知へは年に数回行くんですが、特にアカメを・・というのはほとんどなく、他の釣りモノに終始します。

という事で今回は千葉スタッフの平野さんがどうしてもアカメやってみたいという事で、潮周り含めて条件悪ではありますが行ってみた訳です。

というのは表向きで、実は広島に来たがってたんですが、これまた潮周りが最悪なのでピン撃ちしかチャンスはなく、それでも80-90クラスなら直ぐ釣れちゃうんですが、彼は彼で数日前から東京湾奥でランカー含めてひと晩数十本とか釣ってる人なのでつまらんよね・・という事で私に付き合わせて高知へ行ったというのが本当。

Go To トラベルで格安だったようで「ホゲ」ても痛みは少ないし。

でも・・私はアカメ狙いでホゲってあまりなく、何の根拠も無いですが、行けば釣れる自信しかありません(笑)

アカメ狙いは条件がほとんど解明されていて、良い時期に良い場所でそれなりのルアーを投げていれば誰かに釣れちゃう魚だと思っているので、その条件を待っていればいつかチャンスは来るんじゃないですかね?現地の方もアカメは結構釣れますよって言ってたし。

でも今回は悪条件です。

それでも何故か根拠の無い自信があるのは「アカメは結構釣れる魚ですよ」というのを信じてるからだと思います(笑)

さて・・

台風関連の雨の影響を期待するも肩透かしをくらい、何となくボヤッとした釣りを開始。昼間に幾つかのポイントをチェックして、ベイトが多そうなエリアを絞っています。


これが嶋田流ランガンスタイル(笑)仲間にはダサいと馬鹿にされましたが、高知市内を周るにはこれが最強です


横浜はボラだらけでアカメの釣りっぽい雰囲気はありましたが、実際には赤い目をしたボラがガンガンに食って来ました(笑)平野さんはこの赤い目のボラを散々に釣った挙句・・GAMADASを浸水させてました(笑)ご愁傷様・・


何年振りかも記憶にありませんが、超久しぶりに青柳とかも入ってみましたが、明暗にUK SHADWORMを入れたら無限ヒラセイゴラッシュに襲われました(笑)

そんな中・・UK BBで何かがバイトしたのでフォローにUK SPINを投入すると・・


まさかのマルスズキです(笑)
もうね・・小さいながらもアカメ?って思うじゃない(笑)何だかイチイチびくびくしながら釣りをする訳です


まあ・・嬉しいんですけどね(笑)

ここからはウェーディングで鏡川へ
ボラ8にコノシロが2くらいのベイトですが、あるタイミングそのベイトが供給されるパターンを発見。完全な裏時合的な攻めですが、ここからラッシュが始まる訳ですが・・

まさかの・・・


つづく(笑)
 ]]>
嶋田仁正
UK BAITは青物にも超有効! https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpvm7wpoi 2020-10-14T00:01:00+09:00
「UK BAIT21」

仲間内ではテスト期間での圧倒的な実釣力で「マルジン史上最高」の販売数になるのは間違いなしと言われてましたが・・

多めに作った数が数ヶ月で完売したくらいで収まってしまいました

現在かなりの注残ですが、事務所のスペースの問題で次の入荷はまだ未定です。しかしこのルアーに関してはじっくりと育てていきたいと思います。

ちなみに・・来春?位に予定している次回入荷時には新色も少し混ぜていきます。

さて・・あくまでもシーバス用ではありますが、UK BAITシリーズは青物にも超有効です


昨年の秋も複数のブリを仕留め


今年の春には仲間がウェーディングブリを。


強度抜群であり、フックはそのままサムライフック#6でもご覧の通りです


UK BAITシリーズは無限の可能性を秘めている


ちなみに私は強引な短時間ファイトが好きなのでフックをがまかつのSPMH#6や#5に換装しています


ちなみに#2フックひとつでもバランスは問題なし。
バラマンディくらいじゃビクともしません(笑)


是非、ブリ狙いにはUK BAIT21をお試しください

ちなみに磯にひとつ持って行けば色んな魚種が釣れちゃいます!

 ]]>
嶋田仁正
TWIN HOOK https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpt9vkdcv 2020-10-13T00:01:00+09:00
通常のトリプルフックと比べて格段にヒット率が上がっている気がするからです。

バラしも減っている気はします。


ちなみにこのフックはSPMH3/0ですが・・・


数本キャッチしたとこで・・しかしこうなった大半の理由はフックを外す時に刺さり具合?によってプライヤーで掴む場所がこのチューブ付近になった時に破損が起こっているんじゃないかな?
勿論素材自体の耐久性もあるので、まだキャッチしてない他のも確認すると表面がザラついたりしています。


これはコイツからフックを外す際にこうなっちゃいました(笑)エラ下の硬い部分刺さったんですが、二本とも深く入ってしまい、更に針を掴む場所がゴムのところだったのでスルスル動いてとにかく外しにくい。そうなるとSOMのフックリムーバーが大活躍しそうですね。

そう言えばUK BBはシンキングタイプを作る予定で、内部構造にウェイトルームを他に作ってたんですが、意思疎通のミスでまさかのフローティングのままになってしまったので、相変わらずウェイトを貼るチューンをしています


これはガンクラフトので一枚4gです(笑)これを二枚貼るとシンキングになりますが、短い距離を動かしたいなら前だけ貼るのもありですね。前傾姿勢になるので早くレンジを入れられます



フックの考察はまだまだ続きますが、シーバスくらいならナノスムースコートタイプのビッグベイトスペシャルがオススメです!

昨年は失くしたら最後のプロトでしたが、今年は発売後なので思う存分にストラクチャー周りを攻めていけてるので釣果は倍増中!




 ]]>
嶋田仁正
UK BB160Fの季節 https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpvxmucfg 2020-10-12T00:01:00+09:00
今年もサッパが多い広島湾界隈です

まあ別にサッパで十分です。

むしろコノシロ付きより様々なルアーへの反応は良いです

印象ですが、サッパはレンジの上下動が激しいベイトのように感じます。コノシロなどは水温が下がるこの時期は比較的中層から上を意識しているように思えます。

今年も例年通り5月には河川の中流まで少ない個体が入っていましたが、夏を迎えるとその姿は一時的見えなくなります。もうこの話は過去に何度も書いてきたので割愛しますが、コノシロって河口部界隈の漁港ややや深いエリアに初春から大集合しているので、船を持っていれば容易に見つける事が出来ます。

さて・・UK SAPPAの140位のが欲しいという声は聞こえないフリをして・・

マルジンも迷いに迷って販売に踏み切ったビッグベイトがあります(とはいえたった160mmしかないんですが・・)

ただ巻きでしっかりロールを入れたり、誘い出しで上昇アクションを起こすように設計したのはスラローム以外の要素を盛り込んで水押し重視で作ったからです

とはいえ本当に難しいルアーです(売るのがね・・)

簡単なジョイントで出せよ・・とは思いますが、シーバスで使う程度ならそれこそジョイントだったらサイズ以外でルアーの差ってほとんどないです。

売れそうにないワンピースボディで出したかったのはやはり釣果に拘ったからですね

今年不調だった中海〜宍道湖のビッグベイトゲームも全く不調を感じさせないというか例年以上に圧倒的な釣果を叩き出してます

まあこのルアーは中海用に作ってもう4年ほど経つ訳ですから当たり前と言えば当たり前何ですが・・


広島河川もそろそろ本格シーズンですかね?
昨年は12月から始めた市内河川ゲームでは90クラス含めて相当数仕留めましたが、今年はいよいよ復活宣言で市内ゲームを展開しています。


ジョイクロ派でしたがUK BBの凄さ?を少しだけ実感して貰えて良かったです(笑)


大人のおもちゃカラーも揃えています(笑)






現在8色展開ですが、今月は更に5色入荷。でもこの5色は来年春発売にする予定です・・。もの凄い在庫負荷ですが(汗)弱小メーカーはいいなりになるしか道は無いようなので頑張って耐え抜きたいと思います(笑)
 ]]>
嶋田仁正
FISH GRIP R https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dp48ppvb3 2020-10-10T00:01:00+09:00
今年シマノから発売になった「FISH GRIP」

思い起こせばもう何年も前からやってるのを見てましたが、私自身は関わっていないので完全に忘れてました(笑)

30kg計測可能な大型モデルが先行発売されていましたが、いよいよ中〜小型サイズも発売に!


その名も「FISH GRIP R」

あらゆるパテントの関係で制約まみれの参入ですが、そこは世界トップレベルの技術力です


バネの力に頼らない4点リンクにアーム自体のカム構造でホールド力は格段に向上しています


完全なガングリップ(笑)尻コードの穴が巨大過ぎて入れるリングを探すのが大変でしたが、何とか見つかりました


実釣に関わる部分で最も大事なアームですが、縦から見ると恐らくネジレ強度を高める為の変わった形状になっています(聞いた訳じゃないですが多分そういう意味でのカーブデザインじゃないかと?)


コロナ禍で嫌と言うほど味わったメイドインジャパンの有難み(ルアーみたいにパッケージに詰めただけのエセジャパンとは異なり本気のジャパン)


私がウェーディングで日々愛用しているOG2510(10thモデル)とのサイズ比較。重さは上の方が15%ほど軽い感じです


アーム開口部(OG2510がメンテ中なのでOG2100HDで比較)


中〜小型サイズながら広い開口部です


形が変わっている方を口の中に入れます。逆にすると魚の顎が裂けたりする事があるのでここは大事なポイントです。
迷ったら固定されている方を中へ・・です。

 ]]>
嶋田仁正
OK!GAMADAS! https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpmubk8ic 2020-10-09T00:01:00+09:00
その名もGAMADAS(笑)

最早笑い話にしかなりませんが、年内発売どころか年内確定すらも怪しい感じです(笑)という事で・・

あまり情報開示が出来ない状況にある訳です・・

現状、バラバラのパーツを接着剤で組み合わせた最終プロトのみを各スタッフが使うのみ。

なので・・失くしたら大変です(笑)

実は私のみ3本持ってたんですが・・

1本はキャスト切れ・・

1本は橋脚に当ててリップ破損・・

という事で私も1本のみ保有です

その貴重な?サンプルを大事に大事に・・


ビビりながら使っています(笑)



巨大ナルトビエイとの格闘はダークフォース97MHの力を信じて強引にファイト。何とかルアーを回収出来ました。


関東スタッフの平野さんもナイスランカーをキャッチ!


ジェノスベイトにて!


ヒラセイゴボイルですが、釣りまくったら収まりました(笑)


何本釣ったか・・不明(笑)



失くしたくないから投げたくない・・でも釣りたい

その葛藤は続く・・

とりあえず国慶節が終わったら即刻カラーサンプルを作って欲しい

 ]]>
嶋田仁正
ちょっと真面目に青物再開 https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpczs5g2a 2020-10-08T00:01:00+09:00
元々広島に転勤してきた時にも時期が来ればハマチクラスが釣れたりしていたんですが、河川絡みでガッツリと釣果を出せるようになったのは大分のコノシロ付きゲームがキッカケ。

これなら広島でもあるんじゃない?ともう十数年前から調査を開始。岩国から広島のあらゆる河川でコノシロを捕食する青物を発見しました。当時は仲間内や爆chの登録者や市内の一部釣具屋さんにだけこっそり教えてましたが、単身赴任で広島を離れている間にもう完全に固定化しましたね。シーバス、太刀魚ジギング、チヌに続き新しい市場を作れて良かったです。

そんな青物ゲームも実は大して興味はなく(魚食べない人なので・・)、逆に釣ったら面倒なのでもうずっとやって無かったのですが、やはり起業したからにはちゃんとしとかないとね・・と昨年から真面目に再開したという訳です。

この青物(ブリ、サワラなど)を釣るのはジグを多用する人が多いですが、実はジグよりも遥かにジグヘッド系ワームやプラグの方が効率良くキャッチ出来ます。効率良くないのはお財布だけ。

例えばコアマンのVJシリーズなどは今ではもうド定番ですね。針が弱いので交換の必要がありますが、仲間内でもめっちゃ釣れるルアーとして発売当初から定着しています。

マルジンで言えばUK BAIT21が青物に効果的です。昨年も90クラスまではしっかりと仕留めています

そんな中・・

私が個人的にオススメなのがジグヘッドワーム


UK SHADWORM+UK JIGHEAD9gで90クラスの川ブリ


フックはブリ程度なら全く問題ない強力なタイプを採用してます




こちらは昨年UK IWASHIWORM+UK JIGHEAD9gで仕留めたブリです

強引なファイトでも全く不安無しに勝負できます

アクション自体は超絶ブリブリ系のバイブレーション波動ですから、ベイトの群れについてボイルしたりすれば百発百中で仕留められます。



騙されたと思ってBOXに数本だけでも忍ばせて下さい


 ]]>
嶋田仁正
FBへの進化 https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpau3pxbp 2020-10-07T11:20:00+09:00
実釣している感じでは釣果の差は無さそうなんですが(笑)何せ魚より先に人間を釣る事が釣果への第一歩だと考えれば、FB化している方が断然釣れているように思えます。

事実・・さっきBOX見たらクロスAR-C以外はFBでした(笑)

このFB化は益々進み、来年以降も新製品が続々登場予定です

そんなFB化したルアーで良い魚が獲れたので報告を・・


巻いている時は関係ないやん!というツッコミは置いといて・・それでもスローリトリーブ時にはルアーの挙動とは別に勝手にフラッシングしてるからもしかしたら何かしらの効果を産んでるかも?


今年新たに追加になったのが129と140サイズ

私が最も多用するのが140サイズです

同じポイント、ベイトでもこの129と140では天候というか環境で使い分けします。もし水が大きく動き抵抗が大きくなるようなら129を、その逆が140をメイン使用します

それはアサシンに関しては泳がせ過ぎないように気を配って使ってるからです。

一生懸命泳ぐベイトにシーバスは興味を抱くのか?

という私の基本的な考察に基づく戦術です


昔と比べ、明暗が死んだ橋付近ではオープンエリアの地形に大型個体が定位します。そこをピン撃ちすれば100%に近い確率で90クラス(まれに90後半とか)が獲れちゃいます。
そういうピンを幾つか持ってるんですが、そこだけで三桁くらいの90クラスは獲ったり獲らせたりしてるんじゃないかな?

でもこの夜は・・90にちょい足らず・・

狙って90獲れなかったのはほぼ記憶になく、結構傷心な夜でした。


それでもFB化したルアーで初めて大きいの釣ったんじゃないかな?

今年はこのFB化したルアーをプロトも含めて本気使いしてみます。


 ]]>
嶋田仁正
夜ブレードという概念② https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpmun5n3b 2020-10-01T00:01:00+09:00
別に珍しい話ではありませんが、ティムコ時代に見たフローティングプラグにブレードが付いたルアー・・

ボートシーバス用ではありましたが、自分の中では結構センセーショナルなルアーでした。

その後現在に至るまで幾つか似たようなのが登場しました。プラグ+ブレードの元祖だったそのルアーですが、どうやっても払拭出来ない弱点があり、私の中ではそれ以上でもそれ以下でも無いルアーとして終わってました

勿論、ブレードベイトがSALTの世界に浸透した時に、そのブレードをプラグに付けて使おうという提案はされてましたが、じゃあその結果それが浸透したのか?と問われたら多分0点です。

1.ブレード優勢ボディ劣勢
2.ブレード劣勢ボディ優勢
3.ブレードもボディも同等

マルジンが目指すのは3番

ブレードに支配されないブレードベイト・・です

その結果・・濁っている時でも・・ナイトゲームでも・・

威力を発揮するブレードベイト

しかも・・「プラグ」ではない「夜ブレード」


間違いなくGOALの一つに到達していると思います


やや濁っている状況のナイトゲーム。明暗ではないゾーンでも爆れるのはボディがチャートだから?フルキャストした先はテーブル上で1.5mほどのシャローエリア。ボディの特性でしっかり攻略。


マルジンブレード


東京湾で・・はデイだね(笑)


中は中サイズの中(笑)

 ]]>
嶋田仁正
UK SAPPA86WSも2周年(笑) https://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpiskee9p 2020-09-30T00:01:00+09:00
ほぼ同時発売のマルジン初プラグ(当たり前か・・)

「UK SAPPA86WS」

このルアーは・・実に思い入れがあります

シャッド形状でS字スラロームを世に送り出したのは当時としては早過ぎた感があり、更にフローティング仕様だったので一部のコアアングラーから絶賛されただけで消えました(笑)

今では色んなメーカーから出てますが、それを今更作ったところでオリジナルとしては見られない。

そこがこのUK SAPPAの出発点

正直言ってこのUK SAPPAと同じアクションは他には一切ありません。っていうか・・そこを求めて作ってくるメーカーなんて無いでしょうね(笑)売れ線のスラローム系作った方が商売になります

という事で・・SAPPAのスラローム系作ろうよという意見も(笑)

考えてはいますよ、マジで(笑)

オリジナルを超えるヤツを・・


もう自信しかないルアーです



2019年新色です


イベントやWEB用で作ったカラーですが、確か数個しか残ってなかったような?

一部カラーが少しだけあるのみで、現在在庫はほぼ無いのですが、来年春には赤字覚悟で少しだけ作れるように調整中です

ちなみに・・私の手持ちは全色なく・・しかも新品は無し。

展示用にパネルへ貼り付けた物のみ(笑)

なので並べて写真撮れませんでした・・


ちなみに昨夜もイッときました(笑)

中層から表層をふわふわ攻めるだけで引ったくっていくバイト。手元にゴッ!と来る強烈なバイトは堪りませんね!
仲間の撮影後、浜恭と1時間だけ居残り。残りもんではありましたがSAPPAのみでボコボコにしてやりました(笑)

とりあえず上の魚だけ抜いたところでJIN VIBEをボトムに入れてみるとスレ掛かりになってきたのでここで終了。無理矢理数本追加して30本で締めるのもありでしたが、他のアングラーにポイントを譲ることにしてここで終了。

中海はやっぱ凄いな。

もうルアーの力ではなくフィールドの力ですね!

 ]]>
嶋田仁正