プロフィール

梶原利起

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

アーカイブ

2019年 2月 (1)

2019年 1月 (4)

2018年12月 (4)

2018年11月 (1)

2018年10月 (5)

2018年 9月 (1)

2018年 8月 (6)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (3)

2018年 5月 (2)

2018年 4月 (1)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (4)

2018年 1月 (5)

2017年12月 (5)

2017年11月 (4)

2017年10月 (6)

2017年 9月 (2)

2017年 8月 (5)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (5)

2017年 5月 (3)

2017年 4月 (5)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (4)

2016年12月 (4)

2016年11月 (8)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (8)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (9)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (5)

2016年 1月 (7)

2015年12月 (8)

2015年11月 (6)

2015年10月 (6)

2015年 9月 (6)

2015年 8月 (8)

2015年 7月 (8)

2015年 6月 (8)

2015年 5月 (9)

2015年 4月 (12)

2015年 3月 (14)

2015年 2月 (7)

2015年 1月 (9)

2014年12月 (12)

2014年11月 (7)

2014年10月 (14)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (12)

2014年 7月 (11)

2014年 6月 (5)

2014年 5月 (9)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (5)

2014年 1月 (10)

2013年12月 (6)

2013年11月 (6)

2013年10月 (5)

2013年 9月 (3)

2013年 8月 (10)

2013年 7月 (8)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (12)

2013年 4月 (23)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (22)

2013年 1月 (27)

2012年12月 (23)

2012年11月 (24)

2012年10月 (29)

2012年 9月 (34)

2012年 8月 (30)

2012年 7月 (32)

2012年 6月 (33)

2012年 5月 (35)

2012年 4月 (32)

2012年 3月 (32)

2012年 2月 (28)

2012年 1月 (30)

2011年12月 (25)

2011年11月 (19)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (23)

2011年 8月 (17)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (17)

2011年 5月 (5)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (5)

2011年 2月 (4)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (6)

2010年11月 (3)

2010年10月 (6)

2010年 9月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:66
  • 総アクセス数:1210105

QRコード

目指せM点超え!

筑後川のモンスターキラー in 大分

先週までは最強寒波到来で、身体の芯まで冷えに冷えきった数日。

一旦緩んだかと思えば、つい先日は大分市内は朝から雪が舞い、凍てつくような寒さ。
本格的な冬の訪れを僕も僕も肌で感じている。

ここ最近は北西からの風もすごく、先週1週間は会社の飲み会も重なり、珍しくフィールドに出る機会が少し減少した。

僕にとって釣りはライフワークの一環だから、数日出ないだけでもどうも気持ちが悪い。

ただ、2017年も情熱をもってハイペースで出ている。

釣れる釣れないも重要なのかも知れないが、回数をこなさないと見えてこないもの、気付かないことがある。

僕にとっては目の前の釣果以上にそれが重要なこと。
新たなパターンや引き出し、発見をいつも探すようにしている。

シーバスにもっと近付きたい・・・その気持ちが今年も僕を突き動かしている。

ちょっと遅くなったが、年末の釣行の話し。
確か28日だったと記憶している。

この日は筑後川のモンスターキラー森さんがお越しになった。

そこで、仲間の皆様にお声かけし、急にも関わらず、河野テスター、班長、tomoじろう氏、shoさん、はたけさんと集まって頂いた。

zopcbjkete5veso5ao3t_920_690-ea5f0cc1.jpg

最初はオープンエリアからのスタート。
低水温らしく、水温重視のポイント選択。

正直最初のオープンエリアは現在未知数だったが、収容キャパもあるし、いきなりの1発も期待できることもあり、悩んだ挙げ句にここを選択した。

偶然タイミングが良かったのか?コノシロに僅かながら深いレンジではあるが、時折ルアーに当たる。

wc3kxoguxmghmgj8py4x_920_837-a7795365.jpg

コノシロにシーバスが着いてさえいればと6~7人で暫し投げ続けたが、残念ながらキャッチに至らず。

河野さんが1発バラシたのが、悔やまれる。
翌日僕を含め数名仕事の為に、時間に余裕はない。

ここは確実に折角来て頂いた森さんに釣って頂こうと手堅い明暗部を選択。

水深があり、魚のストックがしっかりとあるポイントに御案内させて頂いた。

サイズは正直なかなか出ないが、手堅い場所だ。

もともと下げの流れが強く出やすいが、この日は潮回りも大きかった為にいつも以上に流れが速い。

この低水温時期に流れが出過ぎるってのはそんなにプラス材料になるイメージは僕の中にはないが、このポイントに限って言えば、流れが速かろうが遅かろうが釣れる。

いや、寧ろ速い方がアングラーサイドから言えば、バイブをシンペン的に使うここではやり易い言える。

水中の岩、ヨレ、明暗を狙う。

僕はいつも通りのバイブのシンペン的用法で狙った。

アップクロスに入れて波動を抑え、バイブのアクションが極力出ないようにロッドワークとスピードを抑えて流す。

すると、一投目からバイトが出る。
魚はしっかり着いているようで安心した。

そして時間はかからず、一本キャッチした。ここでのレギュラーサイズと言える。

e3v7ezjff9mb59dtci6e_690_920-0b01d2b1.jpg

ルアーはFORMA ADICT15g。このバイブをシンペン的に使う際にTRACYと共に最も多用するルアーの1つである。

hyehyp8wtpn7mzdwotp8_920_690-5fbca91f.jpg

森さんは1本キャッチした後波に乗り、連続キャッチ。

id2k8uzcgvostn5sfax6_431_920-35e66cd2.jpg

fuda7vt688n54axhassy_920_690-9ed6ab10.jpg

森さんの2016年度の締めの釣りはシーバスがまあまあ出てくれた。

ただこの日は釣果以上にみんなでワイワイできたのが一番楽しかった。

xcp95hsnyg5kibbni8yc_920_690-0916d9e2.jpg

この釣行もフィールドは全体的に厳しい状況だったが、よく出てくれたと思う。


【Tackle Date】
Rod
TIEMCO Jumping Jack Zele93S

Reel SHIMANO 14STELLA C3000

Line 山豊テグス SWスーパーPE X8 1.5号
rc2h7vycmixxbihoarem_480_480-89c1fa0c.jpg
Leader 山豊テグス
   フロロショックリーダー30lb.
ytb9dfingrdmemrev9t6_480_480-cfe1b663.jpg

Hit Lure
Little Jack FORMA ADICT15g

コメントを見る

登録ライター