プロフィール

山﨑航希

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

ジャンル

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:95
  • 昨日のアクセス:167
  • 総アクセス数:502694

QRコード

小型バイブで連発の朝マズメ

どうも!!山﨑です!!



この時期はどうしても鼻がムズムズ。

鼻水は出るわ・・・。


ブタクサのアレルギーですね。(泣)


アレルギーの鼻水って、どうしてあんなにサラサラなんでしょうか。

釣りをしている最中、仕事中に垂れてくるし。

仕事中なんて、患者さんと平気で話してますけど、マスクの中鼻水でぐしゃぐしゃのときありますからっ!!(笑)

早くこのアレルギーの時期が終わってほしいです。

鼻がひりひりします・・・。



そんなアレルギーに悩まされている中。

先日、朝マズメにオープンエリアのウェーディングゲームへ。


今日はその釣行について書いて行こうと思います。



下げは・・・。
いつもはナイトで浸かっているオープンエリア。

ここは干潟の様になっていて、潮位がある程度高くてもウェーディングで釣行できる場所。

まあ、釣れるか、釣れないかは別として。(笑)


朝マズメに狙いを定めて、未だ暗く、下げが効く時間にエントリー。

流れはしっかり効いているが、ベイトっ気がなく、色々なルアーを通すが反応は得られず。

​​​​​​98978dwri8hgc89xoyxz_480_270-728eae49.jpg

淡い期待を込めて、fimoオリカラ スラムドッグモンスターで水面をカチャカチャさせるも、反応は無し。


とりあえず、下げは捨てて、朝マズメの上げを本命の時間にしてキャストを続けていた。



上げでベイトっ気が出始める。
明るくなり、潮止まりを迎え、徐々にウェーダーへの締め付けが強なる。

締め付けが上げの始まりを知らせてくれる。


オカッパリより潮の変化や水温の変化が直に伝わりやすいことがウェーディングをしていてメリットと感じるところもある。

そんな上げを感じ始めたころ。

キャストしているルアーにベイトが当たる感触があり、上げが効くにつれて水面にベイトの波紋が出始めた。


偏光をしていなかったこともあり、ベイトをしっかり目視できなかったが、ちらっと小型のコノシロらしい姿を見ることができた。



X+Y=釣果
オープンエリアの釣りは釣れる要素を探して、組み合わせて釣果という答えが出る。

ベイトの量も多くなり、アピール重視でLEGARE プロトバイブを通していると、ボトムを小突く部分を発見。


ベイト+地形変化で考え、その周辺を通していくと。

ux9zbkui2u2actuowsa9_480_270-22d8cf3a.jpg

答えは返ってきた♪


オープンでしっかり答えが返ってくると嬉しいものがある。


このLEGARE プロトバイブファーストプロト

ただ巻の釣りでは申し分ないが、アクション、特に軽くジャークを入れた時にテーリングを起こしやすく、そろそろセカンドプロトが手元に届く為、どのように変わっているかがとても楽しみなバイブレーション。

もちろんファーストプロトで釣果はしっかり出ているため、フィードバックがどのように反映されているかが楽しみだ♪


とりあえず、釣れる感じは掴めたためそれを再現していく。



地形変化+ベイトを絡めて連発
地形を絡めて、探っていく。

そろそろ発売となる予定のfimoオリカラ クリスタルサリー同じように通していくと。

p5b258efgkubcs6tpkmi_332_480-e28f3fb4.jpg
fimoオリカラ べリアルクリア

元気なシーバスさん♪

自重があるルアーであることと、この時はリトリーブスピードが早めだったため、掛かり所が悪かったり、鰓洗いで飛ばされたりでバラシも多かった。

ベイトが沈むとともに、シーバスからの反応はなくなり釣行を終了とした。



最後に
秋と言えば明暗でボイルが出ていて、そこにドリフトをして釣るというのがイメージだが、こうして釣れる要素を絡めていけば釣果は得られる

思いもよらぬ連発があるかも・・・。

明暗はアングラーが多く、中々思ったように流せないことが多いが、オープンエリアは比較的空いているため釣りもしやすいですよ。


そして、下げの時間にアングラーが集中いやすいが、意外と上げもベイトが入ってくるタイミングだったり、潮位的な時合があったりして、他にアングラーがいない時間を楽しめる機会だったりする。

行きたいけど下げの時間に動けないよ~」っていう方にもおすすめですね♪



それでは、今日はこの辺で!!



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



◆SNS◆
【Instagram】
【Twitter】
【Facebook】

 

コメントを見る