プロフィール

山﨑航希

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/7 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

ジャンル

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:20
  • 昨日のアクセス:305
  • 総アクセス数:338513

QRコード

釣れるようになるには?

どうも!!山﨑です。



連休前からブログを更新していなかったので、お久しぶりですね♪

GW、皆さんはどう過ごされましたか?

釣りに行かれた方、家族と過ごした方、思い思いに過ごされたでしょう。

私は、殆ど釣りにはいっていません。

なんせ。


車のカギをなくしてましたから。(笑)


釣りに行く、買い物に行く以外で車を使用しないので、持ち歩くこともなく、どこに行ったのかは本当に不明。

探しても探しても見つからず、かなり焦っておりました。(汗)


まあ、釣りに行っていないおかげで家族と過ごせたからよしとします・・・。

連休と言っても休みだったのは2日間くらい。

仕事は不定休なので、世間が連休などの時も関係ないのが少し悲しい。


車は、スペアキーを妻がたまたま見つけてくれて、本当に助かりました。(さすが我が家の天使)



さて、ここから本題へ!!


東京湾奥は、河川・運河・港湾など様々なポイントがあります。

連日、SNS上ではたくさんの釣果を目にすることも多いでしょう。

そんな中で。

周りは釣れてるのになんで自分は釣れないんだ?場所が悪いのか

なんて思うことありませんか?


私は上京してからしばらくの間釣果を上げることができず、悪戦苦闘でした・・・。

次の日が休みのときは、夕方から次の朝までポイントにいたことも。


その中で釣れるようになるにはこうしたらという自分なりん考えを書いて行ければと思います。




まずはポイントを1つに
SNSアングラーズyoutubeなどで、ポイントを見て。

「ここが釣れてるのか~」

と、いろんなポイントへ足を運びがちではないでしょうか?


自分はそうでした。(笑)


別に悪いことではないですが、いきなりポイントを増やしすぎると「どこがいいかな?」と悩みがち。

長年、東京湾で釣りをされている方であれば良いんですが、始めたばかりの方は特に1つに絞った方が良いでしょう。



何故、1つに絞るのか
1つに絞った方が良いという理由は。

シーバスが釣れる条件を探せる

というところ!!


1つのポイントに通い「釣れる時の状況」「釣れない時の状況」「どんな場所(蠣瀬や橋脚などの目印)」「潮位」をメモに残しておく。

そうすると、段々と釣れる時合が見えてくる

もちろん100%釣れるということはないが、釣れる確率は高くなります。

今日はこのぐらい潮が動いて、時合はこれくらいかな

という釣行スケジュールを立てることができるようになります!!


そして「地形を把握する」ということも、1ポイントを1つに絞るとわかりやすいですよね。

ミノーをキャストしていてボトムに擦れる、バイブレーションで根掛かりする、一部だけボトムに当たらない。

そんな地形をどんどんデータとして収集していく。

そのうちに「シーバスがどういうところについているのか」がわかってくる。

また、地形把握の中で、「ルアーにかかるテンションが重くなる部分や軽くなる部分が出てくる」と思います。

それが「流れの変化」の把握に繋がる。


シーバスは、流れの変化につきやすいので、そういうところを知っていると釣果に繋がりやすいですよ♪


色々な条件で情報収集することで釣れる時合やパターンなどが把握でき、段々と釣果が安定していくと思います!!



把握できたら
1つのポイントへ通い、徐々にシーバスが釣れるようになり、安定していく。

そうしたら、次は似ている条件をほかのポイントで探していく。


そして同じことを繰り返していく。


徐々にポイントは増えていくと思います。



最後に
今回の記事は完全に自身の経験によるものです。

上京してから1つのポイントに絞り3年間、そのポイントへ通いました。

初めの頃は本当に釣れなかった。(笑)

なんで、皆釣れるの?って思ってました。


それが段々とポイントの状況がわかるようになり、釣果を少しずつ出せるように♪


なので、釣れても、釣れなくてもそのポイントに通ってみてください。

p2hshomze8fpdntdpk9k_321_480-d5dbe36b.jpg


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



◆SNS◆
【Instagram】
【Facebook】
【Twitter】




 

コメントを見る