プロフィール

山﨑航希

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:21
  • 昨日のアクセス:355
  • 総アクセス数:122204

QRコード

オープンの釣りをストラクチャー打ちへ?

皆さん、こんにちは。


昨日から、3回連続夜勤が始まりました・・・。
体調を崩してしまう職員がおり、急遽勤務変更となり、ハードな日程に。

困った時はお互い様なので、勤務変更自体は大丈夫なんですが。

夜勤、休み、夜勤、休み、夜勤、休み、という日程。
体のバランスが大きく崩れてしまいそう・・・。
この連勤中は、体調管理に努めたいと思います。

そのため、今日のブログは少し短めに・・・。

(ただ、睡眠時間を確保したいだけですが)


先日は、オープンエリアで、悔しい思いをさせられました。

そのブログはこちら
https://www.fimosw.com/u/nyakky/gmjgmnbj7iebxd

そんな、悔しい思いをしたまま終わりたくない。
そう思い仲間のグループLINEに「オープンでの釣りのポイント、意識していることはありますか?」と質問してみた。

苦手意識があるのは、自分だけではない様子。

その返信の中で、
安田ヒロキさん返信が

考えかたとしては、オープンの釣り、という考え方をやめるといいかと。すべてはストラクチャーの釣り。オープン打ってたとしても、流速の変化だったり、地形だったり、必ず何かの変化を探してる。つまりそれはストラクチャーだと思えばよくて、そのストラクチャーを探していけば釣果も伸びていく

というものだった。

正直、自分の中にこの発想はなかった。
広いオープンエリアでキャストをしていると、どうしても苦手意識の方が先行してしまい、無意識に行っている「流速や地形の変化を探ること」については焦点を当てられていない。

確かに、オープンエリアでも行っているのは、瀬の落ち込みにできる流速の変化や、本流から流れが弱くなる部分だったり。


変化を探す
riwwgw6emm992ew65gon_480_361-2c64b3ce.jpg

マンメイドストラクチャー等の「目に見える変化」を打っている。
変化を打っているという部分では、ストラクチャー打ちと相違はない。

この考え方で行けば、昨日の釣行の悔しい思いを挽回できそうな気がする。
そして、苦手攻略への道ができる気がしている。

次の釣行では、流速の変化や地形が微妙に隆起している部分へアプローチして、釣果をあげれるようにしていきたい。

また一つ勉強。

できることが増えそうでわくわくしてしまう。
苦手がある、ということは、改善の余地・伸びしろがまだまだあるということ。

センスというものを持ち合わせてはいないが、努力することに関しては、自分でもできる。

努力を重ねて、最高の1本をキャッチできることを願って頑張ります!
jrbj5sr94pc2x8na8hpx_384_480-7ce83d23.jpg


この辺にして、休みたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


◆SNS◆
【Instagram】
【Facebook】
【Twitter】
  

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

10月27日釣行。
9 時間前
BlueTrainさん

はじめてのボートシーバス
1 日前
ワカメマニアさん

気になるアイツ!〝SLX DC〟を…
2 日前
ねこヒゲさん

アカメ遠征 後編
2 日前
登石 直路(nao)さん

人の初物に立ち会える幸せ
4 日前
ひびき さん

【理想的なシンペンに出会えた…
4 日前
ケンスケさん

二人目のテスター誕生♪
4 日前
rattleheadさん

一覧へ