プロフィール

小野ヒロシ

福岡県

プロフィール詳細

kry9kgezpimh6g2hn7g5-f040a424.jpgg

カレンダー

<< 2021/1 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:30
  • 昨日のアクセス:260
  • 総アクセス数:671966

QRコード

獲物の下処理にこの刃

キャッチ&イート派のアングラーにとって如何に美味しく食べるかは、魚の下処理が大事だと実感されていると思う。

自分は、神経締めうんぬんより、血抜きが一番大事だと思っている。

それに、魚の群れが回って来てる時や時合が来てる時には、少しでも投げたい、釣りたい。

なので最低限の処理だけして釣りを再開したい。

ただ、エラ(サイハ)が赤黒いまま絶命した魚は自分は食べたくない。

綺麗に血抜きが出来ていればエラは薄いピンク色になってます。

それで自分は、エラの膜とエラを切り、海水を汲んだバケツに入れて血抜きだけはしておきます。


エラを切るために、今まで、いろいろなナイフやハサミを使ってみました。

たとえば、ナイフではDADAIWAのフィッシュナイフ 2型は気に入って使ってました。あとダイソーのカニハサミでザクザク切ったりして十分使えてましたが、やはり釣行後の手入れが雑だと錆びる。

今回、ずっと欲しかったナイフを買ったんだけど、すこぶる使いやすいのでインプレします。

まぁ有名なナイフなんで知ってる方も多いでしょうが、お付き合いください。

bmi788t2vkca8ys63h7h-1b4ed0e3.jpg

G・SAKAI(ジー・サカイ)のサビナイフ9 SHARK-RAYです。

H-1鋼という鋼材でブレードが出来ているので、錆び難いらしい。

刃渡りは75mmと小型ではあるが、銃刀法には抵触するので、クルマに転がしたままにしないようにしましょう。

鞘はグラスファイバー強化ナイロン製でベルトに装着出来るのも気に入ってる。

形状は、エラを切る、お腹を開く、脳天に突き刺し締めるために特化した形状で本当に使いやすい。

波刃の部分を使えば、魚の背骨も難なく切れるし、胸ビレの根本の厚いところもスパッと切る事が出来る。

グリップも握りやすく、ブレードの背の根元にあるギザギザに親指を掛けると力も入れやすい。

またボート乗りにとっては、ロープを切る作業にも使えるのでペラにロープが絡まった時など素早く対応出来そう。

価格は10450円するが、通販では7000円程度で買うことが出来る。とはいっても高価だけど、手入れの手間や使い勝手を考えるとオススメ出来るツールだと思う。



コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

5/0フックは小さい??
19 時間前
ケンスケさん

転ばぬ先のスパイク
20 時間前
rattleheadさん

プリスポーンから
2 日前
平田孝仁さん

裂波奮闘記
3 日前
こいのぼりさん

干潟アフター
6 日前
タケさん

固い水とスナップ
7 日前
有頂天@さん

色落ちしたキャップを染めてみた
9 日前
ワカメマニアさん

一覧へ